刑事7人第6話の感想!犯人に視聴者から驚きの声「とんでもないサイコパス」「クズ過ぎる!」

刑事7人

東山紀之さん主演のドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)。

8月16日に放送された第6話では、これまで明らかにされてこなかった主人公・天樹悠(東山)の妻子が不慮の事故で亡くなった件について取り上げられ、その真相にインターネット上でも注目が集まりました。

スポンサーリンク

刑事7人はもう3シリーズ目!?

この『刑事7人』は、その天樹を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿が描かれており、第1、2シリーズ共に高評を博して、この7月から第3シーズンに突入しています。

今シリーズでは、天樹の妻子の死の真相について取り上げられることが大きなポイントにもなっていて、これまで時折、天樹の妻子については触れられてきましたが、この第6話で初めて深く取り上げられ、真相にまで迫りました。

第1シリーズでは、既に妻子を亡くし、その悲しみから立ち上がったところから描かれており、当時、捜査一課長直轄の部署「警視庁捜査一課12係」に配属された天樹は、髪もぼさぼさという出で立ちで、「時間」に執着する一風変わった刑事として登場していました。

しかし、2016年に放送された第2シリーズ以降、特に第3シリーズに入ってからは、髪型を変わり、何かに追い詰められているようなシリアスな表情も多く、視聴者からも「天城さんキャラ変わった?」「何か隠れたエピソードがあってのキャラ変か?」「前作とのギャップが……」といった声があがっていました。

そして今シリーズでは、“刑事7人”にもそれぞれの変化が……。

片桐正敏(吉田鋼太郎さん)が室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」を発足しました。

そこに、天樹と12係に今も所属する沙村康介(髙嶋政宏さん)、水田環(倉科カナさん)、青山新(塚本高史さん)、「未来犯罪予測センター」の山下功(片岡愛之助さん)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也さん)が招集され、“シリーズ最強の敵”との熾烈な戦いに身を投じています。

刑事7人の6話での展開とは?感想・ネタバレまとめ

この第6話ですが……、天樹の妻子が不慮の事故で亡くなって12年。

この命日に天樹は、亡き妻・清(井上依吏子さん)の父でもある法医学教室教授・堂本とレストランで食事をし、そこで、ある事実が告げられました。それは天樹も初めて聞く“衝撃の事実”で……。

刑事7人の見どころ:義理の父・堂本からの告白

堂本から告げられたのは「12年前、私たちは突然家族を失った。今も心に大きな穴が空いたままだ。あの日は、家族にとって一番幸せな日だった。それが永遠に封印された」と。

天樹は、「それはどういう意味ですか?」と聞くと、「伝えていなかったことがある。清は、君の子供を宿していた……。お腹には新しい家族がいた」。

すると天樹は、「話っていうのは、それだけですか? 仕事に戻ります」と急に態度が変わり、驚いた堂本は「どうした? 何かあるのか?」と聞くと、「言ってもいいんですか。父親は僕じゃない」と、これまた衝撃の事実が語られたのです。

そんな折、「第11方面本部準備室」が専従捜査をする臨海エリアで、12年前から不可解な事件が定期的に発生していることが明るみになります。

ショートボブの女性が次々と失踪し、その数は9人にも上っていました。

沙村ら「第11方面本部」にも所属する「捜査一課12係」の面々は、一連の失踪事件の捜査を開始。

失踪者のうち何人かが、ロングコートを着た長身の男と一緒にいたことを突き止めます……。

刑事7人の見どころ:清と事件の関係は?

同じころ、作業中だったベテラン建築作業員・牛島繁利(やべけんじ)が転落死。

なんと牛島は、12年前に天樹の妻子の事故を証言した人物だったのです! 鑑識の結果、牛島は何者かに毒物を飲まされ、転落死した可能性が高かったことが判明しました。

水田は、失踪事件について、山下が残したPC(通称:リトル山下)を使って情報を収集中でしたが、天樹に協力し、12年前の“事故”をもう一度洗い直すことに。

協力してくれるという水田に、天樹は、これまで明らかになったことを告白。

「去年、墓参りにいった時のことです。墓の前で泣いている男を見ました。妻が通っていた洋菓子店の店主で、その店には妻が書いた絵が飾ってありました。そこで、妻の遺品を初めてみました。妻はスケッチブックを持ち歩いていたのですが、そこには彼が沢山描かれていました……」。

その店員の名は、工藤優樹(黄川田将也)。

清の足取りを再確認するため、彼のもとを訪ねましたが、工藤からは特に有益な情報は得られませんでした。

しかし、業務日誌を借りることができ、事件当日の日誌を見ると「清さんが来ていた。ちょっと怖い人がいたと話していた。顔から血が出ていて怖かったらしく、その人の顔をスケッチで描いてくれた」と。

その人物はどうやら、失踪事件とも繋がってそうでした。

刑事7人の見どころ:清は失踪事件の犯人の顔を見ていたのか?

スケッチから人物が、チェリストの楠城誠也(唐橋充)だと判明しました。

そのことを自分で調べていた天樹は、警察手帳と辞表をおいて失踪。メンバーは、天樹の復習を止めようと探します。

その場所を教えてくれたのが、リトル山下でした。山下役の片岡さん不在にも関わらず、リトル山下の右脳明晰っぷりには、ネット上でも「リトル山下、しゃべった!」「うわ!」「凄いな!」といったコメントが。

楠城を探していた天樹は、何者かに電気ショックによって気絶させられてしまいます。

目を覚ますと楠城が目の前にいて、「僕が殺したいのはショートボブの女の子です。天樹(清)さんはタイプじゃない。でも、(清さんが死んだのは)彼女のせいですよ。街で2人にほほの傷を見られてしまったんですよ。バレるのが怖かった。なので、パトロンに相談しました。そこで、旦那が刑事だっていうじゃないですか……」と、それで不安になったため、事故に見えるように2人の殺しを依頼したのです。

また、楠城は「娘さんが生きていたら20くらいですかね。母親に似て、男好きに育っていたかもしれない。殺すんじゃなかった」とサイコっぷりを披露。

すると天樹は怒り狂いながら……という展開でしたが、ピアニストであるもある楠城は、実際は無名のチェリスト。

自分では何もすることができず、背後で馬久根に守られていたわけだ。天樹はそのことを知っていたため、逆に「君は殺人犯としても才能がない。馬久根のいいなりとなって、死んでいくだけだから、僕を挑発して、僕に殺させようとしたわけだ」と、“死に方は自分で選ぶ”という計画を暴いた。

すべてを見抜かれた楠城は、逮捕されたが警察内のトイレで自殺したのでした。

妻子の死の真相はこれで明らかになったが、裏でこの臨海エリアを取り仕切る馬久根との決着がまだ付いておりません。最終回へ向けての展開にも注目ですが、ショートボブ好きの楠城の犯行とクズっぷりについては、ネット上でも「セリフがクズ過ぎる!」「とんでもないサイコパス」「めっちゃムカつく!」という声が多数寄せられていました。

刑事7人の見どころ:第7話のあらすじ

大地主・馬久根恒義(山本學さん)が強大な力を持つ臨海エリアでは、マンション投資会社が“新たな勢力”として台頭。その会社が所有する空き地で、女性の白骨死体が見つかります。

当初、被害者は頭頂部を殴打されて即死したとみられていましたが、法医学教室教授・堂本の見立ては違いました。

なんと、被害者は土に埋められた後、一度蘇生していたというのです!

天樹ら「第11方面本部準備室」の面々はさっそく捜査を開始。公開捜査用に遺留品の写真を撮った水田は、服装にそぐわない“子供っぽいペンダント”に違和感を覚え……。

気になる7話の展開はこちら!!

スポンサードリンク