世界から猫が消えたならのロケ地・撮影場所まとめ!100万部突破の感涙ベストセラーの舞台はどこ?

世界から猫が消えたならは、2013年に本屋さん大賞にノミネートされ、100万部突破の感涙ベストセラーになっています。

函館だけでなく、小樽、アルゼンチン、ブラジルでロケが行われた世界から猫が消えたならのロケ地を調べていきます。

函館のクランクインは、2014年10月8日から28日まで、佐藤健の住む町の風景として函館のさまざまな場所が登場しています。

詳細はこちら

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:姿見坂


引用https://www.hakobura.jp/db/db-view/2010/09/post-146.html

住所:函館市弥生町8-16付近

アクセス:函館市電「大町」下車 徒歩3分

坂の上から見下ろすと函館港が一望できます。

佐藤健がずぶ濡れになりながら転んでうずくまるシーンなど夜の雨のシーンが撮影された場所です。

佐藤健が猫を自転車の前カゴにのせて、力いっぱい自転車をこぎながら、坂を上ったり、下りたりするシーンなども撮影されています。

姿見坂坂を登って、矢本米店で左折したあたりも映っていると言います。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:はこだて工芸舎


引用http://kogeisya.blueboxcraft.com/

住所:函館市末広町8-8

アクセス:アクセス:函館市電「十字街」下車すぐ

もともとは食料品や雑貨や酒類の卸業をしている梅津商店です。

その建物を再利用して、今は、工芸作家の作品の展示販売を行っています。

主人公佐藤健がかよう映画館『ミナト座』のロケ地になっています。

撮影当時は、ネオンサインや映画の看板が取り付けられ、内部にもきっぷ売り場などが作られました。

元彼女の宮崎あおいが働く映画館「ミナト座」です。

アルゼンチンで見つけた佐藤健と宮崎あおいの思い出の品の猫が取っ手になったかわいらしい瓶は、宮崎あおいが働く映画館の受付にさりげなく置かれています。

映画館の2階には、宮崎あおいが暮らす部屋があります。実際の撮影でも、同じ建物の2階の一室を飾り込んで部屋が作られたと言います。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:モストゥリー


引用http://hakodatedayo.blog.jp/archives/51890250.html

住所:函館市大町9-15

アクセス:市電「大町」電停から徒歩3分

佐藤健と昔の彼女の宮崎あおいが出会ったカフエで、かつて別れた彼女と僕が再会して、お茶を飲むシーンが撮影されました。

工芸舎からカフェ「モストゥリー」までは徒歩19分、モストゥリーから姿見坂までは徒歩8分となっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:西埠頭


引用https://www.ehako.com/maps/archives/884

住所:函館市弁天町27-2付近

アクセス:市電「函館どつく前」電停徒歩5~6分・函館市電「大町」下車 徒歩8分

自転車を快調にとばしているときに、突然突如佐藤健に異変が起こった場所です。

突然佐藤健が意識を失い、自転車ごと倒れるシーンの撮影が行われました。

桐谷美玲主演のスノーフレークのロケ地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:民宿 室屋


引用https://hakodate-kankou.com/stay/2222/

住所:函館市大町9-17

アクセス:函館市電「末広町」下車 徒歩3分

病床の母を連れて、最後の家族旅行をした時に、ようやく泊まれた宿で使われた民宿室屋です。

佐藤健が奥田瑛二と原田美枝子と宿泊した旅館の内部のみの撮影に使われました。外観は登別温泉で撮影したものが使用されています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:元町公園近くの道路


引用https://www.hakobura.jp/db/db-fun/2011/04/post-82.html

住所:函館市弥生町1付近

アクセス:元町公園から弁天寄りすぐそば。バス用駐車場(市立函館病院跡)のすぐ上

佐藤健が夜の雨の街で、ずぶ濡れになりながら猫のキャベツを探すシーンが撮影されました。

夜の寒い中で雨を降らしての撮影が行われたようですが、夜景がとても綺麗だったようです。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:青柳町会館

引用https://blogs.yahoo.co.jp/macky2288/41210365.html

住所:函館市青柳町23-18

アクセス:青柳町駅から徒歩3分

郵便局員の佐藤健が務める晴海波会町郵便局の外観と玄関先のロケ地になっています。

坂道を自転車をこいで、配達を終えて勤め先まで戻ってくるシーンなどを撮影しています。

内部は函館市銭亀沢支所が使われました。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:函館市銭亀沢支所

引用https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014012100762/

住所:函館市銭亀町124番地

郵便局内部の撮影に使用されました。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:サテンドール

引用http://hakodatedayo.blog.jp/archives/51984125.html

住所:函館市若松町17-7

アクセス:市電函館駅前電停徒歩1~2分

函館駅前の旧棒二森屋デパートアネックス館裏にあるサテンドールは、佐藤健がオムライスを食べるカフェのロケ地になっています。

実際にオムライスはメニューにはなく、映画だけのメニューという事です。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:函館市電

引用https://www.hakobura.jp/deep/2015/10/post-281.html

住所:札幌市

路面電車が走っているのは、北海道では札幌と函館のみです。

劇中に度々出てくる路面電車は、通常営業で利用されている中でも歴史のある350号です。

350号は、車体広告のない昔ながらのツートンカラーが特徴で映画やテレビのロケによく登場しています。

はこだて工芸舎の正面にも市電の電停「十字街」があります。

2人が再会するシーンでもレトロな雰囲気をもつ停車場として登場しました。

ミナト座のシーンでも、常に電車の音が聞こえていました。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:大森橋

引用https://www.kusanosk.co.jp/trivia/bridgeknowledge/2362

住所:大森町34付近(宇賀の浦中学校隣)

アクセス:市電「松風町」電停から徒歩10分

国道278号の大森橋は、混乱する佐藤健が、叫びながら橋の上を駆け抜けて転倒するシーンのロケ地になっています。

このシーンは予告編にも登場しています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:函館市地域交流まちづくりセンター

引用E9%A4%A8%E5%B8%82%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

住所:函館市末広町4-19

アクセス:十字街駅徒歩2分

佐藤健が腕を組んでいるシーンなどで登場しています。

宮崎あおいが手紙を投函するポストがあった場所が、函館市地域交流まちづくりセンター前の歩道です。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:青柳町電停付近

引用https://www.ehako.com/maps/archives/906

住所:函館市青柳町

レンタルビデオ店と佐藤健が自転車で通る道です。

佐藤健が自転車で市電と並走するシーンや市電とすれ違うシーンでは、530号が登場しています。

すれ違うシーンが撮影された青柳町電停はよくロケ地として利用されます。

吉川晃司主演のテイク・イット・イージーや亀梨和也と土屋太鳳出演のPとJkのロケ地になっています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:南茅部病院

引用https://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/byoinkyoku/jigyonaiyo_minamikayabe.htm

住所:函館市安浦町92番地

アクセス:JR函館本線(函館~長万部)「鹿部駅」 車29分

佐藤健が告知を受ける病院になります。

体調を崩して診察に行く脳腫瘍と余命を宣告されてしまいました。

神木隆之介と福田麻由子主演のLittle DJ・小さな恋の物語のロケ地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

世界から猫が消えたならのロケ地:滝乃家

引用https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/72815/72815.html

住所:北海道登別市登別温泉町162番地

アクセス:登別駅道南バス15分登別バスターミナル徒歩3分・登別駅タクシー10分

佐藤健が家族旅行をした時に、満室で泊まれなかった宿のロケ地になっています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:登別万世閣

引用https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/28637/28637.html

住所:北海道登別市登別温泉町21

アクセス:バス登別温泉行き登別温泉下車徒歩約1分

満室で泊まれなかった宿として使われた宿で 父が交渉するカウンターの宿です。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:滝乃家別館玉乃湯

引用https://www.jalan.net/yad304099/?yadNo=304099&convertedFlg=1

住所:北海道登別市登別温泉町31番地

アクセス:登別温泉バスターミナル徒歩3分

病状の悪化した原田美枝子と最後の家族旅行に出かけるが、手違いで旅館に予約ができていませんでした。

奥田瑛二は、野宿はごめんだといろいろな旅館に聞いて回ります。

満室で泊まれなかった宿として使われた宿で、 奥田瑛二が出て来て首を振った宿のロケ地になっています。

病床の母を連れ最後の家族旅行をするシーンは、登別市の登別温泉街で撮影されました。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:穴間海岸

引用https://www.hakobura.jp/db/db-view/2013/08/post-235.html

住所:所在地函館市入舟町

アクセス:「船見町」バス停 徒歩15分

猫たちが居た場所で、佐藤健がいた猫溜まりの場所です。

池脇千鶴主演のそこのみにて光輝くなどのロケ地になっています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:薬師神社の坂

引用https://grandparkotaru.com/blog/otaru-info/otaru-slope-yakushi

住所:小樽市清水町

死期が迫った佐藤健が、音信を絶った父奥田瑛二に会うために、亡き母から託された飼い猫を自転車に乗せ坂道を下るラストシーンの撮影が行われました。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:イタンキ浜

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AD%E6%B5%9C

住所:室蘭市みゆき町

アクセス:東室蘭駅より徒歩で約24分、車で約7分

車いすに乗った母原田美枝子と愛猫を抱いた佐藤健が見渡す限りの海岸を見つめた場所です。

佐藤健は原田美枝子との会話からある決断をした場所です。

奥田瑛二がカメラをもって2人の所に駆けつけますが、泣いて震えてカメラを撮るのでピントがぶれてしまったシーンです。

大泉洋主演の探偵はBARにいる 2や松雪泰子主演のMotherのロケ地になっています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:市民映画館シネマアイリス


引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9

住所:函館市本町22-11 グリーンエステート1階

アクセス:五稜郭公園前電停徒歩3分

佐藤健と宮崎あおいが映画を見た映画館です。

函館の映画文化を支える貴重な劇場です。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:北海道教育大学函館校

引用https://m.facebook.com/hak.hokkyodai.ac.jp/

住所:北海道函館市八幡町1番2号

アクセス:函館駅前徒歩約10分・五稜郭公園前徒歩約15分・函館空港から車で約25分

佐藤健とレンタルビデオ店で働いている濱田 岳がDVDのやり取りをする学生食堂のロケ地になっています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:函館大学

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BD%E9%A4%A8%E5%A4%A7%E5%AD%A6

住所:函館市高丘町51-1

アクセス:湯の川駅徒歩約24分

佐藤健と親友の濱田岳が出会った教室は函館大学の教室を利用しています。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:旧栃木市役所庁舎

引用http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/180663

住所:栃木県栃木市入舟町7-31

雨の中、佐藤健が駆け込んだ病院として使われました。

<Googleマップ>

世界から猫が消えたならのロケ地:ブエノスアイレスの町並み

引用http://kuunerunomuwarau.net/worldtravelblog/36_02_-buenos_aires/

佐藤健と宮崎あおいが付き合っていた頃に旅行で訪れた場所です。

世界から猫が消えたならのロケ地:イグアスの滝

引用http://www.knt.co.jp/tabiplanet/kaigai/1/

ブエノスアイレスの観光を楽しんだ2人がイグアスの滝にやって来ました。

アルゼンチンとメキシコの国境に位置するこの滝は世界遺産で壮大な大迫力です。

2人にとって転機が訪れる重要なシーンが撮影されました。

ブエノスアイレスのイグアスの滝は、すごい迫力で轟音が響き渡ります。

宮崎あおいが、滝に向かい「生きてやる!」と叫びます。

世界から猫が消えたならのロケ地まとめ

世界から猫が消えたならは、2014年10月8日に北海道函館でクランクインして、小樽・室蘭、そして東京都内での撮影を終えて、はるばるアルゼンチン・ブエノスアイレスでロケをして、11月22日に「イグアスの滝」でクランクアップしています

ロケ地マップもあるので、時間を見つけて北海道に行ってみたいと思いました。