実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

コミック・小説配信サービスのcomioで人気の青春ストーリの「ReLIFE」。

この配信サービスの人気もあり、2016年7月にテレビアニメ化され、人気が爆発しました。

2017年4月15日にアニメではなく実写版として製作・公開されます。

今回はこの実写版ReLIFEのキャストやロケ地を紹介します。

実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:あらすじ紹介

ReLIFE_001

引用元:http://natalie.mu/comic/news/212456

この原作のコミックは宵待草さんが描いてます。

また、アニメ化と実写劇場版の間の2016年9月には舞台化がなされています。

メディアミックスの中でも間に舞台化というのはかなりの労力を使います。

1年も経たずに、アニメから舞台そして実写の劇場版公開というのはかなりのハイペースです。

裏返せば、このReLIFEの世界観と原作の面白さがあったこそですね。

さて、あらすじにうつりましょう。

主人公の海崎新太は27歳。

前職をたった三ヶ月で退職して現在は転職活動中。

大学受験で二浪したあとに大学院までいったことで学力があります。

しかし、現役の新卒や第2新卒と比べて年齢で若干見劣りするのが職探しの苦労につながっているようです。

ニート生活に陥って悩んでいるところに「リライフ研究所」の職員の夜明了が海崎の前に現れます。

「リライフ」はニートを社会復帰、仕事につかせるために1年という期限付きの高校生活を送る実験への参加を提案します。

コミカルタッチで描かれる「2回目の1年だけの高校生活」、海崎や他の生徒たちはどう過ごすのでしょうか。

人間、生きていると1回ぐらいは「あの頃に戻ってやり直してみたい」、「あの時、違う選択をしていたなら」と思ったことはあるはずです。

この「ReLIFE」では文字通り、人生を高校生からやり直すことができる物語です。

期限付きとはいえ、2回目の高校生活を自分ならどう過ごすか、というふうに重ね合わせて観るのも面白かもしれません。

実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:キャスト紹介

では実写版の気になるキャストを紹介します。

海崎新太(かいざきあらた):中川大志さん

主人公の海崎新太。

27歳で就職しましたが、たったの3ヶ月で退職。

その後、転職活動がうまくいかず、ニート状態へ。

リライフの実験プログラムで期間限定1年間の高校生活を送ることに。

しかし、その期間が終われば1年間の高校生活の記憶は消されてしまいます。

過ごした仲間たちとの想い出はその後の海崎の行動の中に刻み込まれるのでしょうか。

中川大志(たいし)さんは2011年の「家政婦のミタ」の長男役で一躍脚光を浴びました。

その後は「監獄学園-プリズンスクール-」や「南くんの恋人~my little lover~」で主役を演じるまでになりました。

「重版出来!」や「青鬼Ver2.0」での演技にも注目が集まり、2017年にはこの映画の他に「きょうのキラ君」で主演が決定しています。

日代千鶴(ひしろちづる):平祐奈さん

「ReLIFE」のヒロイン。

彼女もリライフの実験に参加していますが、そのことは秘密にする必要があります。

それは参加者同士にも秘密になっています。

本来なら1年の実験期間なのですが、研究所から失敗とされて千鶴本人の希望から特例の1年間延長が許可されました。

学業の成績は優秀で学年トップが当たり前。

しかし、人の名前は覚えられない、コミュニケーション能力がなく、友達は0。

新太とは最初トラブルがあったがなんとか友だちになり、少しずつ性格が変わっていきます。

平祐奈さんは映画「奇跡」でデビューし「JR SKI SKI」のCMに出演してデビュー直後から人気を集めていました。

2015年には映画とドラマともに初主演を果たしました。

2017年は「ReLIFE」の他に「きょうのキラ君」や「忍びの国」、「サクラダリセット 前編/後編」などに出演しています。今年はきっと大ブレイクすると思います。

夜明了(よあけりょう):千葉雄大さん

リライフ研究所の職員。

リライフの被験者のサポートをするために被験者たちと同じ高校に通っています。

学校内で目立たぬよう生活していて、1年生から在籍しています。

小野屋 杏(おのやあん):岡崎紗絵さん

リライフ研究所の職員。

本来は新太のサポート役だったのですが諸事情で2学期から担当することに。

夜明とは逆に、新太への接触の機会を増やしたり、迫ったりしてかなり目立つ行動をしています。

しかし、行き過ぎるその干渉の行動に夜明の口から新太だけに正体をバラされることとなります。

大神和臣:高杉真宙さん

新太や千鶴が通う、青葉高校の生徒。

リライフの被験者ではなく、普通の高校生。

金髪でピアスをしていることからチャラ男と思われています。

しかし、学級委員でクラスでは男子で1位の成績をとるなどしっかりしてます。

面倒見もよく、赤点の新太をフォローして勉強も教えてくれます。

実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:尚絅学院大学

ReLIFE_002

引用元:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3076/opencampus/index.html

2016年の11月に宮城県を中心にロケが行われたようです。

高校生活が中心ですからそのほとんどが学校で撮影されたと思います。

また、エキストラ募集のサイトでは11月に宮城県内での募集要項がいくつかあがっていました。

そのうちの1つがこの「尚絅学院大学」になります。

場所は宮城県名取市、杜の都の仙台市の南に位置します。

https://twitter.com/siym_0214/status/797686862076747776

エキストラで参加された人のツイートのようです。

映画のタイトルがはいった記念品をもらっていて嬉しそうです。

こんなロケ、エキストラなら参加したいです。

<尚絅学院大学(しょうけいがくいんだいがく)>
電話番号:022-381-3300
住所:宮城県名取市ゆりが丘4-10-1
アクセス:JR仙台駅から西口バスプール8番のりばで乗車、約40分/JR南仙台駅から西口のりばで乗車、約15分
URL:http://www.shokei.jp/

<グーグルマップ>

実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:聖和学園薬師堂キャンパス

ReLIFE_003

引用元:http://www.sendaiphoto.com/wakabayashi/ywo_newseiwa.htm

こちらも学校でのロケ。

グランドや校舎の外観、内部の撮影を分担して撮影が行われたと思います。

仙台市若林区の聖和学園の薬師堂キャンパスで行われました。

こちらも多くのエキストラを入れての撮影だったようです。

こちらの高校では特別進学コースや特進コースなどかなり学業に力といれているようです。

中には情報ビジネス系やメディア芸術進学系を選択できる総合実践コースもあります。

また、サッカー部が強く、東北の強豪チームとして有名だそうです。

https://twitter.com/__N5k2_/status/791174642463453184

<聖和学園高等学校 薬師堂キャンパス>
電話番号:022-257-7777
住所:仙台市若林区木ノ下三丁目4-1
アクセス:仙台市営地下鉄「薬師堂駅(薬師堂駅)」から徒歩1分
URL:http://highschool.seiwa.ac.jp/

<グーグルマップ>

実写「ReLIFEリライフ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:海の見える丘公園

ReLIFE_004

引用元:http://miyagi-enjoy.boatrockfish.com/contents/park/umioka_01.html

仙台市の南西にある、名取市。

その景色の良さから地元の人たちから人気の「海の見える丘公園」で2016年11月13日、16日、29日の予定でロケ情報があがっていました。

3日間も日程が取られていますがおそらく最終の29日は予備日だと思います。

ロケ撮影は天気との戦いにもなりますし、この公園から見える海の景色はこの映画の重要なシーンで設定されているはずです。

ですから、きれいな夕陽が撮れればOK!だったかもしれませんね。

周辺の住民の方にはこのようなお知らせのチラシが配られていたようです。

https://twitter.com/ki1ku2chi01111/status/797045703490998272

キャスト4名ということは主要キャラの中川大志さん、平祐奈さん、千葉雄大さんは確定だと思います。

あと1名はだれかなのかは映画を楽しみにしておきます。

<グーグルマップ>

まとめ:卒業シーンは思いっきり涙するかも

ReLIFE_005

引用元:http://ciatr.jp/topics/222299

期間限定のたった1年間の高校のやり直し。

それは卒業と同時に終わります。

新太にとっては2回目の卒業ですが、すぐにニートだという現実に戻らなければなりません。

そして実験の成果を果たすために転職を成功させなければなりません。

普通の卒業でも泣いてしまうのに、こんなつらければまた泣いてしまいます。

でもただつらいだけではなく、新太の廻りに幸せが訪れると良いと思います。

スポンサードリンク