シャーロックのロケ地・撮影場所まとめ!現代の東京を舞台にした痛快のミステリーなエンターテイメントストーリーの舞台はどこ?

10月から始まるシャーロックは、あの有名なミステリー小説シャーロックホームズが原作です。

主人公をディーン・フジオカが相棒のワトソンをさんだいめの岩田剛典が演じると話題になってます。

昼顔シリーズを手がけた井上由美子が脚本を担当します。

シャーロックのロケ地を調べていきます。

シャーロックは、令和の東京を舞台にストーリーが展開されるので、ロケ地は東京がメイン舞台になりそうです。

10月から始まるシャーロックは、ディーンフジオカと岩田剛典や佐々木蔵之介などが9月初めにクランクインしています。

スポンサーリンク

シャーロックロケ地:水戸赤十字病院


引用https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E8%B5%A4%E5%8D%81%E5%AD%97%E7%97%85%E9%99%A2

住所:茨城県水戸市三の丸3丁目12番48号

アクセス:水戸駅から徒歩17分

Twitterに、岩田剛典が白衣を着ている画像があるので病院での撮影も開始されているようです。

水戸市内で9月7日に、看護師役と患者役の男女50名のエキストラの募集がありました。

季節は10月の設定の撮影を行ったようです。

岩田剛典の務める精神科病院の撮影が行われたのかも知れません。

水戸市内の病院でドラマの撮影に使われた事がある病院は水戸赤十字病院です。

吉岡里帆主演の健康で文化的な最低限度の生活や櫻井翔主演の映画神様のカルテ2などのロケ地になっています。

Twitterで、奥さんの職場がロケ地になっていると投稿した人がいます。

毎月のように撮影に使用されている場所のようで、8日の投稿の時に、昨日と来週も撮影が行われると言っているので、エキストラ募集している水戸市内の某病院と思われます。

水戸赤十字病院の事かも知れません。

スポンサーリンク

シャーロックロケ地:都内某大学

ディーンフジオカのクランクインは、都内某所でスタートしています。

犯罪捜査の専門コンサルタントのディーンフジオカが、謎の死を遂げた消化器内科医師の過去をひも解く為に、被害者の大学時代の教授を訪ねるシーンが撮影されました。

初めての撮影で演出担当者とシャーロック像をいろいろ詰めたと言う事です。

ハディを組む岩田剛典とは次の撮影現場で初共演になりますがリハーサルの時に確認しているのですんなり撮影に入れると思うとコメントしていました。

その他にもディーン・フジオカの居住や佐々木蔵之介の勤務する警察署などロケ地が気になる場所はたくさんあります。

9月14日・ 9月15日・9月16日に、水戸市内某所で警察による現場検証シーンや聞き込みシーンなどの撮影が行われます。

老若男女(50名程度)のエキストラの募集があります。

8月にシャーロックのドラマのポスター撮影が都内で行われた時に、8月19日に39歳の誕生日を迎えたディーンフジオカに岩田剛典と佐々木蔵之介がサプライズでお祝いをしています。

岩田剛典とはこの日より前に顔を合わせていましたが、佐々木蔵之介とはこの日が初顔合わせとなったようです。

スポンサーリンク

まとめ

ディーンフジオカは、Weiboをやっています。

岩田剛典との同居生活も始まったと呟いています。

あまり、ロケ地の情報は入ってきませんが着々と撮影は進んでいるようです。

エキストラ募集も徐々にあると思われます。