小さな恋のうたのロケ地・撮影場所まとめ!MONGOL800(モンパチ)大人気ヒットソングが題材の恋愛映画の舞台はどこ?

2019年5月24日に映画上映された「小さな恋のうた」。

この映画は、ヒットソングであるMONGOL800の小さな恋のうたを題材にした映画となっています。

今もアメリカの基地がある沖縄が舞台であり、日本・アメリカの二つの国の物語となります。

今回は、「小さな恋のうた」のロケ地について調査していきます。

スポンサーリンク

小さな恋のうたのロケ地:北中城高校

主人公たちが通う高校のロケ地は、沖縄県にある「北中城高校」です。

住所:沖縄県中頭郡北中城村渡口1997番地の13

スポンサーリンク

小さな恋のうたのロケ地:北谷町(ちゃたんそん)の宮城海岸

主人公たちが歩いていた海岸は、沖縄県北谷町(ちゃたんそん)にある「宮城海岸」です。

ここは米軍基地が近いこともあり、外国人が沢山いらっしゃるようです。

http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000392.aspx

住所:沖縄県中頭郡北谷町宮城

スポンサーリンク

小さな恋のうたのロケ地:宜野湾ヒューマンステージ

主人公たちがライブをしていたライブハウスは、沖縄県にある「宜野湾ヒューマンステージ」です。

ここは、「MONGOL800」が20周年ツアーでも利用されていたようです。

住所:沖縄県宜野湾市長田1丁目11−1

スポンサーリンク

小さな恋のうたのロケ地:嘉手納基地

女の子と主人公たちが交流するフェンスのある米軍基地は、沖縄県にある「嘉手納基地」ではないかと言われています。

ここは、先ほど紹介した宮城海岸から近い所にあります。

住所:沖縄県中頭郡嘉手納町

スポンサーリンク

小さな恋のうたのロケ地まとめ

今も歌い続けられている大ヒットソングの「小さな恋のうた」。

この作品の小説も販売されているようです。

ぜひ、音楽・映画・小説あわせてご覧くださいね!