『遺留捜査』第6話の感想!上川隆也、甲本雅裕の“糸村×村木”コンビに喝采「やっぱり面白い!」「完璧にバディ!」

上川隆也さん主演のドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00〜)の第6話が8月17日に放送されました。

この回では、上川さん演じる糸村聡と、甲本雅裕さん演じる科学捜査研究所係官の村木繁が一緒に捜査するという珍しい展開があり、これまで“糸村×村木”の絶妙な“やり取り”を楽しみに毎週見ているファンからは歓喜の声があがっていました。

スポンサーリンク

遺留捜査での上川の役どころとは?

上川さん演じる糸村は、事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラで、視聴者からそのどこか憎めないキャラで人気を博していました。

そんな彼の活躍を描いてきた人気シリーズですが、この7月から第4シーズンに突入しており、今回は京都を舞台に展開しています。

これまで東京・月島を舞台に展開し、村木も東京の科捜研に所属していましたが、このシリーズでは、糸村と同様に村木も京都の科捜研に異動していたため、京都での“糸村×村木”の“掛け合い”は引き続き展開され、ファンの間でも毎回楽しみにしているという声も多く、毎回反響を呼んでいました。

そんな中、この第6話では、村木から糸村にお願いをするという展開で、冒頭からガッツリと“糸村×村木”の掛け合いが披露されていきます。村木から糸村の所属する“特別捜査対策室”、通称“特対”に手土産を持って「いつも糸村さんがお世話になっております!」と登場し、糸村に捜査のお願いをするというところから始まりました。

スポンサーリンク

■10年前の事件

この第6話では、所轄署の警察官・西岡良平(岩松了)が殺害される事件が発生。妻の真由美(国生さゆり)の犯行とにらんだ捜査一課3係係長・八重樫剛(野村宏伸)らは連日、彼女の事情聴取に当たっていた。

事件の1週間前、近所の住民が夫婦が言い争う声を耳にしていた上、西岡が所持していたカバンの中から、記入済みの離婚届が出てきたことが決め手となったのだ。

西岡は元々優秀な刑事だったが、10年前、女子大生が殺害された事件で真由美の兄が逮捕されたことから、会計課に異動した過去を持っていました。

そんな中、村木が、なぜか「西岡が殺された事件」について力を貸してほしいと糸村に頼んできたのです。

村木がどうして依頼をしてきたのか?

糸村は「こんなこと初めてですね。何か事情があるんですね」と村木をじっと見たにも関わらず、結局何も聞かず、村木も「あ、聞かないんだ!」と。村木のお願いを引き受けた糸村は、現場に残された遺留品の中から、記入された文字が所々歪んでいた離婚届に目を留め、さらに片隅に墨のような黒い汚れが付着しているのも気になり……。

ちなみに、この文字については村木から「筆跡鑑定の結果では、西岡さんの文字に間違いないようです」と補足されていました。

さっそく糸村は、この汚れから調べて見ようと捜査を開始、さっそく村木に鑑定をお願いしました。

村木は「もしかして、この汚れが炭だったとして、京都中の炭火を使ったお店を探すつもりですか?」。

これに対し糸村は、「村木さん! 回り道が行き止まりの道ではない。って誰かが言ってました」というお決まりの村木落としで、無理矢理鑑定を依頼したのでした。

警官殺しの捜査を開始した、糸村と村木。

捜査の途中で、村木は西岡との関係を告白しました。

「実は10年前に、京都に修学旅行へ行ったときのことです。電車の中で、痴漢を発見し、捕まえたんですが、その時の刑事さんが西岡さんだったんです」と。

実際に痴漢を目撃したのではなく、逃げようとしたから捕まえたという当時の村木。

「もしあの時、西岡さんに、“ちゃんと目撃したのかが大事なんだ! 人一人の今後の人生に左右するから”と注意してくれなかったら、私の無責任は発言が冤罪を生んだかもしれないんです。その経験が、心の羅針盤になりました。科捜研に入ったのも、科学的になら、絶対的な答えがだせると信じたからです」と、凄くいい話をしていたにも関わらず、糸村は「村木さん、例の鑑定結果は出ましたか?」とさらりと質問。

これには村木も、相当な驚きで「え? 聞いてなかったの?」と。このやり取りについても「村木さんの話、無視か!」「村木さんのイイ話が…(笑)」「良い話をスルーする糸村さん、最高!」とすかさず盛り上がりを見せていました。

スポンサーリンク

■事件の真相

そして2人は、西岡を殺害した本当の凶器を探し、土に埋められた石を発見。血痕も付着しており、凶器だと判明しました。

さらに、西岡は殺害されるまで、10年前の女子大生殺害事件を調べていたこともわかりました。

糸村は、その昔の事件を調べていると、おかしなことがわかったのです。

西岡は、ある幼児施設に通っていたことが判明しました。

そこに、例の炭が西岡が持っていた絵を描く道具だったこともわかり、その中に、10年前に女子大生殺害事件で使用された凶器のナイフも発見されました。

その指紋から、当時の事件の真相が明らかに。犯人は警察官(鑑識)の息子で、それを隠蔽したものでした。

その警察を10年かかって調べ上げた西岡は、逆に殺害されてしまったのです。

スポンサーリンク

■今回の3分…

そして最後に糸村は、真由美にいつのもように3分だけ時間を……と、繰り広げたのです。

糸村は西岡が通っていたアトリエに連れて行き、「西岡さんは半年くらい前からこのアトリエに通っていました。実は、ここで病気のリハビリを行っていました。筋ジストロフィーを発症していたのです」と。

離婚届けの文字が歪んでいるのはそのためだったというのです。

母親の介護の経験から、この筋ジストロフィーの大変さを知っていた西岡さんは、真由美に自分と同じ苦労をかけないために、離婚しようとしたのです。

「ただ、自分がいなくなってしまったあと、真由美さんがひとりぼっちになってしまわないよう、冤罪のお兄さんをなんとかしようとしたのかと思います」と。

そして最後に、再び電車の中でどこかに向かう糸村と村木のやり取りが。

「今回の事件が解決できたのは、村木さんのおかげです。ひさしぶりに、お昼でも一緒にどうですか?」「いいですよ」と村木も快諾するも「村木さんのおごりで。実は、もうお店予約してあるんです」「うわ〜、また高そうな店……」。そして、2人がハイタッチをして締めくくられました。

村木の西岡への想い、事件の真実、そして西岡の真由美への想いなどがすべて明らかとなり、「泣ける!」「毎回、泣いいてしまう」という感想が多く寄せられ、最後の糸村×村木のやりとりについては、「糸村木、仲良すぎ!」「やっぱり、村木さんの話、ちゃんと聞いていたんだ!」「糸村さん、聞いてた! これも泣ける」「完璧にバディ!」というコメントがあがっていました。