寝ても覚めてものロケ地・撮影場所まとめ!東出昌大の1人2役が魅力の芥川賞作家「柴崎友香」人気作の舞台はどこ?

2018年9月1日に公開されたの映画『寝ても覚めても』は、東出昌大が一人二役という難役をこなし、今注目の唐田えりかが出演するということで話題になりました。

2017年7月下旬から8月下旬にかけて東京と大阪で撮影が行われました。

エキストラの募集もしていた映画で、2017年8月4日と5日にキーポイントとなる撮影が行われたようです。

スポンサーリンク

寝ても覚めてものロケ地:新宿御苑入口付近

引用https://tabichannel.com/article/265/shinjyukugyoen

住所:東京都新宿区内藤町11

アクセス:新宿駅徒歩10分・西武新宿駅徒歩15分・新宿御苑前駅徒歩5分・新宿三丁目駅徒歩5分・新宿三丁目駅徒歩5分

新宿御苑は新宿区と渋谷区にまたがる広大な広さの庭園で、58.3ヘクタール、周囲3.5Kmもあります。

新宿御苑は「新宿門」「大木戸門」「千駄ヶ谷門」の3つの入口があり、地下鉄新宿御苑駅からすぐの場所にある新宿御苑。8月4日に新宿御苑入口付近で東出昌大と瀬戸康史の撮影をしていたという目撃情報がありました。

夏のロケに冬の設定のシーンを撮影していた事がわかります。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

寝ても覚めてものロケ地:加瀬ビル155前

引用https://of-yokohama.jp/s/floor/141351/

住所:東京都新宿区上落合2-22-11

アクセス:中井駅徒歩1分・落合駅徒歩8分

地上10階建のオフィスビルで、大きさも26から33坪とバルコニーも付いている開放的な空間です。

会議だけでなく研修やセミナーなど色々な活用方法があります。

8月5日にこのビルの前で東出昌大が撮影をしていたという目撃情報がありました。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

寝ても覚めてものロケ地:ゆりあげ港朝市

引用https://www.jalan.net/kankou/spt_04207ga3552075939/

住所:宮城県名取市閖上5-15

アクセス:車で仙台東部道路の名取ICから5分程度

8月11日に東出昌大が、ロケをしていたという目撃情報がありました。

ゆりあげ港朝市だけでなく、名取市内でもロケが行われている事を、名取市観光物産協会で報告しています。

この作品の一部が、ゆりあげ港朝市をはじめ名取市内で撮影されています。ご存知の風景などが映っています。

仙台市内でも東出昌大の目撃情報がありました。

名取市の朝市の目撃情報と日付が一致するので仙台市内でもロケが行われていたようです。

後に浜口竜介監督がロケ地の一つとなった名取市閖上を訪れて、製作に協力したゆりあげ港朝市協同組合の桜井広行代表理事と懇談しています。

東出昌大、木村文乃、時任三郎が出演した映画すべては君に逢えたからなどのロケ地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

寝ても覚めてものロケ地:流山おおたかの森駅前

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E5%B1%B1%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%AE%E6%A3%AE%E9%A7%85

住所:千葉県流山市西初石6-181

流山おおたかの森駅は、つくばエキスプレスと東武アーバンパークラインの両路線の乗り換えができる接続駅となっています。

2017年8月16日に駅前で東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史が撮影をしていたという目撃情報が多数上がっていました。

天海祐希主演のBOSSやダイハツ・タントのCMのロケ地になっています。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

寝ても覚めてものロケ地:国立国際美術館

引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

住所:大阪府大阪市北区中之島4丁目2-55

アクセス:渡辺橋駅から徒歩約3分

<Googleマップ>

寝ても覚めてものロケ地:お好み焼き もみじ

引用http://www.torakichi.osaka/412.html

住所:大阪府大阪市天王寺区生玉町9−19谷町isビル1F

アクセス:大阪メトロ谷町線/谷町九丁目駅 徒歩3分

寝ても覚めてもの撮影は8月下旬まで行われており、大阪でもエキストラを募集していたので大阪での目撃情報も撮影の可能性が高いです。

<Googleマップ>

スポンサーリンク

寝ても覚めてもの作品情報まとめ

引用https://filmarks.com/movies/75124

この映画の原作は芥川賞作家・柴崎友香の人気小説「寝ても覚めても」で、日本とフランスの合作で映画化されました。

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された作品です。

主演の東出昌大が2役を演じて話題を呼びました。

東出昌大は、ミステリアスな部分を持つ自由人の人なつっこい性格で、行動が読めなくて何を考えているか分からないタイプの男と、優しくて誠実なサラリーマンで安心感のある男のタイプの異なる二人の男を自然に演じています。

オーディションで選ばれた唐田えりかがヒロイン演じていて、この時若干19歳の唐田えりかを抜擢したことでも話題になっています。

唐田えりかは、2016年のタレントパワーランキングで清潔感がある10代から20代の女優”部門で1位にえらばれている若手の女優です。

寝ても覚めてもは、1人の女が「1人目の男」と出会って恋に落ちてから、2年と少し経って「1人目の男」と同じ顔をした2人目の男と出会い恋に落ちます。

さらにその5年後に「1人目の男」と再会して、その後約8年間の年月を跨いで描かれるラブストーリーです。