『監獄のお姫さま』第5話の感想&6話のあらすじ!「裏の主役」満島ひかり、“切れ芸と機転”の演技が絶賛「ドSぶりが好き」

小泉今日子さん主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)の第5話が、11月14日に放送。

今回は女子刑務所の「姫」ことしのぶ(夏帆)が無事出産するエピソードだったのですが、中でも、満島ひかりさん演じる“先生”の演技に注目が集まっていました。

この作品は、宮藤官九郎さんが脚本。

5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”です。

主人公の女囚・カヨ(小泉さん)が、冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆さん)の復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかりさん)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂さん)、大門洋子(坂井真紀さん)、足立明美(森下愛子さん)と、出所後にある大企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介さん)を誘拐。

その誘拐事件を起こす2017年の現在と、5人が服役していた2012年の過去を交互に描いています。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま第5話の感想!

舞台は2017年。

吾郎が行方不明になってから3時間が経過しようとしていた時を過去とフィードバックしながら描かれていきました。

そんな中、弁護士は動画サイトで吾郎の姿を発見しました。

それは、カヨたちが“爆笑ヨーグルト姫事件”の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものでした。

再審の難しさを訴える検事の長谷川(塚本高史さん)に、若井は食って掛かります。

一方、話は2012年に戻りました。

女子刑務所では、若井からしのぶの出産と悠里(猫背椿さん)の仮釈放決定の知らせを受け、カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていました。

そんなある日、美容資格取得のガイダンスが行われました。

カヨは受刑期間が長いので可能でしたが、受刑期間が短く受講を諦めた洋子(坂井さん)と明美(森下さん)は、しのぶの子ども・勇介のため、ベビーシッターに興味を持ったのです。

また、唯一美容免許を持つ若井が美容担当を兼務することになりました。

カヨは、そこで若井が美容師の資格を取得したいきさつを知りました。

スポンサーリンク

若井の過去が語られる?

それは、昔、岩井が少女だったことに通っていた美容室の話をしました。

当時、彼女が通っていたのは、女子刑務所にいたある女性だったのです。

その頃、幼いまでもその女性の状況がわかっていた岩井。

その美容師が突然いなくなった時は、悲しんだが、裏を返せば、シャバに復帰できたということです。

しかし、彼女は再び美容師として戻ってきたのです。

喜ぶ岩井でしたが、それは再び彼女が外で罪を犯して戻ってきたことになります。

しかし、そんな彼女の美容師としての腕に憧れた岩井は、免許をとったのでした。

そんな中、姫が子どもと一緒に戻ってきたのです。姫は、刑務所内で子どもみることを希望。

そのことを所長に進言しました。そこで、岩井がその進言に立ち会いましたが、そこで急変しました。

「冗談じゃない! こっちはオトナの面倒だけで精一杯なんだよ。万引き犯に、シャブ中!! 自己中のシ○ブ中! 休み取りたいわ。休み取ってジェラート食べたいわ。労働基準法守どうなるんだよ」と怒りを露わに。

しかし、その直後に、子どもを育てることで、受刑者も変わるし、「いいことだと思います。育児モデルケースに」と穏やかな口調でフォローしたのでした。

そんな急転直下な満島ひかりさんの演技に「満島ひかりのキャラが濃すぎていい!」「満島ひかりのドSぶりが好きだわ」「突然キレる満島ひかりの演技好き」「本日も先生キレキレ“切れ芸と機転”」「愛のむきだしの満島ひかりは神レベルの可愛さ」「裏の主役は満島ひかり」と注目を集めていた。

その後は、獄中での勇介の成長の過程が描かれました。

歩きはじめ、話し始め……。

徐々に刑務所内も変わっていき、受刑者全員が勇介の成長を見守るようになっていったのです。

刑務所内で子どもが育てられるのは、1年半。時はあっという間に過ぎ、勇介と別れの時がきてしまいました。

しかし、引取に現れたのは……板橋吾郎(伊勢谷友介さん)だったのです。

ネット上でも「吾郎〜〜!!!めっちゃ悪い顔した!許さん!」「こんなにイケメンをぶん殴りたいと思ったことないわ…」と感情移入する視聴者が続出していました。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま第6話のあらすじですが…

女子刑務所に勇介を迎えに来た しのぶ (夏帆さん) の母・民世 (筒井真理子さん)。

しのぶは民世に勇介を託したはずだったが、車から降り立ったのは民世と吾郎 (伊勢谷友介さん) でした。

そして、勇介は吾郎に連れて行かれてしまったのです。

勇介ロスに苦しむカヨ (小泉さん)、洋子 (坂井さん)、明美 (森下さん)、千夏 (菅野さん) は、一方でしのぶが心配でたまらない。

そんな中、千夏はマネージャーから送られた週刊誌の中に、吾郎が晴海 (乙葉さん) と極秘入籍し、さらに息子はすでに一歳半であるという記事を発見します。

そんな時、釈放されたはずの悠里 (猫背椿さん) が刑務所に戻ってきて……。

一方、2017年12月24日。社長室では、吾郎が誘拐されてから音信普通の若井 (満島さん) に疑いをかけてきました。

晴海から連絡を受けた若井は、社長とともに自身もカヨたちに誘拐されていると説明。

そして電話を切ると、カヨたちに社長室に戻ると話すのですが……。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま第5話のネタバレ!別視点からも考察!

ついに明らかになった勇介の出生とヨーグルト姫事件の奥深さ

勇介が板橋の実子でありながら、母親は姫こと、江戸川しのぶだと発覚し、急展開を見せた、監獄のお姫さま5話です。

カヨ達は獄中で勇介が1歳半を迎えるまでは、しのぶと共に彼を育てることを決意します。

深い事情で刑務所にいる実母とその仲間達という特殊な環境に生まれた勇介が今後、健やかに優しい子でありますようにって願いたいですね。

しかし、刑務所の規則で1歳半を過ぎると、児童養護施設へ預けるなど母子を引き離す選択をとらなくてはなりませんでした。

しのぶは実母に全てを打ち明けて、勇介を預かってもらう事を頼むのですが・・・・・。

カヨは、「絶対に勇介を守って見せる!」としのぶに約束し、明美や千夏、洋子らと協力しながら、子育て体験をします。

しのぶはカヨに「絶対にあの人=板橋吾郎には渡さないで!」と懇願します。

幾ら実の父親とはいえ、爆笑ヨーグルト姫事件に深く関係し、真犯人の疑いがある板橋は勇介をちゃんと育てられるかとか、危害を加えないか心配だったのではないでしょうか。

しのぶの母は勇介を迎えに来ます・・・彼女が起こした仰天の行動とは一体?!

吾郎は行方不明になってから3時間が経過し、弁護士は監禁されている彼を動画で発見します。

カヨ達は爆笑ヨーグルト姫事件のやり直しを要求する為、吾郎に文面を読ませ、その行動に再審する事の難しさを口にする検事、長谷川に対し、反論する若井ふたば。

勇介の子育ての前に受刑期間が長いカヨは、刑務所内で受けられる講座の中から美容師を選び、明美、千夏、洋子はしのぶの為にベビーシッターの講座を受けることにしました。

若井は美容師の資格を持っていて、その経緯をカヨは知る事になります。

迎えに来たしのぶの母、そして、母子の涙の別れ・・・カヨ達が疑似母となり、一人の孤独な母を助けるべく奮闘します。

長谷川の登場と彼自身もカヨ達に縛られて人質状態・・・カヨとしのぶの現在と過去を行き来しながら、爆笑ヨーグルト姫事件の新たな真実もまた明るみになってきます。

そして、極めつけは何故、勇介が板橋の元に渡ってしまったのかということです!怒涛の展開に大注目してください。

疑似ママとリアママの獄中子育てや如何に?!

勇介の可愛さにはやられますよねぇ、小悪魔的な部分と素直で自由人な勇介は萌キャラですよ。

板橋はおばさんに誘拐されて・・・って脅迫文を無理やり読まされていて切なかったです。

いちいち、「おばさん」に反応するカヨ達と、ふたばに「今度遅れたら懲罰」って逆襲するところは笑えました。

しゃぶ厨の自立と「更生」への一歩・・・社会への扉を少し開いた彼女の新たな道を、カヨ達同様、応援したくなりましたね。

仮釈放された彼女を迎えに来た娘とその恋人と思われる若い男女と、しゃぶ厨との微妙な距離がどこか切なかったです。

所長・・・やばい、凍り付きましたよ、もう!何をひっそり買ってるんだ何を!と突っ込みたくなる刑務所の上層部の実態でした。

ふたばの過去と「仮釈放」の言葉の意味を知った深さ・・・姉のように優しくしてくれた美容師の真実の姿を知って、美容師の資格を取り、刑務官になったとは・・・奥深いです。

所長・・・なんと酷な質問を笑顔でしてしまったんでしょう。

笑えと言われても無理でしょう・・・姫こと、しのぶは刑務所に拘置された時から情緒不安定でしたからねぇ。

若井先生、ブチ切れ!刑務官の仕事の多忙さや、オンとオフの切り替えの出来にくさが伝わりました・・・社畜お疲れ様と言いたい。

でも、母性の芽生えで受刑者達の自立へ繋がるのではないか、刑務所の評価も上がるのではないかと提案してきた時は、ふたばって要領いいなって思いました。

申し出札を出しながら、ふたばの後輩の協力を得ながら、カヨ達は一生懸命、勇介を育てます。

カヨの旦那・・・めちゃくちゃ優しい夫のふりして前回も最低ぶりでしたね。

漫画家の蛭子さんを思い出すへなへな笑いをしながら、本当はカヨの事を認めてない節が伺えます。

クリスマスに思い出す、カヨが家族と過ごした穏やかな日常と刑務所にいる現実が心を突きました。

息子がいるカヨだからこそ、勇介に美味しいケーキを食べさせてあげたい!普通のクリスマスを経験させられたらって母心が動いたのではないでしょうか。

思い出話に興じているカヨ達に対し、刑務所でのマンネリ化した日常を、勇介を育てることで現実逃避していたのではと冷たく言い放つ板橋の意見も一般論としては納得させられますね。

刑務所で暮らす決意をした姫の若き母としての意志は、親としての覚悟、信念が感じられました。

勇介クイズという笑い要素と共に展開されていく勇介の出生と、カヨ達の繋がりの原点が明らかになりました。

「点検」だって!うわぁ・・・勇介、環境が生み出す子どもの可愛さに癒されました。

私達は子どもの記憶に残ることすらできないんですか?と訴えるカヨ・・・勇介を誘拐した時、勇介が忘れてくれてよかったけど、寂しかったという言葉は心に突き刺さります。

塀のママと可愛い坊や・・・本当なら勇介ぐらいの子どもは、お母さんと毎日過ごせるはずなのに・・・って思い、涙腺崩壊しました。

今までの「監獄のお姫さま」史上一番の「神回」なので、まだ見ていない視聴者の方、必見です。

しのぶママが下した切なすぎる決断に、施設よりは、勇介が「家庭」に落ち着けるのかなと複雑な心境でした・・・難しいところですね。

必死に頼んだしのぶの最後の綱を切ったしのぶママは、勇介を思い、娘が拘置所にいる現実にかなり悩んだ末の選択だったのではないかと思います。

勇介の出生編完結!今後のカヨ達の動向は?!

カヨ達は今後、板橋を再審に繋げられるように奮闘するのでしょうけれど、彼は再審の結果、逮捕されてしまうのでしょうか。

もし今後展開していくなかでそうなったら、勇介のメンタルが心配ですね。

次回はなんと、大御所演歌歌手が登場し、勇介が奪われたことで再び明るさを失ったふたばを笑わせる為に、カヨ達と協力します。

更に、壊れゆくしのぶの狂気と、若き”わけあり”母を熱演する夏帆さんの目が離せない演技にも、3話同様注目してほしいです。

ふたばが荒れ狂い、カヨ達の恐怖の尋問がノンストップ?!来週もお見逃しなく。