あのコのトリコのロケ地・撮影場所まとめ!白石ユキの同名少女コミックが実写映画化された舞台はどこ?

吉沢亮と新木優子のW主演の映画「あのコの、トリコ。」は2018年10月5日に公開されました。

白石ユキの同名少女コミックの実写映画化ので、ロケは、神奈川県横浜市、東京都武蔵野市を中心に、2017年6月中旬から7月上旬に行われています。

エキストラの募集なども都内近郊での募集がありました。

あのコのトリコのロケ地を調べてみました。

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:横浜薬科大学

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/横浜薬科大学

住所:神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

アクセス:JR戸塚駅西口から、ドリームハイツ

又は、俣野公園・横浜薬大前行に乗車・俣野公園・横浜薬大前徒歩1分

2017年6月17日に吉沢亮の目撃情報がありました。

薬科大学のホームページで映画撮影に協力した事を報告しています。

昨年、本学がロケ地として撮影協力した映画「あのコの、トリコ。」が10月5日(金)から封切となります。

撮影当日は主演の吉沢 亮さん、新木 優子さん、杉野 遥亮さんらが来学し、本学キャンパスで撮影を行っておりました。

主要の幼なじみ3人が撮影を行った事がわかります。

相葉雅紀主演の僕とシッポと神楽坂やキンプリがCMをしているツムツムランドの撮影地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:吉祥寺駅

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%A5%A5%E5%AF%BA%E9%A7%85

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町一丁目及び同二丁目

東日本旅客鉄道の京王電鉄の駅の吉祥寺駅で吉沢亮の目撃情報がありました。

芥川賞を受賞した又吉直樹のベストセラー火花のドラマのロケ地や阿部サダヲ主演の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」や永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐が出演している「ひるなかの流星」など数多くのロケ地になっています。

あのコのトリコでは、吉沢亮演じる鈴木頼と新木優子演じる立花雫の江の島デートが数多く描かれています。

新江ノ島水族館や江の島シーキャンドルや江の島サムエル・コッキング苑、江島神社など数々のデートスポットでロケが行われています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:新江ノ島水族館

引用https://iko-yo.net/facilities/198

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

アクセス:片瀬江ノ島駅から徒歩約6分

新江ノ島水族館でイルカのショーを見ているロケを行っています。

イルカが水中に潜る時に水しぶきが飛び、吉沢亮が新木優子を守ろうとします。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:江島神社

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE

住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-8

アクセス:片瀬江ノ島駅から徒歩約15分

縁結びのパワースポットとして有名な江島神社でも、2人の江ノ島デートのロケが行われました。

松本潤と上野樹里が出演したドラマ陽だまりの彼女や杉咲花や岩田剛典出演の映画パーフェクトワールドなどのロケ地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:江ノ島シーキャンドル

引用https://enoshima-seacandle.com/

住所:神奈川県藤沢市江ノ島二丁目3番地

江ノ島シーキャンドルは、江の島のシンボルといえる展望灯台です。

高さにびびる吉沢亮と大はしゃぎする新木優子の姿が映し出されました。

桐谷美玲と三浦翔平が出演した好きな人がいることも江ノ島がロケ地になっていました。

江ノ島シーキャンドルもロケ地になっています。

<Googleマップ>

あのコのトリコのロケ地:あさひ本店頂上店

引用https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/razil3/entry-12078289295.html%3Fusqp%3Dmq331AQQCAEoAZgBsJKJ2uKt5KOpAQ%253D%253D

住所:神奈川県藤沢市江の島2-4-15

アクセス:片瀬江ノ島駅から徒歩20分・江ノ島駅から徒歩25分

鉄板にたこを丸ごと2〜3匹並べ焼く、丸焼きたこせんべいは名物で、常に長蛇の列で人気になっています。

江ノ島のデートシーンの撮影では、吉沢亮と新木優子が自らハンディカメラを持ち、互いに撮影を行うという手法が用いられていて、新鮮なショットが撮れています。

2人がこの映画のロケで訪れた江の島のデートスポットを紹介した「映画ロケ地MAP」が配布されています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

あのコのトリコのロケ地:夢の大橋(東京お台場)

引用https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151396/

住所:東京都江東区有明3-1

アクセス:青海駅 より徒歩8分
東京ビッグサイト より 徒歩8分

青海と有明を結ぶ「夢の大橋」は、最大幅約60メートルの歩行者専用橋になっていて、広場のようなゆったりとした橋の上に、ベンチやパラソルまであります。

Nissyが歌うこの映画の主題歌「トリコ」のミュージックビデオがYouTubeで公開されると映画のヒロインを務める新木優子が出演していることがわかりました。

このミュージックビデオは、映画のサイドストーリーのような雰囲気で、Nissyと恋人役の新木優子がトリコダンスをさまざまなシーンで披露して行きます。

主題歌を歌うNissyが新木優子をおんぶして歩いていた橋のロケ地になっています。

パレットタウンの観覧車がよく見える場所で、ザ・タワーズダイバの方を向いて撮影しています。

<Googleマップ>

あのコのトリコの作品情報まとめ

引用http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15394995/

あのコのトリコとは、白石ユキの同名少女コミックの実写映画化で、芸能界にあごがれた幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリーになっています。

あのコのトリコの主演を務めたのは、アイドル並みの端正な顔立ちで人気急上昇中の若手人気俳優の吉沢亮で、映画「銀魂」シリーズの沖田総悟役や、「サバイバル・ウェディング」の柏木祐一役も好評でした。

少女漫画は普通女子目線ですが、あのコのトリコは珍しく男の子が主人公のストーリーになっていて、男子目線で話がどんどん進んでいく展開になっています。

吉沢亮は、冴えないメガネの地味な高校生を演じていて、幼い頃から一途に想いを寄せる幼なじみを忘れる事が出来なくて、新木優子に近づくために転校します。

そして、縁の無かった芸能界でカッコよく変身していきます。

正統派のイケメンの印象が強い吉沢亮は、この「あのコのトリコ」では、今までの役柄とは異なった新境地を見せている作品になっています。

ヒロイン雫役を演じたのは、クールな雰囲気を醸し出す正統派美人の印象が強い新木優子です。

「SUITS/スーツ」や「トレース~科捜研の男~」など2クール連続で月9に出演したりしている今話題の若手女優です。

吉沢亮の恋のライバルを演じるのは、こちらも「キセキ あの日のソビト」などで出演して、岡田将生や横浜流星や成田凌などと共演していた杉野遥亮です。

幼馴染み3人を、吉沢亮、新木優子、杉野遥亮の最も今注目されている若手俳優が演じました。

脚本はNANAやクローバーなどの浅野妙子が担当しています。