「ウチの夫は仕事ができない」粘菌大好き錦戸亮演じる司の愛したものとは?

ついに始まりました「ウチの夫は仕事ができない」ですが、作中で気になる言葉がいくつか出てきましたね!

粘菌とはなんぞ?詳しく知ることで、粘菌博士に近づくチャンス、ひいては司に近づくチャンスなのではないでしょうか?

司と同じ世界感を味わってみませんか?これを読めばきっとあなたも粘菌マスターになること間違いなしです!

そもそも、1話を見逃して粘菌って何の事?とわからない方も、是非読んで粘菌好きな司と共感できるようになってみましょう!

スポンサーリンク

「ウチの夫は仕事ができない」:司の趣味を知ってますか?

「ウチの夫は仕事ができない」のドラマ内で、錦戸亮さん演じる、司の趣味ってみなさん知っていますか?

もちろん、その趣味が高じて沙也加との結婚まで発展することとなったのは、1話をご覧になられた方なら、「うんうん」と納得のはずです。

しかしながら、残念ながら1話から見逃してしまった、もったいないあなたにはこちらのページをご覧下さい、「ウチの夫は仕事ができない」を見直すチャンスです!

ついでに2話も、一緒に見てしまえばまだまだ、これからが楽しみな「ウチの夫は仕事ができない」のブームに乗り遅れることはありません。

早速ご覧下さい!!無料で見られるのは今だけ!

スポンサーリンク

実は司の趣味は○○!?

もう1話をご覧になられた方は、すでにご存知と思いますが、実は司の趣味は「粘菌」なんです!!

粘菌?なんですかそれは?という方へ向けて、こちらでは解説を踏まえて粘菌の世界をご紹介していきたいと思います。

粘菌とは?

実は粘菌とは「アメーバ」を代表する、ネバネバの菌類のことを総称して、粘菌という分類として区分されています。

詳しく説明しておられたので、こちらをご覧ください。

粘菌という生物をご存知ですか?
正確には、粘菌は真性粘菌(変形菌とも言います)と細胞性粘菌に分けられます。

朽木や土壌に住む小さな生物です。不思議なことに、アメーバ状の生活と、菌類のような子実体を、その生活環の中に持っている微生物。

一般には目にする機会がなく、なじみの薄い生き物かも知れません。自然界では森の中の落ち葉の下とかにいて、大きさがせいぜい2mm以下で透明ですから、そこに存在していても通り過ごしてしまいそうです

「アメーバ」なら聞いたことがある方は多いかもしれませんね。

あのスライムのような生物のことです!しかしながら、アメーバすら見たことが無い!!という方には、こちらの画像をご覧下さい。

粘菌

引用:http://darapic.net/slime-mold-photo/

見た目が、キノコみたいな生物でなんだか、かなり神秘的な生物ですね。

ちなみに、粘菌には2種類あるそうです。

その2種類とは大きく分けると、真性粘菌(変形菌)と細胞性粘菌に二分され、上記の画像は細胞性粘菌の一種です!

更に画像を用意していますので、こちらもご覧ください。

粘菌2

細胞性粘菌(キイロタマホコリカビ)と変形菌(モジホコリカビ)の写真。(左側)細胞性粘菌は実態顕微鏡で拡大して撮影しています。赤い色は人工の色素で着色した個体です。(右側)変形菌の移動体をシャーレで飼っている様子。濃い黄色い粒は餌として与えたオートミールです。シャーレは直径9 cmで、黄色い変形体の部分は全部1つの細胞です。

だんだん、粘菌に魅力がわかってきたのではないでしょうか?

こちらは短いですが、変形菌が動いている様子です、ぜひご覧ください!

[youtube id =”yqrlK01a_AE

地味ですが、なんだかずっと見てられるような生物ですね。

スポンサーリンク

「ウチの夫は仕事ができない」粘菌編まとめ

ツカポンは、大の粘菌好きでしたね!筆者も調べてみて、かなり興味を持ってしまいました。

非常に奇妙な生物ですが、森などへ行かずに手に入れることができる方法が少ないそうです。

ちなみに、森などへ行って採集することはできるそうなので、ぜひあなたも探してみてはいかがですか?

ご視聴ありがとうございました!

2話でも、粘菌の話題は冒頭で登場していましたね!ちなみに、2話を見逃してしまったという方は、こちらで無料で見られる情報を公開しているので、是非ご覧ください。

2話を見逃した方はこちら