遺留捜査の最終回の感想まとめ!“糸村×村木”のラストの掛け合いに歓喜の声「2人のコンビネーションは不滅」

上川隆也さんが主演する人気ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00〜)第4シーズンが、9月14日に最終話を迎えましたが、最後の最後での遺留捜査ファン向けのシーンが登場したこともあり、インターネット上では盛り上がりを見せた。

この作品は、上川さん演じる糸村が事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者を虜にし、7月からは舞台を京都に移し、第4シーズンも初回から高評を博していました。

■注目の最終回

いよいよ最終回を迎えたわけですが、今回は、結婚式場のトイレで、黒留袖を着た中年女性の絞殺死体が発見されるという事件が発生しました。しかし、その日の結婚式の参列者ではないとわかりました。

指紋から、遺体の身元は6年前、“ご祝儀泥棒”として逮捕された坂口真代(かとうかず子)ということが判明しました。

式場の貸衣装室では“石井望美”と偽名を名乗り、保険証まで提示して黒留袖を借りていました。またもや、式場で窃盗を働こうとしていたのでしょうか……!?

しかし、糸村聡(上川隆也さん)は真代が所持していたポーチの中から、衣類から切りとった、素材表示のタグを発見します。

なぜ彼女がこんなものを保管していたのか、糸村は引っかかってしまったのです。

そんな中、真代が貸衣装店で提示した保険証は、彼女がパートとして働いていたクリーニング工場経営者・石井望美(岡まゆみさん)のものとわかります。

望美によると、真代は従業員のロッカーから度々、貴重品を盗んでいたらしく、自分の保険証も真代に盗まれたに違いないと訴えました。

また、真代の娘・海老名史香(大路恵美さん)も母を嫌悪している様子で、真代の逮捕により、夫の海老名光輝(浜田学さん)と離婚の危機にあるようでしたが……。

しかし、その後、石井が盗みグセがあったことが判明。

坂口は、クリーニング店のロッカーで石井が盗みをしているところを見てしまい、石井は、坂口に50万円の口止め料を払うから会社を辞めてくれとお願いしたのです。

さらに、「あなたの保険証も貸して」と頼まれていました。

そんな中、村木の鑑定によってタグから、整髪料の成分と皮脂が検出。

ということは、男性ものの帽子。そこで浮上したのが、ホテルで写真を撮っていた男性だ。

6年前に、ホテルでアルバイトをしていたときに、ご祝儀泥棒をしていたようで、坂口はその男性と接触するために、借りた保険証を使って結婚式の参列者としてホテルに忍び込んだのだった。

そこで、その男に「6年前にご祝儀泥棒を手伝ったのは、その男性の奥さんの子供が病気だったため、その資金を集めるためだったと、うちの娘の旦那に説明して欲しいんだよ。警察には絶対にいわないから。娘の旦那に説明して欲しい」と懇願するも、そこで殺されてしまったのでした。

■タグが唯一の関係を示すモノ

坂口は、男の言葉を信じ、警察に捕まっても自分がご祝儀泥棒で、共犯はいないとしていました。

また、男との関係を示すものは一切残っていませんでしたが、唯一、このタグが2人の関係を示すものとなったのです。

坂口は娘に誤解されながら、死んでしまったわけですが、そこで糸村は、坂口がなぜか溜めていたドラッグストアのレシートにも注目していました。

どうやら、孫と会っていたようで、実は娘の家族にハワイ旅行をプレゼントしたかったらしく、ドラッグストアのキャンペーンで当てるために溜めていたのです。

それは、離婚しそうな娘の家族に旅行をいかせて、もう一度一緒に歩んで欲しかったから。

そして、海老名も坂口についての真実を聞かされ、坂口の家族への本当の愛を知ったのです。

■最後の最後に…

この作品では、糸村×村木の掛け合いが面白いを話題になっていましたが、この最終回では、一番最後にクローズアップされました。

どうやら、村木もドラッグストアのキャンペーンのため、レシートを集めていたらしく、糸村も「これもどうぞ!」とレシート集めに協力。「これで6口揃った! 応募できるぞ」と嬉しそうにする村木ですが、村木の助手いわく、「このキャンペーン、昨日で終わっています」。

糸村も「知ってます。でも、村木さん、楽しそうだから」と。

この最後のやり取りに「村木さんドンマイ!」「村木さんで締めてくれて嬉しい!」「糸村×村木のコンビネーションは不滅」「また、遺留捜査帰ってきて〜」という声が上がっていました。

■撮影現場では

最後の撮影は、栗山千明さん、戸田恵子さん、永井大さんレギュラーメンバーとの“特別捜査対策室”でのシーンでした。

撮影は8月上旬に東映京都撮影所でクランクアップを迎えており、5月上旬からおよそ3カ月間にわたって京都の街を駆け抜けた主演の上川さんが感謝の思いを語りました。

「僕らがひとつひとつ摘んできた収穫を、皆さんと喜び合いながら手ごたえとして感じることができました。5月からはじまった撮影があっという間で、それは何より皆さんとの時間が楽しかったからに他なりません。この時間が終わることが……本当に惜しいです」と。

スポンサードリンク