「未成年だけどコドモじゃない」映画のロケ地・撮影場所紹介!ラブコメで三角関係?気になる舞台はどこ?

中島健人×平祐奈×知念侑李、フレッシュな魅力いっぱいのラブコメディ

「未成年だけどコドモじゃない」のロケ地をご紹介いたします。

「未成年だけどコドモじゃない」のロケ地は東京都内近郊

2017年12月23日公開の映画「未成年だけどコドモじゃない」は、水波風南さんの同名少女漫画を原作とした実写化作品です。

Sexy Zoneの中島健人さん、Hey!Say!JUMPの知念侑李さん、平愛梨の妹としても知られる平祐奈さんが出演することで話題になっています。

m1


引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0095386

“ヒミツの結婚から始まる恋”をテーマに「自分が好きな人と自分を好きな人、一緒にいてしあわせなのはどっち?」という恋愛的葛藤の王道を描いた原作は、2013年から2016年までSho-comiにて連載され“みせコド”の略称で親しまれていました。

「未成年だけどコドモじゃない」のコミックスは全5巻が発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

さて、本題に戻りますが撮影は2017年8月~9月に都内近郊で行われました。

次項ではそのロケ地をご紹介します。

「未成年だけどコドモじゃない」学校のロケ地は渋谷

ヒロインの通う学校のロケ地のひとつとなったのが、東京都渋谷区にある実践女子大学渋谷キャンパスです。

渋谷駅から長くゆるやかな坂道を10分程歩くと校舎が見えてきます。


引用:https://www.kongo-corp.co.jp/passion-plus/another-passion/jissenjoshi.html

2014年に完成した新校舎は9階まで吹き抜けで、渋谷という立地らしいおしゃれなデザインですね。

学校関係者と思しき方の目撃情報によれば、2017年9月3日に撮影が行われたようです。

サッカーのシーンは埼玉県飯能市にある駿河台大学のグランドにて撮影されました。

m3


引用:https://footballjunky.net/field/saitama/6356/

こちらの校舎はTVドラマ「過保護のカホコ」などのロケ地としても知られています。

「未成年だけどコドモじゃない」公式アカウントでもツイートされている通りエキストラを募集していたこともあって、2017年の8月25日にロケが行われたことが分かっています。

https://twitter.com/misekodo1223/status/901046865147305984

見学予告のツイートからはキャストの人気ぶりがうかがえますね。

製作発表のニュースでは、小田急小田原線成城学園前駅にある東宝スタジオを使って撮影が行われることが報じられていました。

一部シーンを除きほとんどがセットロケだったのでしょう。


引用:https://www.saiyo-info.net/toho/work/studio.html

「未成年だけどコドモじゃない」水族館デートのロケ地は江ノ島

原作漫画では神奈川県藤沢市の江ノ島がデート先として登場しますが、中島健人さんと平祐奈さんが撮影をしていたという口コミがある通り、そのシーンは映画版でも再現されています。

https://twitter.com/rurukenty/status/905385866113146880


引用:wikipedia

ドラマや映画のデートシーンの定番スポットともいえる新江ノ島水族館もロケ地のひとつでした。

新江ノ島水族館、通称“えのすい”は、水族館のビジター数ランキングで毎年上位にランクインするほど全国的な人気を誇っている施設ですが、いちばんの見どころはやはり「クラゲファンタジーホール」でしょう。


引用:https://www.jalan.net/kankou/spt_14205ae3322013846/

14種類ものクラゲがゆらゆらと漂う幻想的な空間はフォトジェニックでインスタ映えはもちろん、癒しを求めて訪れる方も多いのだとか。


引用:https://iko-yo.net/facilities/198

“ヒミツの結婚から始まる恋”と銘打たれている作品だけに、結婚式は重要なシーンです。

そのロケ地に選ばれたのは、英国で最も美しい村を有するコッツウォルズ地方をテーマにした「ハートコート横浜」、絵本を切り取ったようなかわらしいゲストハウスと、本格的な独立式チャペルが人気の結婚式場です。


引用:https://www.heart-court.jp/blog/detail.html?id=770

TVドラマ「愛してたって、秘密はある。」 でも大聖堂がロケ地利用されたと施設スタッフのブログで告知されています。

定番のロケ地とえいば東京都港区の臨海エリアにある日の出桟橋もそのひとつですが、2017年8月下旬に中島健人さんの撮影が行われていたという口コミがありました。

日の出桟橋の場所は東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)日の出駅下車すぐです。


引用:wikipedia

同じく8月下旬頃、埼玉県三郷市の埼玉県営みさと公園でも中島さん、平さんの撮影が目撃されました。

https://twitter.com/H____sho129/status/900162330264084480


引用:http://www.enjoy-life.tokyo/misatopark


引用:http://www.enjoy-life.tokyo/misatopark

「未成年だけどコドモじゃない」作品情報

最後に“ヒミツの結婚から始まる恋”とは一体どういうことなのか、作品のあらすじをご紹介します。

平祐奈さん演じる超セレブ&超ワガママなお嬢様高校生・折山香琳は、家庭の事情から16歳の誕生日を迎えた際、秘密裏に結婚することに。

タイトルの「未成年だけどコドモじゃない」は主人公が結婚をしていることにかかっています。


引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0095386

そのお相手は同じ高校に通う先輩で校内イチのモテ男、中島健人さん演じる鶴木尚でした。

先輩に片想いをしてた香琳は喜んで受け入れますが、尚はただの逆玉ねらいです。

一方で結婚の秘密を知ってしまった香琳の幼なじみ、知念侑李さん演じる海老名五十鈴はふたりの生活を邪魔してきます。

理由はもちろん香琳のことが好きだから。

セレブ、イケメン、三角関係、秘密の恋・・・ドキドキ要素がこれでもか!というほどギッシリつまっていて、胸がギュンギュンさせられること間違いないでしょう。

「ヒロイン失格」や「トリガール!」、「あさひなぐ」など、甘酸っぱい映画を数多く手がける英勉さんが監督を務めるとのことで、期待も高まります。

スポンサードリンク