『監獄のお姫さま』第6話の感想とネタバレ!「よくやったクドカンーーー!!」小泉今日子、変わらぬアイドル美声に視聴者大興奮!

小泉今日子さん主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)第6話が、11月21日に放送。

今回は、息子を奪われた「姫」ことしのぶ(夏帆さん)に、「婚約者が別の女性と極秘入籍」という悲報が訪れた時のエピソードが放送。

この作品は、宮藤官九郎さんの脚本で、5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”です。

主人公の女囚・馬場カヨ(小泉さん)が、冤罪で服役している大手乳製品メーカーの社長令嬢・江戸川しのぶの復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかりさん)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂さん)、大門洋子(坂井真紀さん)、足立明美(森下愛子さん)と、出所後に大手乳製品メーカーの現社長・板橋吾郎(伊勢谷友介さん)を誘拐しました。

吾郎は、社長の座に就くためしのぶと交際し、兼ねてから付き合っていた女性を殺害、しのぶに濡れ衣を着せた悪者です。

ドラマでは、カヨたちが誘拐事件を起こす2017年の現在と、5人が服役していた2012年からの過去を交互に描かれていて、今回は、吾郎が別の女性と極秘入籍していた時の話を中心に展開しました。

監獄のお姫さま第6話の感想!

前回は、吾郎との間にできた赤ん坊・勇介を出産したしのぶが、女子刑務所に戻って来ました。

しのぶは、吾郎に勇介を奪われないため、母・民世(筒井真理子さん)に今後の養育を託すも、何と民世は、吾郎と共に勇介を連れて帰ってしまったのです。

クライマックスは、実母と元婚約者に騙されたことを知ったしのぶが動揺。

夏帆の迫真の演技を見た視聴者からは、「夏帆はいい役者になったなぁ」「夏帆の可愛さと女優としての凄さに気付かされる」「夏帆の表情に泣けた」「夏帆ちゃんの泣きの演技は素晴らしい」と絶賛の声が集まっていました。

そして今回、獄中の皆せ可愛がっていたため、“勇介ロス”に苦しむカヨたちは、息子を失ったしのぶを元気づけるために必死になりました。

そんなある日、千夏の元に「板橋吾郎極秘入籍」「息子はすでに1歳半!」という写真週刊誌が送られて来たのです。

その記事を見て、千夏たちはしのぶの立場を心配。そんな時、釈放されたはずの元受刑者・悠里(猫背椿さん)が刑務所に戻って来たのです。

一方、時は2017年12月24日。大手乳製品メーカー・EDOミルクの社長室では、吾郎が誘拐されてから音信不通だった秘書・ふたばに疑いがかかっていました。

ふたばの元には、吾郎の妻・晴海(乙葉さん)から電話が来ます。

ふたばは、「自身もカヨたちに誘拐され暴行を受けている」と説明。

電話を切ると、カヨたちに「社長室に戻る」と話し、怪我をしている風に事務所に戻ったのです。

小泉今日子が歌う!?豪華さが話題に!

そして、また監獄での話に戻りました。

監獄では、歌手の前川清さん(本人)が女子刑務所に慰問に訪れ、カヨはデュエットするシーンも登場しました。

元アイドルのキョンキョンの歌声に、往年のファンからは「キョンキョンと前川清さん、すばらしいー!よくやったクドカンーーー!!」「キョンキョンやぁぁぁ!声キョンキョンやぁ‼」「キョンキョンと前川さんのデュエット!!愛のさざなみ」「豪華じゃない?キョンキョンと前川清のデュエットって(笑)」という声が多数あがっていた。︎

そして、新たな受刑者としてあびる優さん演じる田中幸子も登場し、新展開を迎えていました。

それは、監獄で吾郎への復習をカヨが提言し、みんながそれに賛同したのです。

そこから、計画を練り、実際に誘拐するまでの話に差し掛かっていくのですが……。

監獄のお姫さま第7話のあらすじとは!?

第7話ですが、エドミルク社長室では、若井 (満島ひかりさん) が刑事の池畑 (米村亮太朗さん) から 吾郎 (伊勢谷友介さん) 誘拐に関する尋問を受けていました。

「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は……。

2014年、自立と再生の女子刑務所に 長谷川 (塚本高史さん) がタキシード姿で、カヨ (小泉今日子さん) の面会にやってきました。

獄中結婚を前提とした獄中交際を申し込む長谷川に、動揺を隠し切れずドキドキするカヨ……。

一方、雑居房では、カヨ達の吾郎捕獲作戦会議を始めますが、おばさんたちの妄想トークが広がるばかりで中々具体的な実行計画まで進みません。

しかし、吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ (夏帆さん)・洋子 (坂井真紀さん)・明美 (森下愛子さん)・千夏 (菅野美穂さん) たちは猛勉強を始めるのです。

ある日、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催され、カヨと千夏ペアがバトミントンで優勝、卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿さん) とオバケ (あびる優さん) ペアと対決します。

そんな中、刑務官の北見 (河井青葉さん) から洋子の刑期終了を突然伝えられるのです。

2017年。アジトでは、洋子が吾郎に自分の服役した理由から刑期満了までの話を語り出します。

洋子の過去はあまり語られたことがなく、吾郎と共に耳を傾けるカヨたち。

実は同室で一番古株だったという洋子が犯した罪についても明かされるです。その内容とは?

監獄のお姫さま第6話のネタバレ!別視点!

勇介ロスと“姫ママの決意!仲間達は復讐に燃えて・・・

「絶対にあいつ=吾郎。には渡さないで」と、母に獄中で伝えた、“ヨーグルト姫”こと、しのぶ。

しかし、母は、しのぶの愛息子、勇介を実父の、板橋吾郎に引き渡させざる得ませんでした。

前回、父とは知らず、母、しのぶや母親代わりのカヨ達と引き離された状況に泣き叫ぶ勇介の姿を見て、涙腺が緩みませんでしたか?私はもう涙が止まりませんでした。

いたたまれなかった5話でしたが、勇介としのぶを守れなかったカヨ達が、板橋吾郎に仲間の無念を晴らすために現在の状況に話が進行していくところに注目してみてください。

勇介を連れて行かれてから数日間は、勇介を失ったカヨ達女囚と、彼の実母である、しのぶのメンタルが崩れていく姿が・・・。

カヨ達よりも発狂していく、しのぶの姿に、刑務官のふたばも気持ちを汲み取りつつも敢えて普段通り、厳しく接するしかありません。

千夏が、勇介について吾郎の恋人で、現在は勇介の「母」として子育てに奮闘する晴海が勇介を育てている現状を知ります。

カヨや明美、しのぶは激しい憤りを胸に秘め、ただでさえ混乱期のなか、刑務所で慰問コンサートが行われます。

さらに、カヨ達はある大御所歌手が刑務所に来た際にしのぶを励ますきっかけを思いいて・・・。

あびる優さん演じる新キャラ、新しい刑務所仲間、田中幸子が加わります。

彼女は通称、お化けと呼ばれており、姉御こと、明美の元組員でした。

更に、幸子は明美に彼女の夫で組長の徹也が若い女性と再婚して、新規で組を立ち上げたことを聞かされ・・・。

また、仮釈放をされた、“シャブ厨”こと、悠里が刑務所に戻ってきてしまい・・・。

社長室では、吾郎が誘拐されてから何故かふたばと連絡が取れないことに違和感を感じていました。

そのふたばですが、予告編にもあったように何故か怪我をしていて、一体彼女の身に何が?!

これまで、カヨ達が今の板橋誘拐計画を思いつくきっかけと、爆笑ヨーグルト姫事件を紐解く事実が明らかになってきましたが、それがクライマックスを迎える予感です。

荒ぶるおばさん女囚と今後の展開に注目!

冒頭から、めっちゃ心が痛みました・・・泣き叫ぶ勇介と引き離された、しのぶ。

そして、カヨ達女囚とふたばによる板橋への恐怖の尋問が始まりました。

みんな、至るところに勇介が・・・勇介ロス半端ない・・・確かに彼の存在はカヨ達やしのぶにとってとても大きな存在で、天使そのものでしたからね。

カヨ、空気読め!志村ー!後ろー!と突っ込みたくなる姫の影薄さは切ないです。

さすがにふたばも厳しく怒りませんね・・・これからは時々女出してくって彼女もカヨ達の心を汲み取ってるところはホッとします。

カヨ達のお気に入り番組「この恋」にて、阿佐ヶ谷姉妹が恐すぎるんですけど!温厚な2人がまさかのブラックな役を熱演し、そちらも面白味がありました。

ふたば先生・・・壊れた・・・わざととはいえ、発狂しすぎですが、壊れっぷりが何だか爽快感を感じさせました。

ばばあがうるさくて逆探知できませんってそれはないでしょう。

板橋の洗脳が最強すぎて怖かったです。

彼の頭の回転の速さと行動力、表面的な「紳士」にしか見えない”神対応”ぶりに、詐欺師のような話術があると思います。

悠里と板橋の意外な接点と板橋の詐欺師ぶりが加速していて笑いが止まりませんでした。

その甘いマスクで何人もの女性をひっかけて心を利用してきたんでしょうか。

長谷川君、くどい!カヨは検事の長谷川を完全スルーして息子とのコミュニケーションを優先します・・・やはり、どこにでもいる平凡な母ですね。

カヨの息子の「ある行動」が本日の涙腺崩壊ものでした。

いい子過ぎて、あんな子どもいたらいいなって視聴者の皆さん思いませんでしたか。

カヨの愛情たっぷりの子育ては子どもの心を突き動かし、同世代の男の子よりも成長しているのが伝わります。

厳しさ故の人への愛情が大きいふたば先生、今日もネットで話題性になるところ間違いないです。

本人役で登場した前川清さんが、暗い雰囲気の刑務所に光を灯したかに見えましたが、対照的に子ども達の合唱は女囚達の勇介ロス再び・・・!公開処刑でした。

ヨーグルト事件に繋がるラストカウントダウンと今後は?!

カヨの爆弾宣言が過去と現在を繋ぎましたね。

オールフォーワンワンフォーオールですよね、今日も愛と絆が最強でほっこりさせられました。

カヨ達は冤罪を晴らして、本当の意味で心の底から笑い合えるのでしょうか。

そして、ラストの検事、長谷川のど天然すぎる告白と、カヨ達の味方であるはずの若井ふたばがどこか怪しげな雰囲気で・・・?!クドカンさんの巧みな演出や脚本はどこまでも視聴者を引き寄せます。

ふたばはカヨ達にとっても心強い存在のはず・・・しかし、来週放送の7話では衝撃の新章の幕開けの予感です。

スポンサードリンク