「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

小玉ユキのマンガ「坂道のアポロン」が実写映画化されます。そのあらすじ、ロケ地やキャストの情報をご紹介します。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:あらすじ

医師として働く西見薫。

多忙な毎日を送っている彼のデスクには1枚の写真が飾られていました。

それは彼が高校生の時に撮った親友との写真で、二度と戻らない”あの頃”を象徴したものでした。

10年前・・・父を亡くし、親戚に預けられた薫は家庭に居場所がなく、家のなかでピアノを弾いている時だけが自分を解放できるささやかなひとときでした。

そんな彼が転校先の高校で、クラスの誰もが恐れ、教師からも理解されない同級生、川渕千太郎と、千太郎の唯一の理解者で、幼馴染でもある、迎律子。

学校に通っても友達がいなかった薫と、彼らは音楽を通してバンドのセッションをすることで、少しずつ打ち解け合い、本当の友情が育まれていきます。

千太郎も見た目と複雑な生い立ちから、偏見の目を向けられたり、今の親が里親であることを隠していました。

しかし、千太郎にはドラムの才能があり、薫のピアノと彼のドラムを合わせ、セッションしたところ意気投合し、お互いに爽快感を感じます。

やがて、薫は律子に淡い恋心を抱きますが、律子の思い人は、千太郎だと気付き、少しずつ恋愛を境にぎくしゃくしてしまうことがありつつも、三人は、絆を保ち続けます。

しかし、”ある事件”をきっかけに、千太郎が姿を消し、三人の距離も心もばらばらに・・・。

千太郎が忽然と薫と律子の前から姿を消した事件とは何なのでしょうか?大人になった三人はかつてのように、変わらず、大人同士の友人関係を築くことが出来るのか気になりますね。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:キャスト

知念侑李(西見薫)

o0960053314051761528

https://ameblo.jp/blue-happy3104/entry-12320812360.html

中川大志(川渕千太郎)

main

https://www.cinematoday.jp/news/N0099035

 

小松菜奈(迎律子)

o0480026714052105406

https://ameblo.jp/nanahokuto/entry-12321051218.html

真野恵里菜(深堀百合香)

2107320_201803110808956001520740272c

https://www.oricon.co.jp/news/2107320/photo/7/

山下容里莉枝(薫の叔母)

松村北斗(松岡星児)

野間口徹(千太郎の父)

中村梅雀(律子の父、迎勉)

https://twitter.com/apollonmovie/status/967968709783437313

ディーンフジオカ(桂木淳一)

qjzvs-ai6RG8h5m816Z_bUE69QIB3XUWyu3OLcszFIc

https://mdpr.jp/cinema/detail/1752065

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:主題歌は?

坂道のアポロンの主題歌は、小田和正さんです。

小田さんといえば、オフコースというバンドの元ボーカルで、その後は、90年代に大ヒットしたドラマ、「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」だけでなく、「たしかなこと」、「あなたに会えてよかった」などヒット曲を連発していることでも知られています。

私も元気があまり出ない時に聴いて、「大丈夫だよ」って言われたような心が洗われるような気持ちになれて、安心毛布のような優しい声にホッとして、余計涙が出る事もあります。

それぐらい20代の私が聴いても、あの独特の声が流れた瞬間に、どの作品でも違和感なく、やさしい気持ちになれるなと思いませんか?人の内面のマイナスな気持ちを肯定して、ハグしてくれているような温かい声が特徴ですよね。

今回、小田さんが主題歌として書き上げた、「坂道を上って」という曲は、この坂道のアポロンの監督、三木孝浩さんが聴いてすぐ、出だしで涙を流したそうです。

また、三木監督は、「坂道のアポロン」の主題歌を決めるにあたり、幅広くどの世代にも伝わるようなアーティストを考えた時に、真っ先に小田さんであったと話していました。

”青春時代に対する優しい目線というか、そういう空気感がこの映画にもプラスされたら、相当良い主題歌になるだろうと思いましたね”と語り、元々、小田さんがかつてバンドのリードボーカルとして活動していた、オフコースのファンだとも公言し、小田さんの存在と優しく語り掛けるような声がこの映画の魅力をより一層、温かく包んでくれることでしょう。

また、「坂道のアポロン」の原作者、小玉ユキさんも、小田さんが主題歌を担当することになった件については納得で、”作品の舞台となる1960年代に青春時代を送った人が作る音楽”としてオフコースの歌がぴったりだと語り、坂道のアポロンの世界観を作るために、「坂道のアポロン」連載中に、小田さんの曲をいくつか聴いたそうです。

そして、自身の小田さんへの熱い思いと、小玉さんの気持ちを小田さんに依頼したところ、念願叶って主題歌「坂道を上って」が起用されることとなりました。

この曲を聴いて、10代の人の小田和正ってどんな人?って思っている人の心にも響いたり、認知度が上がるきっかけになりそうですよね。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:黒島天主堂

長崎県佐世保市が殆どロケ地として使われたといわれています。

まず、最も有力な名所だとネット上で話題になっているのが、この黒島天主堂という教会です。

坂道のアポロンにちなんだ小さいパネルがいくつか展示されているので、この場所は信憑性が高いかと思われます。

アニメ、「フランダースの犬」にも登場しそうなエレガントかつ、古びている造りが存在感ある教会ですね。

国の重要指定文化財のため、厳重に保護され、写真撮影禁止、館内を見学するには予約制です。

フェリーに乗って行く方法と、坂道を歩いて向かう方法と2通りあるそうで、訪れた際には、映画の世界観や場面が蘇って楽しめるかもしれませんね。

また、三木監督がロケ地を探していた時に、是非、撮影したいと希望した場所だと言っていたそうですよ、

また、今年の11月に改装工事がされるようなので、行ってみたいなって思ったら、11月までに問い合わせをして観光するのがいいでしょう。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:白浜海水浴場

https://twitter.com/apollonmovie/status/979919209978216449

これは、坂道のアポロンの公式ツイッターからの情報です。

この白浜海水浴場でも撮影が行われていたことが伝えられています。

伊豆の下田市というところにあります。

また、千太郎と薫と律子が互いの恋愛感情に気付く、胸キュンシーンが撮れたスポットとしても、坂道のアポロンを鑑賞した若者からSNS映えの場所として好評です。

 

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:峰の坂

pic-14

 

https://www.sasebo99.com/apollon/content20.html

長崎県佐世保市にあり、薫、千太郎、律子の通学路として使われたそうです。

江戸時代から存在した平戸住還の一部という歴史ある坂道なので、観光名所としても歩いてみたいですね。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:石岳展望台

無題

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/273/

映画、「ラストサムライ」」の撮影でも使われたことがあるこの石岳展望台は、物語のなかで、重要な”あるシーン”のロケ地でした。

「坂道のアポロン」の聖地として訪れても良し、九十九里浜が360度展望できる標高191mの絶景も堪能できますよ。

「坂道のアポロン」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:まとめ

坂道のアポロンは元々、アニメ化されているので、青春物の漫画やアニメの印象が強いですが実写版の坂道のアポロンも、10代、20代に人気のある俳優陣と、近年では、「ごめん、愛してる」に吉岡里帆さんの父親役で出演していた、中村梅雀さんや、「相棒」のエピソードで、強烈なインパクトを残した、小日向文世さんの狂信化の恐妻を演じた、山中容莉枝さんなど、20代以上の大人世代が分かる役者さんの存在感も見どころです。

ロケ地は、長崎県佐世保がほぼメインとなっていて、観光地としても認知度が高く、国の重要文化財である名所が多いことが分かりました。

長崎県佐世保市を訪れたら、「坂道のアポロン」のロケ地としても、長崎旅巡りとしてもおすすめですよ。

スポンサードリンク