白衣の戦士第8話の感想まとめ!柳楽「命さえあれば」視聴者からカッコイイ、泣けると感動の嵐巻き起こる

白衣の戦士第8話解禁でした!はるか×斉藤、夏美×本城の微笑ましいカップルの恋のゆくえがついにクライマックス!どちらのカップルもうまくいくといいですね!幸せになってほしいです。

さらに、著閉塞で入院していた患者、沙織(足立梨花)が登場!13年前に柳楽(安田顕)の手術を受け、ようやく退院が決まった沙織は結婚式を控えていましたが、沙織、倒れる!そんな時に、はるかと夏美の抜群のチームワークが大活躍しましたね!

そこで、白衣の戦士8話の感想をピックアップしていきます。

スポンサーリンク

院内恋愛解禁!はるかと夏美・・・ナースの恋にハッピーなクライマックス!

はるかと夏美は、それぞれ、斉藤と本城がお互いの好きな相手であることに前回、気付きました。

4人でいつもの居酒屋店「なすがまま」で飲み、食事をしていたところ、偶々、居合わせた柳楽(安田顕)にこの看護師と医師の恋愛模様が発覚!こういうあたりが、微笑ましくて笑い要素がある見どころです。

柳楽は、妻の静香(遼河はるひ)に浮気を疑われて、家を追い出されるピンチに!柳楽が浮気するわけないと思うんだけどなぁ・・・。

本城は事情を知り、柳楽に同情・・・柳楽と本城は男同士でお互いに家族がいるからこそ、対等な立場で気軽にお互いの相談にのり合える仲だなとつくづく感じますね。

本城が妻と離婚してから、入院してきた娘のことに悩んでいたり、夏美のことを意識し始めた本城の心の葛藤に理解を示す優しさがこれまでもありましたから。

その頃は、まさか、本城の好きな相手が夏美ということは知らなかった柳楽ですが。

静香は元ナースで本城の部下でした。

そのこともあって、本城は病院に寝泊まりしている柳楽と彼女の関係を心配します。

本城って本当に心温かでお人好しですね!夏美と本城がもしもこの先、結婚したら、穏やかな本城とちょっと勝ち気な夏美のお似合いなカップルになりそうです。

一方、はるかと斉藤もお互いに意識し始めていて、あの、はるか斉藤キス事件がきっかけではありますが、若い二人の淡く不器用な恋も見逃せませんよね。

「なすがまま」で食事をする斉藤とはるか、夏美と本城。

ダブルデート・・・今でも通じるどこか懐かしい響きとはるか達の光景でしたね。

本城の斉藤へのツッコミや話し方が、はるかを娘のように思う父親みたいで微笑ましかったです。

そこへ、柳楽がひょっこり乱入してはるか達を茶化しますが、飲み屋のお父さんみたいなノリで笑えました。

本城の柳楽がいくら妻の尻に敷かれているからって(笑)そのいたずらはないでしょう。

柳楽って人の秘密を暴露しそうでしないクラスのお調子者のような態度が大人と思春期の少年が入り混じったような感じでした。

4、5日くらい帰れず、職場の病院に素泊まりする柳楽が切ないですね。

まさか、本城のタレコミ情報によると、前に浮気をしたことがある柳楽。

しかし、今回は洋服に赤い口紅がついてしまったことから、トラブルに!

その頃、看護師寮が断水したため、銭湯に行くはるかと斉藤。

はるかの湯上り姿、可愛い!あれなら秒速で惚れてしまいますよね。

うなじが綺麗で色っぽいとボーっとする斉藤も微笑ましかったです。

一方で、背中に哀愁が漂う柳楽と、彼をフォローする本城と夏美らとの空気の温度差よ(笑)。

柳楽、トイレから出てきて、本城が夏美を「いい女」発言していちゃこらしている背後からジーって見つめる気まずさも笑えました。

夏美に斉藤とのことで恋愛相談するはるかがなんだか、頼れる姉を信頼している妹みたいで可愛かったです。

夏美がはるかに女度アップのための服装を選んでいます。

ピンクが多くてガーリーテイストなフェミニンなファッションで、これまでのはるかと見違えるほどの可愛さですね。

まるでさなぎが羽化したような姿でした。

夏美も思わずキュンとなってしまうほど、よく似合っていましたよね!

斉藤、立花を意識しすぎのケアレスミスが可愛い!それを見抜く本城・・・斉藤が気が付いたら立花のことばかり考えていてとか、完全に恋しているのが分かりやすすぎますよ。

斉藤もはるかも良い意味で、ド天然で早とちり、恋の経験がないうぶなところが似ていますね。

煮たもの同士なところが今後、徐々に惹かれ合っていくのでしょうね。

斉藤とはるかを応援したくなるようなフレッシュさ。

この恋はまだまだノンストップです!だって次週は斉藤の両親が登場したり、夏美のことを本城がついに、「なっちゃん」呼びするまで進展!

さらに、8話のラストで、斉藤がはるかに、「なすがまま」でついに告白タイムか?!と思わせて、キュンキュンな展開が待ち受けていると思いきや・・・、小野と貴子、夏美などが乱入!

ビール100円フェアに来ていた彼女は、はるかと斉藤も同じだと思った二人・・・いやいや、ハッピーアワーで来たのではないですよ。

スポンサーリンク

柳楽が命の恩人!結婚式を控えた沙織(足立梨花)の危機にはるかはどうする?!

柳楽が13年前に手術をした若き女性患者、沙織が退院することになりました。

はるかと夏美が働く院内にとっては、喜ばしいニュースですね!

腸閉塞だった沙織の容態も、すっかり回復し、翌週に有名な式場、ヴェルサリオで結婚式を控えていた沙織。

結婚を控えている沙織が婚約者に電話するのをやんわりと注意する柳楽。

まるで、父親が娘の巣立ちを見守っているかのような接し方で、なんだか温かい気持ちになりました。

でも、沙織が腸閉塞で子どもの時に入院生活をしていた時、同じ病院に入院していた沙織と同じ年ぐらいの癌か白血病などで恐らく入院していた女の子の話題は胸がきゅんと締め付けられるような気持ちになりましたね。

病棟で友達ができた時があったと懐かしく話し、あの女の子はどうしているんだろう?と思いを馳せる沙織ですが、柳楽の苦しそうなどこか切ない笑みからして、その子は助からなかった可能性がよぎりました。

夏美が沙織の結婚に妄想と乙女モード全開・・・さらに、婦長や小野までときめくとは。

斉藤、恋する乙女軍団に余計なことを言ってはいけない(笑)その間に、ヴェルサリオをメモする本城。

夏美との今後をしめしめと考えているのが浮かびます。

沙織の婚約者、信彦・・・今の柳楽の状況を考えたら、”公開処刑”並みの毒ある質問。

夫婦円満の秘訣とかそれ聞いちゃダメだろ、信彦さん!

手術したにもかかわらず、結婚式当日を迎えた沙織。

両家の親にも、その花嫁姿を褒められ、幸せムードいっぱいですが、沙織は腹部の痛みを感じるのでした。

沙織、大丈夫かな?!柳楽の手術がまさか失敗だったのでしょうか。

心躍る6月ならではのジューンブライドのエピソード!幸せいっぱい・新しい環境へ向けて前進のはずが・・・、まさか!沙織が倒れてしまいます。

はるかと夏美はファッションの買い物帰りに、沙織の式場へ!花嫁姿の沙織を見ようと、立ち寄ったものの、沙織がここで、激しい腹痛が襲いました。

脈は速いけど蝕知が・・・沙織の容態はしばらく前に痛みがあったようです。

今の状態で症状が進むと、壊死になる恐れが・・・!緊急イレウス解手術を柳楽達が行うことになりました。

かなり深刻な容態で、これから結婚式って時に、なんというハプニングでしょうか!私も赤ちゃんの頃に腸閉塞の手術をしたことがあったので、沙織の状態はとても見ていて辛かったですね。

沙織、どうか助かってくれ!と思わずにはいられませんでした。

信彦が良い婚約者すぎて・・・あんなに沙織のことを大切に思っているんだっていうのが伝わる愛情深さ!私も信彦さんみたいな優しい人がいたらいいなって思わず思ってしまいました。

ウエディングドレス姿の沙織のことを「お姫さまみたい」とはるかに褒められた時、「でしょう?」と余裕の笑顔で答えるなどクラスに一人はいるお調子者のようなユーモアあるところも含めて、誠実な信彦の人柄が伝わってきましたね。

また、手術中、なんとか子どもの頃から診てきた沙織を助けたいと熱意を持つ柳楽の顔に汗・・・ここが感動ポイントでしたよ!

沙織は以前から痛みがあったことを柳楽に訴えます。

信彦や、沙織の両親、信彦の親、結婚式に来てくれたゲスト・・・全体に迷惑をかけてしまったと嘆く沙織。

このまま消えてしまいたい・・・誰だってそう思う時は人生のなかでありますよね。

でも、生きたくても生きられなかった命があると優しく叱る柳楽に胸が詰まりました。

結婚式が沙織にとってどれだけ大事かは分かるけど、沙織とかつて関わりがあった、青木ともみちゃんのことを思うと、沙織のひねくれた発言はわがままで、甘えだなって思いました。

もう少し遅かったら、亡くなってしまう可能性もあった沙織。

でも、結婚という未来や、これからの人生の展望がある沙織と、ガンで思春期のうちに亡くなってしまったともみとのエピソードは・・・私たちでも考えてしまう身近な現実です。

昨今、事故などが多いなか、柳楽が発言した生きたくても生きられなかった命という言葉にずっしりと重みを感じましたよ。

ともみちゃんを救えなかったことを後悔する柳楽・・・ともみからもらったパンダのボールペンがどれだけ意味深だったか。

命さえ、また明日が来る、なんにでもチャンレンジできる、それが何より大事なこと・・・柳楽、泣かせる気ですか!もう…涙腺決壊ですよ。

沙織の幸せを医師としても見守ってきた柳楽の人としての人情深さが伝わりました。

最後に、まさかの、柳楽の妻、静香登場!はるかの言う通り、優しそうに見えます。

しかし、静香は柳楽の服装をだらしない、恥ずかしいと罵りますが、柳楽の好物の鍋を作って待ってると言うところは、アニメのゲームのツンデレキャラクターでした。

スポンサーリンク

白衣の戦士第8話の感想まとめ!

  1. はるかと斉藤、本城と夏美の心躍る恋の進展に、今後もときめきやこの両カップルの不器用で一途な恋物語が止まりません。
  2. 沙織と柳楽の間にあった医師と患者としての絆・・・生きたくても生きられなかった命と、沙織のように結婚という希望も未来もある事実に心が揺さぶられた8話でした。