下北沢ダイ・ハードのあらすじ・キャストまとめ!毎回変わる脚本家とは、いったい??

テレビ東京が2017年夏ドラマで新たな挑戦をします!

そのドラマは『下北沢ダイ・ハード 人生最悪の1日』。

下北沢といえば小劇場が多数集まっていて、演劇好きにとって大切な場所。

その小劇場で活躍する11人の脚本家が1話完結型のパニック・コメディを披露するというものです。

全体を通してオムニバス形式となっている連続ドラマ形式はとても珍しく、注目度が日増しにあがっています。

それでは、『下北沢ダイ・ハード 人生最悪の1日』のあらすじとキャストを紹介します。

【下北沢ダイ・ハード】キャストまとめ:ナビゲートは古田新太と小池栄子

下北沢の小劇場にスポットをあてながら、そのドラマの舞台を下北沢にフォーカスするとは、テレビ東京らしいですね。

1話完結型のオムニバス形式をとりながら、基本的には各話のキャストは毎回違うようです。

11人の脚本家がそれぞれ、「パニック・コメディ」というテーマに沿って独自の色を出してくるのでとても楽しみであり、期待できます。

ドラマのナビゲートは古田新太さんと小池栄子さんがつとめます。

下北沢の路地裏にありそうな、うらびれたスナックのママ(小池栄子)に常連客の古田新太が「面白いエピソード」を語るという設定です。

この2人のやりとりもかなり面白いんじゃないかな、と期待されています。

ジョン幕練(まくれん):古田新太さん

スナックの常連客。下北沢の裏事情に詳しく、いろいろな話しが幕練の耳に入ってきます。

そのエピソードを話すのが彼の楽しみであり、お酒のツマミにも。

彼の情報通ぶりにはなにか裏がありそうです。

「ジョン幕練」というのは映画「ダイ・ハード」シリーズの主人公のジョン・マクレーンに由来しているものです。

サブタイトルの「人生最悪の1日」というのは劇中にジョン・マクレーンが何度かつぶやいていた言葉ですね。

このドラマのコアスタッフにかなりのダイハードファンがいそうですね。

古田新太さんは神戸の出身ですが、渡辺いっけいさんに誘われ「劇団☆新感線」の舞台に出演したことが縁でその後、所属俳優としてブレイクしました。

このころから下北沢の小劇場との関わりを持つようになり、このドラマのナビゲーターとして適任ではないかと思います。

NHK朝ドラマの「あまちゃん」前後からテレビ出演が多くなっていますが、もともとは小劇団出身の俳優です。

古田新太さんのそういった経験からの裏トークもありそうでとても楽しみです。

スナックのママ:小池栄子さん

ジョン幕練が通うスナックのママ。

彼の話しを興味深く聞いていますが、それは営業スマイルなのか、本心なのかはまだまだわかりません。

人の話しを聞いたり、ナビゲーターとしての役割の今回のドラマですが、「カンブリア宮殿」でのMCを経験しているのでそつなくこなすでしょう。

また、最近ではNHK朝ドラマの「マッサン」や「母になる」で女優として注目を浴び、演技力も着実についてきていると評判なので小池さんの演技も楽しみです。

古田新太さんとのいい意味での「悪ノリ」も楽しみです。

【下北沢ダイ・ハード】あらすじまとめ:第1話はSM好きの国会議員

注目の第1話のタイトルは「裸で誘拐された男」

選挙間近の国会議員の渡部修(神保悟志)はSMプレイが大好きという秘密があります。

お気に入りのSMの女王様である麗奈(柳ゆり菜)のもとで今日も楽しみます。

時間があったので延長プレイをお願いすると「全裸でスーツケースに入りなさい」と命令されます。

そして、そのスーツケースを持ったまま麗奈は下北沢の街を散歩します。

渡部は恥ずかしがることもなく、逆にこの異常な状況に興奮して楽しんでいますが、途中からとんでもない状況に!

なんと、スーツケースを取り違えられて女王様の手から離れてしまいます。

渡部は息子を誘拐された尾本夫妻のスーツケースとして移動しはじめます。

身代金の入っているはずのスーツケースに全裸の男、それも現職の国会議員が入っているのです。

これがバレたら政治生命を脅かす、一大スキャンダルになってしまいます。そう、人生最悪の1日になってしまいます。

そして、尾本夫妻は誘拐犯との待ち合わせ場所に到着します…

【下北沢ダイ・ハード】:毎回変わる、脚本家は?

全11話予定のこのドラマ。

11人の劇作家や脚本家が交代しつつ、人生最悪の日をおもしろおかしく、しかし、恐怖を感じる物語としてつくりあげています。

中には癖が強い脚本家もいるので、ドラマ全体を統括する総合演出も大事な役割です。

今回の総合演出は関和亮さん。星野源やPerfumeのむPV、2017年冬ドラマで話題だった「カルテット」のエンディングビデオの制作を担当しています。

「人生最悪の1日」という世界観を作り上げる総合演出として適任でしょう。

ちなみに脚本家の一部を紹介すると…上田誠(ヨーロッパ企画)、細川徹(男子はだまってなさい!)、西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)などです。

()内は所属劇団や所属事務所。

【下北沢ダイ・ハード】まとめ:オムニバス形式のドラマは楽しそう!

今後、目が話せない「下北沢ダイ・ハード」。

キャストには夏菜、臼田めぐみ、加藤諒や佐藤二朗などが発表されています。

どの話に出演するか全容が見えていないのですが、佐藤二朗さんがメインキャストの第6話の「未来から来た男」は2037年から送り込まれたロボットが引き起こすパニックがとてもおもしろそうです!

スポンサードリンク