「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

maxresdefault

ファンから「キミスイ」と親しまれる小説「君の膵臓をたべたい」が2017年夏に実写劇場版として公開されることが決まりました。

撮影は昨年の秋に行われました。

今回はそのロケ地とキャストを中心に紹介します。

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:原作とあらすじは?

「君の膵臓をたべたい」(きみのすいぞうをたべたい)はそのタイトルが少しショッキングですが、2016年の本屋大賞第2位を獲得した大ヒット小説です。

これを原作とした映画が2017年7月28日に公開されます。

物語は『僕』という一人称で物語は進みます。

主人公の僕が病院でたまたまみつけたクラスメイトの山内桜良(さくら)の日記「共病日記」。

ここには桜良の秘密が綴られていました。

彼女は膵臓(すいぞう)の病気にかかっていて、命がそう長くないことが書かれていました。

偶然拾ってしまい、その内容を読んでしまった僕は桜良が死ぬまでにやりたいことを実現するためにいろいろなことをサポートします。

まったく性格が正反対な2人はぶつかりあいながら、そして互いの足りないところを補うようにいつしか惹かれ合います。

しかし、桜良の命は長くなく、「生と死」に向き合いながら日々暮らしていきます。

桜良のやりたいことを僕はすべて叶えることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:キャストは?

Kimisui_002

引用元:https://mdpr.jp/news/detail/1614816

気になるキャストを紹介します。

映画の中で途中、僕は成長しキャストも入れ替わります。

僕:北村匠海さん

主人公の僕。

名前は志賀春樹。

ひとりが好きで友人や恋人を必要とせずに自己完結するタイプ。

しかし、山内桜良との出会いによりその考えと行動が少しずつ変わっていきます。

人と関わることに積極的になっていきます。

山内桜良(やまうちさくら):浜辺美波さん

天真爛漫な性格でよく笑い元気な女子高校生。

しかし、膵臓の病気のために先は長くありません。

僕と出会った時にはすでに「余命1年」でした。

恭子:大友花恋さん

桜良の親友。

その為、桜良と僕の交流を良く思っていません。

しかし、桜良の病死をきっかけに僕の友人になります。

現在の僕:小栗旬さん

桜良からかけられた言葉がきっかけとなり、僕は母校の教師となります。

そして生徒とふれあい、言葉を重ねていくうちに桜良と過ごしたたった数ヶ月のことを思い出します。

現在の恭子:北川景子さん

桜良の死から12年たった現在、恭子は結婚を控えていました。

親友の桜良を失ったあの日から、ことあるごとに桜良と僕のことを思い出していました。

結婚式が近づくにつれて桜良の本当の思いが恭子に伝わりはじめます。

こちらは、テレ朝関係の情報をいち早くお伝え致します。是非とも、フォローお願いいたします!

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:豊郷小学校

映画「けいおん」の舞台となったことから聖地としても有名な滋賀県豊郷小学校ですが、今回の「君の膵臓をたべたい」でもロケが行われました。

2016年9月10日に目撃情報があがっていました。

この日は小栗旬さんをはじめ、矢本悠馬さん、桜田通さん、大友花恋さんが目撃されています。

豊郷小学校は古さの中にどこかモダンな感じがします。

そのオフホワイトの外壁がまたいい感じなのです。

ただ古いだけでなくここまで人を引きつけるのには理由がありました。

昭和12年にウィリアム・メレル・ヴォリーズの設計で建設されました。

どういった理由でこの小学校の建築がこのエリアだけでなく日本を代表する学校建築となったのかは不明ですが、細かい所まで手がはいっています。

例えば、階段の手すりにデザインされた、うさぎと亀。

これはイソップ童話に基いて児童たちに「こつこつと努力することの大切さ」を知ってもらいたいためだと言われています。

<滋賀県立豊郷小学校>
住所:滋賀県犬上郡豊郷町大字石畑
アクセス:近江鉄道本線「豊郷駅」から徒歩10分

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:滋賀大学

こちらの滋賀大学では2016年10月6日に小栗旬さんと北川景子さんが目撃されています。

ロケ中の合間の移動がSNSでつぶやかれていました。

こちらも学校や授業のシーンの撮影だと思います。

<滋賀大学 彦根キャンパス>
住所: 彦根市馬場1-1-1
アクセス:JR琵琶湖線「彦根駅」から直通バスで約10分
URL:http://www.shiga-u.ac.jp/

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:八日市駅で撮影?

引用元:http://www.ohmitetudo.co.jp/railway/station/station-guidance/yokaichi/index.html/

2016年9月12日に東近江市にある八日市駅の駅前や周辺でロケ撮影の目撃情報が複数ありました。

9月から10月にかけて東近江市や滋賀県内を中心に「君の膵臓をたべたい」のロケ撮影が行われていることから確定でしょう。

別の日程で小栗旬さんや北川景子さんの姿が目撃されています。

<近江鉄道 八日市駅>
住所:滋賀県東近江市八日市浜野町485

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:彦根城近くのカフェ

https://twitter.com/cocokara_media/status/739702666897424384

2016年10月4日に彦根城のお堀の近くにあるカフェで小栗旬さんと北川景子さんのロケ撮影の様子が目撃されています。

こちらのカフェは地元でも有名な「ポム・ダムール」というカフェです。

フランス語で「愛のりんご」や「りんご飴」という意味だそうでりんごを使った焼き菓子が代表的なメニューだそうです。

フランス人のパティシエがいるということでフランス仕込みのおいしい焼き菓子とともにシックな店内で楽しいひとときを過ごせそうです。

店内だけでなく天気の良い日には敷地内の庭でカフェや紅茶を愉しむのも良さそうです。

<ポム・ダムール>
電話番号:0749-21-3515
営業時間:11:00~22:00
住所:滋賀県彦根市立花町2-8
定休日:火曜日
アクセス:JR「彦根駅」から徒歩20分、車で約6分
URL:http://www.pomme77.com/

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:彦根市立西中学校

Kimisui_004

引用元:http://www.za.ztv.ne.jp/hikonenishi/indexkansei.html

物語の舞台に学校が多く出てくるため、ロケが多く行われたようです。

しかし、いろいろな学校でロケを行っていてうまくつながるか少し心配です。

特徴的な外観や教室、それに学校内のオブジェなどしっかりとうまくつなげているとは思います。

位置的に彦根城と滋賀大学の間にある「彦根市立西中学校」。

2016年10月4日に小栗旬さんと北川景子さんの姿が目撃されています。

https://twitter.com/noa__1221/status/783288090546745344

自分の通ってる学校、知っている学校にロケで小栗旬さんや北川景子さんが来たなんてびっくりしますよね。

<彦根市立西中学校>
住所:滋賀県彦根市金亀町8-1

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

「君の膵臓をたべたい」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:結婚式場はどこ?

Kimisui_005

引用元:http://www5e.biglobe.ne.jp/~tosiaoki/alcyone.htm

「君の膵臓をたべたい」で一番印象的なシーン、心に残るシーンといえば結婚式場ではないでしょうか。

このシーンで多くの人が涙するのではないかと思います。

そのロケが行われたのが岐阜にある「アルシオーネ・コート」という結婚式場です。

チャペルやガーデンハウスなどの建物が並び、小さな森の中での結婚式場といった感じです。

チャペルを取り囲むように配置されたドイツ風の邸宅ではそれぞれ披露宴や2次会を行えるようです。

住宅街の中にありますが、この敷地の中に一歩足を踏み入れればそういった喧騒を忘れ、幸せなウェディングプランを満喫することができます。

「君の膵臓をたべたい」のクライマックスが撮影されたこの場所は新たな聖地となりそうです。

<アルシオーネ・コート>
電話番号:058-324-0008
住所:岐阜県北方町平成3-67-8
URL: http://www.alcyone-court.co.jp/

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

まとめ:キミスイのラストは桜良の想いに涙する

Kimisui_001

引用元:http://arasuzitaizen.com/2016/09/13/kimisui/

衝撃的なタイトルからは想像できない、ラスト。

僕と桜良、そして恭子の間に横たわっている想いが死後12年を越えて届きます。

このラストではおそらく、涙する人が大勢いて、この物語の舞台となったロケ地には多くの人が訪れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク