ドクターX第4話の感想まとめ!婚活パーティの乙女は只者じゃなかった?!

それでは、先ほど終了したドクターX第4話の感想まとめていきたいと思います。

今回は仲里依紗さんが登場していましたね!

まとめてみましたので、ごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

ドクターXの4話の感想書いていきます!

東帝大学病院の若き外科医で、ドクターXの過去シリーズにも登場してきた森本光。

婚活パーティに参加した彼は、ある女性と婚約を約束する仲に即発展してしまいました。

彼女が後日、何故か、東帝大学病院に森本を訪ね、結婚式場の予約ができた事を報告してきます。

他の医師達も森本の早すぎる幸せムードに和みますが、彼女は森本の前で突如倒れてしまうのです!女性の正体を知った森本や他の医師達の動揺に注目してみて下さい。

その場で駆け付けた未知子が素早い対応で女性が重い肝臓がんを患っていると発覚します。

しかも、彼女の病気は極めて難解で、自己再生可能な肝臓しか残せない状態でした。
手術前カンファレンスにて、その女性の名前が発表された時、医局が一斉にざわつきます。

苗字が内神田なので、海老名はいち早く気付き、ドキッ!とただならぬ予感を感じて、その女性に直接素性を聞いたところ、見事に的中します。

森本が婚活パーティで出逢ったその女性は、蛭間さえもひれ伏す、日本医師協会の会長、内神田景信の前妻との娘、四織でした。

内神田といえば、蛭間よりも権力があり、穏やかな低音の声に似合わず、何を企んでいるか掴めない影の“帝王”で、東帝大学病院にとってはビッグネームです。

四織の手術を任される仕事は、病院の評判に関わる重要な役割だと発覚しました。

蛭間は早速、3タカシこと、海老名、猪又、鳥井に手術を担当する事を頼みますが、四織が「森本先生以外の手術は絶対受けない」と言い放つ始末。

森本は自分の手術の腕に自信がなく、まして、東帝大学病院の全てにおいて責任感のある四織を担当するという事は彼にとってかなりの重圧的現状でした。

そこで、どんな難解な手術も技能で手早くかつ、患者の体に影響なくこなせる、未知子に手術を頼む森本ですが・・・。

スポンサーリンク

仲里依紗さんの豹変ぶりがすごい!

仲里依紗さんは今年の夏に放送されたドラマ、「黒革の手帖」での演技が好評なのも記憶に新しいと思います。

仲さんの役柄は、武井咲さん演じる元子とキャバ嬢になる前に派遣で銀行員として働いていた時の元同僚です。

元子の誘いで、彼女が働くクラブ、「カルネ」で働く事になりますが、お水の世界で働くようになった波子は次第に新しい自分を発見して目覚めていきます。

「カルネ」を辞めてから、同じビルに個人店を出す事を元子に阻止された時の対抗心を剥き出しにした演技は、視聴者の心をグッと掴みましたね。

  • “仲里依紗の逆襲に釘付け!相変わらずはまり役!”
  • “仲里依紗が完全に主役食ってる!”
  • “波子は華美な外見で毒々しい”
  • “やばい!黒革の仲里依紗から目が離せない!”

仲さんは元々、ファッションモデルですが、女優業としても光っていて、黒革の手帖以前では、「あなたのことはそれほど」にて、浮気をされる妻を演じたのですが、その時の可憐な役とのギャップに視聴者から称賛の嵐でした。

今夜は、逃げ腰な森本の精神的自立のきっかけとなるキーパーソンを演じますが、どんな役に“着替える”のか楽しみです!

スポンサーリンク

致しません!貫き通す未知子の真意

未知子は今日も大忙し!冒頭から手術シーン開始ですか・・・人に厳しく、的確な手術の指示が出来るところが最高にかっこいいですよね。

未知子に続いて若手医師達も「5時なので帰ります」って、労働気条件に関することを原守に言って、帰っていく計算高さとあざとさがクスッと笑えます。

原って、加地さんと飲んでいた時もそうですが、世の中に一人はいそうな一緒に飲んだら「めんどくさい」タイプの酒乱です・・・晶さんみたく、くわばらくわばらと言いたくなりました。

蛭間と内神田の「黒い」飲み会に画面が切り替わるところも、描写の切り替えが、楽しさとスリルを融合させている良い演出だと思いました。

仲里依紗さん出ました!未知子は「華やかさ」と「強さ」があり、仲さんは魅せる「可愛さ」のオーラがあって、女優としてそれぞれの味を生かした存在感が滲み出ています。

父は新しい家族がいるので、父に迷惑を掛けたくないって・・・今回はピュアで可憐な役ですね。

3タカシによるドリームドクターって・・・蛭間は相変わらず自分のメリットしか考えません。

調子に乗って患者の前でかっこつけて自己紹介する3タカシが今日も笑いを誘います。

蛭間の3タカシへの「オーダー」が今回も強烈でしたね。

まさか、「森本の協力をしてくれ」と、3タカシに土下座させるとは・・・。

激怒する原の塩対応と、優しい海老名さんの神対応の温度差が面白いです。

ドクターXの5期で、たまに毒舌な「ソンタクくん」の可愛さと的確にコメントする姿は今日も癒されました。

ドクターXでは、晶さんの愛猫、ベンケーシーがキュンとくるマスコットキャラですが、彼の次に視聴者を和ませ、海老名などの「御意軍団」に可愛さを武器に意見するところは独特の魅力だと思います。

未知子が森本に医師として精神的な自立をさせる為、厳しく突き放すところは、世間一般の社会人教育にも共通する部分がありますね。

「患者は治してもらいたくてここに来てるんじゃないの?!」スパッと言ってのける未知子の男前なところって惚れ惚れしませんか?人を見抜く鋭い観察眼、仕事での甘えを嫌い、相手が自分より立場が上であっても、はっきり意見しますよね。

この竹を割ったようなキャラクター性も未知子の魅力だと思いませんか?!

未知子が手術室に入ってきた時、オタクの「キター」のような反応を見ると、やはり、彼女は忌み嫌われつつも手術の腕はピカイチだとみんな薄々、未知子の能力を認めていることがわかります。

未知子が森本にすべてを一人で判断できるように、「致しません」、「どうするの?」を貫き通すところはしびれました!森本がインオペを下し、未知子もまさかの同意するシーンは今までにない展開に興奮が高鳴りました。

蛭間様の怒号と穏やかさを装った無言の圧力半端ないですね・・・海老名くん、今日もお疲れ様と言いたくなります。

未知子が再手術!おお、患者の肝臓の経過を見る為に、敢えて森本の指示に一度従っていたんですね。

口止め料、森本くんの教育料って・・・今日も請求書が破格の込み込みですね。

上機嫌の蛭間が内神田に四織の手術の成功を報告したら急展開の答えが返ってきましたね・・・え?!娘はいない?!四織の予想外の正体が発覚し、爽快感が残る斬新なラストだと思いました。

今回の仲里依紗さんが演じた四織はまさに、可愛さ余って憎さ100倍・・・と思わせる小悪魔な役柄が視聴者を楽しませてくれたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドクターXの感想まとめ!今年話題の時事ネタ満載の次週にも期待!

次週は、1話のような人工知能システムに、今年、世間の大注目となった某プロ棋士に便乗したストーリーが楽しみですね。

その棋士、五反田五郎を演じるのは、「トリガール!」にて、土屋太鳳さんとの共演で有名な俳優、間宮祥太朗さんです。

若年層に人気が高い間宮さんが「天才」として、未知子とどのように向き合うのか、何か共鳴するようなものを感じるのか注目してみて下さい。

未知子に過去のトラウマ?!「ある記憶」が蘇り、手術を成功させられるのでしょうか?次週の「ドクターX 外科医大門未知子」も乞うご期待。