民衆の敵第6話の感想&ネタバレ!ワタナベ(藤堂)と莉子の関係が終わる!?

民衆の敵の第6話の感想を書いていきたいと思います。(ネタバレ注意!)

前回で第1章が終了しましたが、今後の展開が気になりますがその序章となる第6話はどんな展開だったのでしょうか?

気になる民衆の敵をネタバレを含みながら感想を書いていきます!

スポンサーリンク

民衆の敵第6話の感想!

おおおっ出だし、佐藤智子(篠原涼子)が市長!?

気になりますね!

さて、前回智子気になって始めたあおば市議会の汚職疑惑は、河原田晶子市長(余貴美子)へと話が及び、それを自分のみの責任だと秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られてしまいました。

せっかく望月と仲良くなり、彼が市長にどれほど尽くそうとしていたか知っていた智子は、本当にそれでいいのか全く納得がいきません。

しかし、望月の責任に擦り付ける様な発言をした河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで、自身の身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶと言い出します。

誰もなくなった望月を惜しみもせず、次の選挙に盛り上がる議員たち。

そして市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すかでした。

平田和美(石田ゆり子)が記者として犬崎派に参加している智子に内情を聞くと、あっさり自分が頼まれたと口に言ってしまいます。

そう、犬崎は望月の死を惜しむ智子に、自分がそんな政治を変えてしまえばいいと、立候補を進めるよう言ってきたのです。

同じ女性候補でも、もう政治の来たいモノに慣れてしまったイメージが付いた河原田より、何も知らない無垢なイメージさえある智子を候補にすることで、交換を得ようと言う事でしょうね。

それを聞いた和美に、犬崎の操り人形にされるだけだと忠告される智子でしたが、もちろん、あまりに怪しいその誘いに、なにか裏があると踏んで断ったと答えました。

和美は怪しみながらも智子に少し期待を感じます。

さて、選挙はとりあえず置いて、智子は市民の声を一つずつ解決しようと働いていましたが、中々上手くはかどらずにいるようです。

上手く陳情を生かしてもらいたくて、役所に頼んでも適当に受け流されることが理解出来ず悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話すのでした。

ここでそういう話に流しちゃうんだ藤堂は、やはり智子が出る方が面白さを感じているのかもしれませんね。

しかし智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼みます。

自分より何事も難しい事を知っていてそれを小難しく口にしてくれて、何より自分の言う事に何かと協力してくれる藤堂に、是非出てほしいんでしょうね。

けれど藤堂は智子の方が良いと思う返されてしまうのでした。

藤堂も父親との確執が深く重いようですね。

莉子と会うために取ってあった部屋に兄が訪ねて来て、もう会うなと強くなじられてしまいました。

政治家の息子として生きる自分の苦しさからまだまだ抜けられないようです。

智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介されるます。

早速、智子は富田とともに陳情元に出向く事に。

前向きな対応をしてくれる富田。

しかしそんな富田が犬崎に智子を甘やかして市長にと差し出されたのだろうと智子は「大変ですね」と返します。

そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明します。

和美たち新聞社の面々や、同期の岡本遼(千葉雄大)園田龍太郎(斎藤司)小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を思わずにはいられないようです。

智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始めました。

親切な対応をしてくれる富田を紹介してくれたり、ここまでしてくれるのかと智子が犬崎に尋ねると、彼はまだ市長にすることを諦めてはいないと答えます。

智子は犬崎の狙いが見えず戸惑います。

しかし犬崎は孫の写真を見せて、自分なりにあおばを良くしたいのだと言ってくるのでした。

彼の甘言だと思いつつ、みんなを幸せにする事が自分の仕事だと考える智子は、悩み惑います。

河原田も望月のことに、少なからず心を痛めているようです。

自分の進む道にともに信じて歩んでくれたと思っていた望月の間違いを上手くただせなかった自分さえ、苦しんでいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ついに智子は市長に立候補します。

夫の公平(田中圭)にも説明せず市長に候補認め、二人の間に亀裂ができたようです。

相談してもらいたかった公平の思い、ずっと一人で悩み過ぎて答えが判らない智子。

家族のために市議になったのに、人の幸せさえも望んだため、何かがずれてしまったようです。

和美も犬崎に利用されるだけなのにと、智子の選択を責めます。

自分の力で進んでほしかった智子が、犬崎に利用取れ、その犬崎に乗っかることで利用しようとする智子が、今まで知っていたバカだけど真っ直ぐな智子じゃないみたいに見えるのでしょうね。

公平にも和美には責められた智子は、藤堂に背を押してもらいたくて本音を零します。

色んな人に支えられながら生きていた智子は、今の時代人に支えても貰えない、孤独な人たちがたくさんいる事に気付いた智子は、そんな世の中を何とかしたいと市長に立候補した理由でした。

権力が欲しいと望むのでした。

世の中いい人がたくさんいる。

そんな人たちを支える権力が欲しいと言うのです。

貴方らしい答えだと言う藤堂。

公平も智子の事を信じると選択し、和美は理解出来ないけれども、彼女の今後を見ていきたいと思っているようです。

理想を掲げ、理想を叶えたいと強く語る智子を河原田にはどのように映っているでしょう。

そして二週間後。

智子は市長に就任するのでした。

ドラマの出だしですね。

河原田は「私は貴方の味方よ」と呟き去ります。

犬崎に政治の甘さと厳しさを匂わされた智子。

和美も犬崎を政治家として許せない思いから、智子を追い詰める質問をします。

藤堂は莉子に別れを告げてしまいました。

さて、智子も藤堂もそれは正しい選択であり、幸せになるための努力なのか。

これから気になりますね。