溺れるナイフのロケ地・撮影場所まとめ!「一生分の恋ができる」人気少女漫画が映画化された舞台はどこ?

人気漫画家ジョージ朝倉原作で、小松菜奈と菅田将暉のW主演で大注目された映画「溺れるナイフ」は、2015年9月に3週間で撮影を終了する強行スケジュールが行われました。

紀伊半島南部のオール和歌山ロケが行われ、新宮市、串本町、白浜町をメインに撮影が行われました。

2016年11月5日に公開された溺れるナイフのロケ地を調べていきます。

スポンサーリンク

溺れるナイフのロケ地:和歌山県立新宮高校


引用https://s.webry.info/sp/99531978.at.webry.info/200611/article_7.html

住所:和歌山県新宮市神倉3-2-39

アクセス:新宮駅徒歩12分・バス停新宮高校前徒歩2分・新宮駅前徒歩12分

野球選手の庄司智久や峯本達雄や山崎慎太郎や作家の佐藤春夫や中上健次もこの高校を卒業しています。

この映画の舞台となる高校のロケ地として使われました。

校舎だけでなく、小松菜奈や菅田将暉や重岡大毅が撮影で着ていた制服は、この学校の制服も着用しています。

実際に校内で小松菜奈が撮影していたという目撃情報がありました。

小松菜奈の新高の制服姿…!!
最初の写真は新高の階段やね
やはり美人は何を着ても似合う😌 pic.twitter.com/f7kuj7YoAd
— 山口うらら (@urayama0412) 2016年8月12日

新高で映画の撮影なんやってー!今日小松なな新高に来てたって!従姉妹、新高やからこれは事実
— miwa (@Miiiia_TA) 2015年9月18日

溺れるナイフのロケ地:新宮市立緑丘中学校


引用http://www.rifnet.or.jp/~midori-j/

住所:和歌山県新宮市緑ケ丘2-1-15

アクセス:新宮駅から徒歩約12分

舞台の高校のメインの撮影は、新宮高校が使用されていますが、一部新宮市立緑丘中学校も撮影に使用されていたようです。

スポンサーリンク

溺れるナイフのロケ地:朝貴神社周辺の海岸


引用http://tosshiii.kt.fc2.com/nanki02.html

住所:和歌山県東牟婁郡串本町出雲58

アクセス:出雲岬の近くにある朝貴神社付近

小松菜奈と菅田将暉がはじめてあった場所のロケ地になっていて、傍若無人で気まぐれな菅田将暉に小松菜奈は、惹かれ始めます。

小松菜奈は、菅田将暉に何とかして認められたいという想いに駆られます。

偶然撮影に遭遇した人もいました。その時はなんの映画が分からなかったようですが、間違いなく溺れるナイフのようです。

溺れるナイフのロケ地:紀伊勝浦駅


引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E4%BC%8A%E5%8B%9D%E6%B5%A6%E9%A7%85

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地6-1

2015年9月21日にここで菅田将暉と小松菜奈が撮影をしていたという目撃情報がありました。

偶然撮影に遭遇した人もいたようです。

スポンサーリンク

溺れるナイフのロケ地:熊野速玉大社裏の熊野川の堤防沿い


引用https://www.pinterest.jp/pin/294000681921541062/

住所:和歌山県東牟婁郡串本町出雲225付近

菅田将暉と小松菜奈が自転車の二人乗りをしているシーンでお馴染みの場所ですが、ポスターのバイクで二人乗りをしているシーンもほぼおなじ場所のロケ地になっています。

https://twitter.com/nanamaru_da_su/status/896083560632795136?s=19

溺れるナイフのロケ地:紀伊勝浦駅前の商店街


引用https://mapio.net/pic/p-66332483/

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地4-2-1

菅田将暉と小松菜奈が浴衣デートをした時のロケ地になっています。

ほどけた浴衣の帯を菅田将暉が結んであげていた場所です。

手をつないでウロウロしている背景に、食事処 山賀などが写っていました。

つきあい始めた菅田将暉と小松菜奈は、火祭りの縁日で、幸せいっぱいのシーンでした。

突然エキストラを頼まれた人もいたようです。

高良健吾、鈴木杏主演の映画・軽蔑(けいべつ)のロケ地になっています。

スポンサーリンク

溺れるナイフのロケ地:新宮大橋


引用http://photozou.jp/photo/show/1038188/166461246

住所:和歌山県新宮市船町付近

映画の序盤など、ところ所に出てきた赤い橋で、河川敷で菅田将暉と小松菜奈が喧嘩しながら、数珠を交換した場所です。

インパクトのある赤い橋なので予告の動画を見て、新宮大橋に気づいた人がいました。

溺れるナイフのロケ地:旧西村家住宅(西村記念館)


引用https://www.shinguu.jp/spots/detail/A0014

住所:和歌山県新宮市伊佐田町1-7657

アクセス:新宮駅から新宮川方面に徒歩10分程度

社会思想家で建築家でもあった西村伊作の自宅が記念館として残っています。

菅田将暉と小松菜奈がはじめて結ばれたシーンの撮影場所になています。

傷ついた小松菜奈と菅田将暉は、ようやく結ばれたかに見えました。

スポンサーリンク

溺れるナイフのロケ地:新宮城跡


引用https://www.shinguu.jp/spots/detail/A0004

住所:和歌山県新宮市新宮7691-1

アクセス:JR新宮駅から徒歩10分

旧西村家住宅からさらに新宮川方面に向かった場所にあるのが新宮城跡で、別名丹鶴城や沖見城とも呼ばれています。

神主の跡取りとして菅田将暉がタイマツをもって舞った場所のロケ地になりました。

火祭りの会場になっています。


引用https://www.wakayama-kanko.or.jp/hojin/film-commission/index.html

溺れるナイフのロケ地:湯の峰温泉 旅館あづまや


引用https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/129554/129554.html

住所:和歌山県東牟婁郡本宮町湯峰122

アクセス:紀伊田辺駅よりバス・タクシーで約90分・新宮駅よりバス、タクシーで60分「湯峰温泉」下車すぐ・南紀田辺ICから車で70分

小松菜奈の家族の帰郷を祝った大歓迎会が開かれたロケ地になりました。

小松菜奈は、東京から浮き雲町の祖父の家の旅館あづまやに移り住みます。

あづま屋の窓から顔を出して小松菜奈が重岡大毅と話をしていたシーンもありました。

https://twitter.com/0415aridamikan/status/914417878400512000?s=19

溺れるナイフのロケ地:湯の峰温泉 つぼ湯周辺の川


引用http://www.hongu.jp/onsen/yunomine/tuboyu/

住所:和歌山県田辺市 本宮町湯の峰110

菅田将暉が小松菜奈を追いかけ完成した小松菜奈の写真集を奪い取った場所です。

菅田将暉と小松菜奈は初めてここでキスをします。

溺れるナイフのロケ地:串本ロイヤルホテル


引用https://www.ikyu.com/sd/caz/00030891/?ikyh=p__s_accnm&ikCo=ik000407

住所:和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台1184-10

アクセス:紀勢本線串本駅から車で15分

小松菜奈が写真集の依頼を引き受けたシーンのロケ地になっています。ロビーで撮影が行われたようです。

溺れるナイフのロケ地:熊野古道 大門坂


引用http://kumano-fan.com/kumanokodo-2-83

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山

アクセス:JR紀伊勝浦駅前から車で15分

ある事件をきっかけ距離を置くようになった菅田将暉と小松菜奈が、映画の終盤に、運命の再会を果たすシーンのロケ地になっています。

熊野古道大門坂は、緑に囲まれた美しい石段が続き、不思議な再会、神秘的な二人が巡り合うにはとてもピッタリな場所です。

熊野古道は、小松菜奈は菅田将暉を見返そうと著名なカメラマンの志磨遼平の写真集の仕事を引き受けてた写真集の撮影場所にもなりました。

溺れるナイフのロケ地まとめ

和歌山オールロケを3週間でやった溺れるナイフを見てみたくなりました。

地元の人は知っている場所が至る所に出てきて、数秒映し出されてもどこの場所かすぐにわかると思います。