心の傷を癒すということのロケ地・撮影場所まとめ!被災者の心のケアのパイオニアとして奮闘する精神科医のヒューマンドラマの舞台はどこ?

2020年1月18日スタート主演柄本佑「心の傷を癒すということ」が放送されます。

主人公の精神科医は安和隆を柄本佑が演じ、妻役に尾野真千子、親友役に濱田岳、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗が決定しました。

そんな「心の傷を癒すということ」のロケ地をリサーチしていきます。

心の傷を癒すということのロケ地:大倉山公園

引用https://www.kobe-park.or.jp/park/ohkurayama/

住所:兵庫県神戸市中央区楠町7丁目4

アクセス:神戸市営地下鉄「大倉山」より北すぐ、阪神電鉄「西元町」より徒歩8分、神戸高速鉄道「高速神戸」より徒歩8分、JR「神戸」より徒歩10分

大倉山公園は、明治43年に当時の大実業家大倉喜八郎の別荘であった土地の寄贈を受け整備されたものです。

心の傷を癒すということのロケ地予想:神戸市長田区内

土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」エキストラ募集要項

【撮影日・撮影時間】
撮影日:2019年11月4日(月)
撮影時間:午前9時30分 神戸電鉄有馬線「鵯越(ひよどりごえ)駅」集合
~17時終了(予定)
※文末の応募フォームからご応募ください。
※撮影状況により終了予定時間が変わることがございます。その旨予めご承知おきください。

【撮影場所】
神戸市長田区内 (ご参加頂く方には、場所の詳細を追ってご連絡させて頂きます)

【撮影参加にあたって】
撮影場面の設定は、阪神・淡路大震災発生後の1995年1月下旬~3月の体育館の避難所です。髪や衣装、持ち物はご自前でご用意して頂きます。各々で「1995年の真冬に避難するとしたら…」と想像を膨らませた格好でお越しください。

★冬用のあたたかそうに見える格好をお願いします。
(ダウン・コート・セーター・手袋・ニット帽・マフラー・リュックサック等)
★ブランド名やキャラクターが大きく目立つ服は避けてください。
★近隣の可能な方には、避難所で過ごすための毛布や避難グッズなどをお持ち頂くようお願いする場合があります。
★私物の紛失や破損にご注意ください。紛失や破損された場合の責任は取りかねますので、予めご了承ください。

心の傷を癒すということの公式サイトで、エキストラ情報がありましたので紹介します。

場所は、神戸市長田区内だそうです。

詳しい情報が分かり次第に更新します。

心の傷を癒すということのロケ地:神戸大学六甲台本館

引用https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E5%AD%A6

住所:兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1

主人公の安和隆(柄本佑)の医学部生時代の授業のシーンが神戸大学六甲台本館の1階102教室で撮影されたという情報がありました。

心の傷を癒すということのロケ地まとめ

「心の傷を癒すということ」のロケ地を集めてみました。

まだ情報が少ないので、分かり次第に更新します。

4 件のコメント

    • 情報ありがとうございます!
      ご指摘ありがとうございます。確認して正しい住所に修正いたしました。

  • こんにちは、震災時、大倉山公園の近辺で、被災した者です、撮影場所の大倉山公園の住所は、神戸市中央区楠町7丁目じゃないかと、、、。写真も見覚えがあったような、、、間違っていたら申し訳ないです。

    • 情報ありがとうございます!
      ご指摘ありがとうございます。確認して正しい住所に修正いたしました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です