海獣の子供の聖地・ロケ地まとめ!”ジュゴンに育てられた二人の兄弟”との出会いを描くアニメ映画の舞台はどこ?

2019年6月7日 に映画上映している「海獣の子供」。

名前の通り、海をテーマとした映画となっています。

綺麗なアニメーションと、主人公たちの生命の物語となっています。

今回は、海獣の子供の聖地について調査していきます。

スポンサーリンク

海獣の子供の聖地:江ノ島

住所:神奈川県藤沢市

海獣の子供でメインとなる海は、神奈川県にある「江ノ島」が聖地となっています。

近年、他作のアニメの聖地やドラマにも起用されている江ノ島は、デートスポットの定番でもあり、綺麗な街並みと綺麗な海が有名です。

<Googleマップ>

海獣の子供の聖地:新江ノ島水族館

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19−1

主人公の父親が勤務する水族館のモデルは、神奈川県になる「新江ノ島水族館」です。

映画では「新江の倉水族館」という名称でした。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

海獣の子供の聖地:江ノ島電鉄

主人公が乗っていた電車の聖地となったのは、神奈川県にある「江ノ島電鉄」です。

江ノ島を代表とする江ノ島電鉄、訳して江ノ電は、鉄道好きな人たちの間でも定番のスポットとなっています。

海獣の子供の聖地:佐助稲荷神社

住所:神奈川県鎌倉市佐助2丁目22−12

主人公が街を歩いているときに出てくる神社は、神奈川県鎌倉にある「佐助稲荷神社」です。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

海獣の子供の聖地まとめ

今の夏の時期にぴったりな海をテーマとした映画「海獣の子供」。

大人も子供も楽しめる作品だと思います。

ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?