白衣の戦士第5話の感想まとめ!「浮気発見」ではるかのグーパン炸裂で視聴者スカッと!?

白衣の戦士、5話到来でした!いつもは皮肉屋の真由(片瀬那奈)がなんと、職場恋愛の末、不倫疑惑が発覚!

不倫は事実でしたが、真由は夏美やはるかに支えられながら、自分の本当の気持ちと向き合えるようになりました。

清水に別れを告げ、新たな気持ちで看護師の仕事に励むのでした。

雪乃は、彼氏の浮気を偶々、はるか達と高級鉄板屋で見て、はるかが雪乃の彼氏の身勝手さに一撃を食らわします。

若き女性のはるかや雪乃たちの恋愛観と、夏美や真由の人生経験値の高い女性の恋愛と自分の環境における厳しさが考えさせられるエピソードでしたね。

スポンサーリンク

白衣の戦士第5話みどころ:真由に恋到来!不倫ってどういうこと?!

同じ病院で働く脳外科医、清水(東根作寿英)とデートをする看護師主任の真由の姿を偶々、目撃した、はるか。

斉藤と初めて映画館に出掛けた際にその現場に遭遇したはるかは、いつも厳しく皮肉屋な面があるとはいえ、看護師仲間の幸せにほっこりした気持ちになりました。

ところが、真由の相手、清水に妻がいることを夏美から院内で聞いたはるかは、真由が不倫しているのではないかと疑います。

しかし、それには、清水のお腹に新しい命が宿っていることを今まで真由が知らなくて、はるかは絶対許せない!と仲間想いの優しさを発揮しようとしつつも、大人の恋愛って境界線をひかなきゃいけないところがあって、今回は、はるかが熱血ぶりを発揮するところではなくなりましたね。

いっぽうで、夏美は、本城(沢村一樹)と仕事帰りに呑む機会が増えて、距離が徐々に良い方向に縮まっていました。

本城から結婚相談所の利用をやめてみたら?と勧められた夏美の答えと心境や如何に?!

こちらもオトナの恋の行方として見逃せませんね!

はるかと斉藤、夏美と本城・・・それぞれの女性に幸せの青い鳥が飛んでいるような雰囲気に・・・。

はるかが元気よく出勤すると、女子メンバーがスカートになっていて、みんな、女度上げすぎ!夏美まで(笑)って突っ込み入れたくなりましたよ。

「はまなかてつや」というイケメン俳優が入院してくるからって、一患者なんだから(汗)貴子が入浴介助をしたいってところ結構ドン引きでした。

看護師のみんなが期待していたとは程遠い患者、はまなかさんは、ゆるくて人の好さそうなちょっと素朴な顔の患者さんでした。

不倫しているかもしれない真由。

相手の脳外科医はなんと、妻がいる。

はるか、いちいち、「ふり」っていう言葉に反応しすぎ(笑)そういうところがほんと天然すぎて笑えます。

夏美と一緒にパニックになりながら、脳外科医の清水と妊娠中の妻を見て、なぜ、真由が妻がいる相手とプライベートで親しくしているのかとわちゃわちゃと話すはるか・・・しかも結構大きく聞こえる声で。

そのとき丁度、真由が居合わせてしまい、かなり気まずい雰囲気になりましたね。

いつもの居酒屋で、3年前から清水と交際していると自白する真由は、普段の厳しさとは違い、冷静で落ち着いた口調で夏美とはるかに真実を伝えます。

目の前で付き合っていた人が奥さんと一緒に病院でいるところを見て、現実を知った真由。

優しく、穏やかに話していますが、現在の清水との関係に区切りをつけたいけど、決断に踏み切れないようです。

夏美は恋愛は仕事と違い、思う様にならないと共感。

はるかが年上の「お姉さま」たちの人生観における恋愛欲求の価値観の違いが分からないと戸惑うところは私もものすごく分かります。

はるかのように、人生においてまだまだ未熟な面もあり、先輩同士の気持ちのシンクロに追いついていけないって思いましたね。

斉藤はおっとりしていて、鈍感ですね。

真由の件においても、えー!あの主任が?!というすっとぼけたリアクションがほのぼのしました。

それに対して、斉藤に片思いのはるかが、彼に「わたしたち、付き合っちゃう?」と言ったところは、お?!はるか、ついに、ついに言った!報われるか?!はるかも恋愛が成熟するかなって思いきや、斉藤のまさかのはるかを超えたド天然ぶりを発揮していましたね。

真由は夏美とある程度、人生経験のある女性同士の話として、真由の恋愛について共感し合い別れます。

しかし、真由は自分でけじめをつけなくてはと清水に電話をかけ、清水は妻の妊娠のことをずっと言えなくて申し訳ないと悔いていました。

走馬灯のように、真由は清水との楽しかった記憶が蘇り、胸が切なくなりました。

人を好きになって、いけない過ちだってわかっていて心が揺れる気持ちって、どれだけ苦しいか。

このまま幸せな時間が誰も知らずに続けばいいのにって思うでしょうね。

シンデレラのガラスの靴の魔法が夜中の12時で溶けるように、真由の清水と過ごしてきた日々は、タイムリミットになってしまいましたね。

映画を家で一緒に見たり、真由の誕生日を一緒におしゃれなレストランで祝ってくれたり、婚約指輪をもらったり・・・本当にひとつひとつがキラキラした素敵な恋する喜び、好きな人といる時間を真由が感じていたことが伝わりました。

真由の一件で美味しいステーキ屋で舌鼓を打っていると、はるか達の同僚、雪乃の彼氏が別の女性と浮気をしている現場に遭遇!女性に、雪乃の存在を伏せたうえで、雪乃が夜勤の時は温泉に行こうとするゲスっぷり!

それに対し、白衣の天使は献身的に尽くしてくれるものという雪乃の彼氏、理想高すぎです!白衣の天使だって、みんな仕事に、プライベートに一生懸命生きている女性なのに。

それを思うと、はるかが雪乃の彼氏をグーパンチで殴り飛ばしたところは爽快感でした。

私も、はるかと同じ気持ちでしたよ。

女性の気持ちを考えず、ピュアでけがれなき聖母のように見ている暇あるなら、永久に可愛くてずっと裏切らない、アニメの初音ミクみたいなバーチャルアイドルにはまってろって思いました。

真由はクライマックスで、清水の妻が、妊娠しそうになってお腹の痛みを訴えている所に遭遇して介助。

清水には彼の妻のお腹の命が無事、生まれてきてほしいと思ったこと、そして、自分は同じ病院にいるけど、自分は清水から身を引くことを決意して別れを伝え、踏ん切りをつけたのでした。

スポンサーリンク

白衣の戦士第5話みどころ:芸能人患者に心ときめくナースたちの女子力アップ?!

そんななか、イケメン俳優の患者がはるか達の病院に入院してきます。

貴子(鈴木紗理奈)、雪乃(小松彩夏)は、いつもは動きやすい服装を心掛けてパンツスタイルを貫いていますが、その患者が入院してくることが分かるな否や、はるかと同じスカートスタイルにする可愛さも見どころでしたね。

イケメンに気合入り過ぎる女子メンバーが、真由に怒られるところをはるかがしめしめって子どもみたいに思っているところはなんか気が抜けて笑えました。

でも、はまなかさんは特に何も進展がありませんでしたね。

しかも、人気俳優と同姓同名の一般人って・・・。

進展というのは、はまなかさんが難病だとか手術が今すぐ必要だとか、これまでの患者のように家族と距離があって、はるかが心の問題にまでお節介を焼くのではないかな?ってかなり期待していました。

真由の不倫騒動にプラスして、はるか達が助けなければと焦るキーパーソンだと思っていました。

はまなかさんの存在って結局は、はるか達が心ときめいていたものの、イケメン患者でないという結論が出て終わるコメディ要素シーンだったのか・・・。

これまで、はるかや夏美が関わってきた患者のように、もう少し、人物として描写があってほしかったですよね。

スポンサーリンク

白衣の戦士第5話感想まとめ

イケメン俳優と思われていた、「はまなかてつや」は全然、イケメンでないどころか、同姓同名の名前の一般人。

真由は清水と不倫をしていて、3年間誰にもばれずに交際を続けていたが、清水の妻の妊娠を知って、はるか達女性ならではの共感やフォローもあって、踏ん切りをつけて清水と別れた。

はるかは斉藤と良い感じになると見せかけて、斉藤が鈍感ではるかを異性として意識していなくてむしろ、気の許せる同僚レベル。

雪乃の彼氏の浮気問題に、はるかが人情ぶりを発揮!スカッとした展開になりました。