ラジエーションハウスのロケ地・撮影場所まとめ!レアな放射線系医療ドラマの舞台はどこ?

話題の医療ドラマ、ラジエーションハウスのロケ地をご紹介します!

今期の春ドラの中でも注目度が高いフジテレビの月9ドラマ、ラジエーションハウス、いよいよ2019年4月8日 夜9:00からスタートしました!

本作の原作は2015年からグランドジャンプにて掲載が続いている漫画「ラジエーションハウス」です。

原作を読んでいらっしゃる方ならご存知かもしれませんが、本作はいわゆる「医療モノ」の中では珍しく、「放射線科医・放射線技師」にスポットを当てた作品となっています。

詳細はこちら

ラジエーションハウスのロケ地:甘春総合病院は指扇病院

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

なので、劇中の主な舞台は病院になると思いますが、ドラマの中での病院名は「甘春総合病院」です。

甘春総合病院・・・・・読めませんよね・・・?

読み方は、「あまかす」総合病院でした。

本田翼さん演じる放射線科医の名前が「甘春 杏」(あまかす・あん)で、甘春総合病院の前院長の娘という事です。

撮影に選ばれた病院は?

この甘春総合病院の撮影に選ばれたのはいったい、どこの病院なのでしょうか?

ヒントは整形外科医・辻村駿太郎を演じる鈴木 伸之さんのブログの中にありました。

引用:https://ameblo.jp/radiationhouse-suzuki/entry-12446877557.html

鈴木 伸之さんがご自身のブログの中でドラマのクランクインの報告をされていますが、そのバックに映っているレンガ造りの壁から判断して、ここはさいたま市の指扇病院で間違い無いという事でした。

指扇病院ってどんな病院?

指扇(さしおうぎ)病院

住所:埼玉県さいたま市西区宝来1295-1

公式HP:http://sashiogi.com/sashiogi/

<Googleマップ>

引用:http://www.kangoshi-kyuujin.info/byouinn/sashiougibyouin/

指扇病院。綺麗で大きな病院ですね。

引用:https://www.navita.co.jp/s/11079073/

天井が高いですね。上の通路と下の通路の高さを活かしたシーンがありそうな予感がします。

ラジエーションハウスのロケ地:たまがわ・みらいパーク


引用https://www.city.tachikawa.lg.jp/kosodatesuishin/kosodate/kosodate/21plan/tamagawa.html

住所:東京都立川市富士見町6-46-1 (旧多摩川小学校跡地)

アクセス:立川駅からは南口からバス・西武バス・新道福島行団地西 下車、徒歩3分・西立川駅から直線距離で1376m

たまがわ・みらいパークは、旧多摩川小学校です。

広瀬アリスが通っていた学校の教室や渡り廊下のロケ地なりました。

武井咲主演の戦力外捜査官や小泉今日子主演の監獄のお姫様などのロケ地になっています。

<Googleマップ>

ラジエーションハウスのロケ地:サウンドスタジオ ノア初台店


引用https://www.studionoah.jp/hatsudai/

住所:東京都渋谷区代々木4丁目36-18

アクセス:京王新線初台駅東口より徒歩2分

サウンドスタジオノアは、3帖のボーカルスタジオから85帖のリハーサルスタジオまである貸しスタジオで、豊富な種類のスタジオを完備しています。

女子大生の山本舞香がギターを担当しているガールズバンドが練習をしていたスタジオのロケ地になっています。

山本舞香は、右肩の痛みを訴えて甘春病院を訪れました。

<Googleマップ>

ラジエーションハウスのロケ地:府中四谷橋近くの多摩川河川敷


引用https://www.city.fuchu.tokyo.jp/smph/kirari/sagasu/theme/jiman/kazenomiti.html

住所:東京都日野市百草

アクセス:百草園駅

第5話で、ボールを投げた直後に南出凌嘉が倒れた河川敷は府中四谷橋近くの多摩川河川敷の土手がロケ地になりました。

斎藤汰鷹とキャッチボールをしていた場所です。

肝臓の破裂で南出凌嘉は、なくなってしまいますが、斎藤汰鷹と父親役の三浦誠己がキャッチボールをしている河原として回想シーンでも映し出されました。

日野映像支援隊の公式Twitterで、晴れた日のロケを河川敷で行った事を報告しています。

<Googleマップ>

ラジエーションハウスのロケ地:日野市ふれあい橋付近


引用http://itot.jp/13212/114

住所:東京都日野市万願寺6丁目1-1

アクセス:百草園駅から徒歩10分

広瀬アリスの高校時代の回想シーンで使用された場所が、ふれあい橋付近の河川敷です。

バスケの練習中に足を痛めてしまい落ち込んでいた、広瀬アリスの元に同級生たちがサプライズでMAN WITH A MISSIONの「FLY AGAIN」のCDをプレゼントしてた場所です。

木村拓哉主演のエンジンや志田未来主演の14歳の母や土屋太鳳主演のチアダンや窪田正孝主演のヒモメンなど数多くのロケ地として使用されています。

日野映像支援隊の公式Twitterでもふれあい橋付近のロケがあったことを報告していました。

<Googleマップ>

ラジエーションハウスのロケ地:新守谷駅

引用:https://kantetsu.co.jp/

少年時代の五十嵐唯織と甘春杏が別れる時の回想シーンに使われていたのは、関東鉄道の新守谷駅でした。

公式サイトでもロケ地のご案内が大きく表示されてます。

過去には君に捧げるエンブレム、ビート、白夜行、恋妻家宮本、受刑者失踪や企業のCMなど、数多くのロケ地として使われてきたようです。

ラジエーションハウスのロケ地:多摩川沿い、宿河原堰堤の河原

引用:http://tamanature.web.fc2.com/

何度かドラマ内で挿入される五十嵐唯織と甘春杏の、幼少時代の回想シーン。

少年五十嵐唯織は男友達から馬鹿にされていましたが、甘春杏がいじめっ子たちを蹴散らして救うシーンは、宿河原堰堤の河原で撮影されていました。

ラジエーションハウスのロケ地:四季の径

引用:http://itot.jp/

第1話の五十嵐唯織が大森渚(院長)と歩いているシーンや、五十嵐唯織が1人でタブレットを見ながら歩いているシーンには、緑園都市駅と南万騎ヶ原方面の間にある遊歩道、四季の径が使われていました。

ラジエーションハウスのロケ地:県立おだわら諏訪の原公園

引用:http://www.seibu-la.co.jp/

第1話の五十嵐唯織が初めて写真家の菊島亨に出会ったシーンです。

五十嵐唯織が肉眼で6等星まで見えている事に菊島亨は驚きます。

ラジエーションハウスのロケ地:和食バル 音音 御茶ノ水ソラシティ店

引用:http://www.otooto-gohan.jp/

第3話、葉山今日子は異常なしと診断を受けた後、婚約者と結婚式の具体的な話を進めます。

このシーンのロケ地は和食バル 音音 御茶ノ水ソラシティ店でした。

ラジエーションハウスのロケ地:明星大学体育館

第4話、広瀬裕乃の高校時代の回想シーンで、バスケットボールの試合をしていたのは明星大学体育館でした。

ラジエーションハウスのロケ地:たちかわ創造舎

第4話、広瀬裕乃の高校時代の回想シーンの中の、校舎内のカットはたちかわ創造舎で撮影されました。

広瀬が松葉杖をついて校内を歩いていたとき、自分のせいで友達の推薦入学が無くなったと知り、落ち込んでしまうシーンです。

ラジエーションハウスのロケ地:shibuya eggman

第4話、坂元美月がギターを務める劇中のバンド(カーテンライズ)がライブをやるシーンに使われたのが、渋谷のeggmanです。

ちなみに、ドラマのラストで演奏される「FLY AGAIN」は「ラジエーションハウス 」の主題歌を担当している(MAN WITH A MISSON)が本家のカバーです。

偶然、広瀬裕乃が落ち込んでいた時に友人から誕生プレゼントとしてもらったCDもこの曲であり、「FLY AGAIN」は坂元と広瀬をつなぐ重要な曲となっています。

ドラマでは広瀬の熱意がスタッフのみんなを動かして、坂元のライブ出演が実現します。

ラジエーションハウスのロケ地:汐留北交差点

引用:https://ja.foursquare.com/

第4話、広瀬裕乃は仕事が終わり、街を歩くシーンは汐留北交差点の歩道橋がある場所でした。

ここで広瀬はジャンプしてバスケットのシュートを決める真似をします。

(カーテンライズ)のラストライブシーンと交互に差し込まれるため、このまま歩いてライブを観に行くのかな…と思いきや、行き先は別の場所でした。

ラジエーションハウスのロケ地:コート・ダジュール青葉台店

坂元がラストライブをやっている頃、広瀬裕乃がたどり着いたのはバスケ部時代の同級生が集まるカラオケ店でした。

ロケ地は、コート・ダジュール青葉台店さんです。

音声はカットされていましたが、カラオケの画面には「FLY AGAIN」の歌詞が流れていました。

ラジエーションハウスのロケ地:水道橋 鳥福

引用:https://www.dd-holdings.jp/

第4話、甘春杏が女友達に、(珍しく)仕事の愚痴をこぼすシーンで使われていたのは、水道橋 鳥福でした。

ドラマのヒロインが女友達と飲むシーンによく使われるような、和風感たっぷりの居酒屋さんです。

友達に(気になってる男の人とかいないの?イケメン医師とか?)とからかわれ、(いない)とムキになって否定します。

ここで甘春杏は記憶をなくすほど飲むのでした。

ラジエーションハウスのロケ地:由丸 芝大門店

引用:https://tabelog.com/

甘春杏が女友達に、気になってる男の人とかいないの?と尋ねられた後に差し込まれるのは、五十嵐唯織が1人でラーメンを食べているシーンでした。

ロケ地は、博多ラーメン由丸 芝大門店さんでした。

ラジエーションハウスのロケ地:(路上)センター南駅前にある歩道橋

引用:http://hdrts.com/

居酒屋を出た直後の足元フラフラの甘春杏と、ラーメン屋を出た五十嵐唯織がばったり遭遇するシーンは、センター南駅前の歩道橋でした。

ラジエーションハウスのロケ地:(路上)すきっぷ広場

引用:https://asobii.net/

歩道橋を通った後、甘春杏と五十嵐唯織は、センター南駅前にあるすきっぷ広場の階段に座って休みます。

五十嵐はミネラルウォーターを2本買ってきて、(硬水と軟水、どっちがいいです?)と尋ねますが、甘春は五十嵐の肩に頬を預けて眠ってしまいます。

この時に甘春のバッグからこぼれ落ちた医学書を見て、五十嵐は甘春の多忙さと理想のジレンマに気付きます。

ラジエーションハウスのロケ地:相模女子大学

引用: http://www.sagami-wu.ac.jp

アカデミックで美しい学舎ですね。

相模女子大学の4月8日づけのニュース&トピックスにも、ラジエーションハウスの撮影があった事が書かれていますね。

この大学は過去にも『最高の人生の終わり方』、『学校じゃ教えられない!』、『ダブルフェイス』など、数々のドラマのロケ地に選ばれてきました。

ドラマのなかでは、「ドクターズドクター」の著者である、ピレス教授の講義のシーンで使われています。

教授が診断画像を使って医師たちに質問しますが、誰も答えられません。

しかし、五十嵐唯織(窪田正孝)だけが手を挙げて正解を答えます。

ピレス教授は驚いて「正解だ。素晴らしい。君は本当に日本に戻るのか?実に残念だ」と言います。

彼の実力の高さを第1話の最後に視聴者に示す重要なシーンです。

ラジエーションハウスのロケ地:アニヴェルセルヒルズ横浜

引用: http://yokohama.anniversaire.co.jp

華やかなガーデンやチャペルが人気の結婚式場です。

ここは、『義母と娘のブルース』やHKT48のミュージックビデオなどのロケ地にも選ばれています。

ドラマ内ではラストシーン、写真家の菊島亨がガーデン内のベンチに腰掛け、ようやく完成した自身の写真集のページをめくるシーンで使われていました。

放射線技師の型破りな判断と行動が、父と娘の幸せを取り戻した瞬間のシーンです。

短時間のシーンだからこそ、パッと見ただけで幸せな雰囲気が感じ取れるこの式場がふさわしかったのでしょう。

ラジエーションハウスのロケ地:フォーシスアンドカンパニー

引用:http://www.foursis-co.com

本部はイギリスにあり、日本国内でも多くの拠点を持つ、日本国内屈指のドレスカンパニーです。

ドラマの中では菊島由美が、婚約者と一緒にドレスを選ぶシーンに使われていました。

ラジエーションハウスのロケ地:東京医科大学八王子医療センター

引用:http://hachioji.tokyo-med.ac.jp

ドラマ第1話のクライマックスは、主人公である五十嵐技師が(位相画像)と呼ばれる、コンピュータの奥に眠っていて表には現れてこない画像を復元し、MRI画像に組み合わせて解析するシーンでした。

東京医科大学八王子医療センターの高度にコンピュータ管理された撮影設備がこのドラマに選ばれました。

ラジエーションハウスのロケ地:神奈川県立がんセンター

引用:http://kcch.kanagawa-pho.jp

平成25年に移転、新築された内外装がこの新しい医療機関は、『コウノドリ』、『愛してたって、秘密はある』などのドラマのロケ地にも選ばれてきました。

広瀬裕乃(広瀬アリス)が患者と触れ合うシーン、医師たちが廊下を歩くシーンなど、「甘春総合病院」の院内風景の多くのシーンに使われました。

ラジエーションハウスのロケ地:長池公園前(長池見附橋交差点付近)

第1話の序盤、五十嵐がバスを止めて救急車を呼ぶシーンで使われていました。

その場の空気で広瀬が病院まで付きそう事になったシーンですね。

五十嵐は、ここから病院まで歩く羽目になり、結果、勤務初日から遅刻するのでした。

ラジエーションハウスロケ地紹介まとめ

この指扇病院では2次救急を中心に医療を行う病院とのことで、急性期、回復期、慢性期というステージに対応しているらしいです。

放射線を使って病気を発見するというドラマのストーリーにピッタリですね。

引用:http://sashiogi.com/sashiogi/facility/

こちらは指扇病院の1階見取り図。図の左下の緑色の部分が放射線室です。

内視鏡室や整理検査室に比べ、放射線室のスペースがかなり広いという印象を受けました。

ざっと見積もっても内視鏡室の5倍近くの床面積がありますね。

このように、放射線室が充実しているという事もロケ地に選ばれた一因かもしれません。

病院以外にも、他のロケ地情報が入り次第、随時更新していきますので、また見に来てくださいね!