賭ケグルイのロケ地・撮影場所まとめ!多額のお金が飛び交うギャンブルドラマの舞台はどこ?

賭ケグルイのロケ地を調べてみると、山形県の郷土館文翔館を学校の舞台として撮影されていたようです。

普通一般ドラマは舞台とする地域、場所が転々と移動することで成り立ちますよね。

賭ケグルイは学校を舞台に主要登場人物の女の子たちが、多額のお金を賭けたギャンブルを巡り心理戦が展開されるドラマです。

賭ケグルイは室内でプレイするトランプなどのカードゲーム、サイコロを使ったインドアのゲーム、ギャンブルが主体のマンガを原作としています。

よって基本的にロケ地、撮影場所に使用される施設はほぼこの文翔館がメインとなっています。

他にも放送回によって様々な施設が利用されています。

それではこの郷土館 文翔館を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

賭ケグルイのロケ地:学校は郷土館 文翔館

引用:https://www.gakushubunka.jp/bunsyokan/facilities/img/img_2f_kaidan03.jpg

住所:山形市旅篭町3丁目4番51号

賭ケグルイのロケ地、撮影場所として使用される文翔館がどんな施設か気になりますよね。

ここでは文翔館の設立や普段どんなことに利用されている施設か解説していきたいと思います。

なんと文翔館は大火によって焼失した山形県庁舎の復興で建設された施設のようです。

昭和50年ごろまでは、文翔館は山形県県庁舎として使用されていました。

県庁が移転することでその役目は終えたわけですが、昭和59年に国の重要文化財と指定されました。

そこから平成7年まで改修工事を続け、十年の歳月を経て「山形県旧県庁舎及び県会議事堂」は蘇るわけです。

この文化財を保存するとともに文化への理解を広めるために、平成7年に現在の「山形県郷土館」通称、文翔館としてオープンされることになったのです。

文化財というと格式が高い建物に思う方も多いでしょう。ですが焼失した旧山形県県庁舎のときから公演会、演奏会としても使用されることが多かったようです。

そしていま現在も郷土の歴史や暮らしに関する常設展示コーナー、消失から復興までの工事を撮影した映像を紹介する映像ホールがあります。

ギャラリー、会議室の貸し出しも行っており、この度めでたくドラマ賭ケグルイの舞台となりました。

こうして見ると、ドラマのスタッフがどこまで把握してこの文翔館を賭ケグルイの舞台として利用することを決定したのかはわかりませんが、壮絶な本ドラマにはなかなかにふさわしい場所と言えるのではないでしょうか。

特に消失のくだりなんかは賭ケグルイの未来を暗示してるようでゾクゾクしますよね。

ドラマの内容とロケ地に因果関係が生まれてしまうケースは他の記事でも調査したいですね。

文翔館はなんと入館料無料でさらにガイドが案内してくれるそうです。賭ケグルイファンは足を運んでみてはいかがでしょうか。

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

賭ケグルイ(2018)のロケ地:栗田美術館

引用:http://www.kurita.or.jp/

住所:栃木県足利市駒場町1542

まず栃木県並びに足利市のことを調べたのですが、知れば知るほどびっくりすることが多かったです。

栃木県足利市はなんと町ぐるみでドラマロケなどの映像作品でロケ地に足利市を利用することを推奨しているのです。

あまり例を見ない少しびっくりする話ですよね。

「映像のまち構想映像」映像としての視点をまちづくりに活かし、地域を活性化させようとするものです。

ドラマ、CM、プロモーションビデオだけに留まらず、なんとYoutube動画配信に足利市を利用することすら推奨しているのです。

賭ケグルイのロケ地が選ばれたのは、都心から近い地の利の点だけではなかったのですね。それでは紹介していきましょう。

ロケ地となった栗田美術館は、創立者故栗田英男の蒐集による、伊萬里、鍋島を館蔵する世界最大級の陶磁美術館だそうです。

すでに上の冒頭の文だけですごいと感じる部分が2、3点ありますよね。まず蒐集という言葉。これは現代で収集という言葉と全く同じ意味で使用されていますが、栗田英男さんという方が鬼気迫る勢いで陶磁器を収集していることのアピールのように思えます。

そして伊萬里、鍋島っといった焼物、陶磁器は産地が栃木県ではないと思う方も多いでしょう。伊萬里などの焼物は産地で区別されるのではなくて、かまどなどの製法で区別されるようです。

世界最大級の美術館と豪語してるのもすごいですよね。これはドラマファンじゃなくても足を運びたくなるでしょう。

実際に公式ホームページを見ると、なんと昨年映画で話題となったQUEENのフレディ・マーキュリーも訪れたことがあるようです!写真も載ってます!

こうして見ると、栃木県は本当に映画、音楽に対する造形が深いと思いますし、そういった意味では日本の中枢と言えるでしょう。

ここをドラマのロケ地に使用してるのは、センスあるとしか言いようがありません。是非足を運んでください。

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

賭ケグルイ(2018)のロケ地:八鶴亭

引用: https://m.facebook.com/603989822954996/photos/a.604373409583304/2269561449731150/?type=3&source=44

住所:千葉県東金市東金1406

最後は千葉県の料亭、八鶴亭です。

ここはアクセスの面からも今までで一番行きやすい場所でしょう。

湖の側という立地を活かした、四季折々の風景が楽しめる料亭です。

写真を拝見しましたが、冬は薄く積もった雪景色、そして春には蕾から徐々に芽吹く桜など実に趣があります。

八鶴亭は国有形文化財としても登録されています。

格調の高さが伺えますがシステムといたしましては、会席料理をメインとしていながらも、飲み放題やパーティ用に立食できるフロアもレンタルしていますから、いっそうのこと利用しやすいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

賭ケグルイのロケ地まとめ

いかがでしたでしょうか。

アクセス、利用しやすい場所から貴重な施設まで様々でしたね。

ドラマを通してこのような施設を知ること自体が十分価値のあることではないでしょうか。

賭ケグルイはすでにSEASON2の予告映像が公開されています。

私も拝見しましたが、今までと一風変わったゲームもあり舞台が広がるのは間違いないでしょう。

今のうちにSEASON1で使用した上記場所に行って、展開を予想するのも楽しみ方のひとつですね。