巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のドラマ情報まとめ!注目のシリーズ第2弾がSPで帰ってくる?

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のドラマ情報をまとめてみました!

今回は、2016年10月ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない」の第二弾が、2017年10月のスペシャルドラマで遂に帰って来るという情報をつかんだので調査してみました。

そんな気になる「巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~」について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のドラマスペシャル放送決定!

引用:http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/36328958/index

昨年10月「巨悪は眠らせない~特捜検事の逆襲~」がドラマスペシャルで放送されましたが、その豪華キャスト共に2017年10月「巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~」として戻ってきます。

前回に引き続き、玉木宏さん演じる主人公・富永真一が今回立ち向かう”巨悪”は名取裕子さん演じる日本初女性総理大臣・越村みやび。

今回のテーマは「正義と正義のぶつかり合い」。

東京地検特捜部の正義と国会議員の正義。

片や法律を武器に、片や国益を守ることを武器にそれぞれが信じる正義を貫きます。

正義とは何か、国益とは何か、希望とは何か?

壮大なスケールで描く社会派ドラマです。

衆議院の解散が決まり、政治に注目が集まる中、日本初の女性総理候補がターゲットというのもかなりタイムリーな内容のドラマのため注目を集めそうです。

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~の原作はある?

m79436199334_1

引用:https://item.mercari.com/jp/m79436199334/

前作「巨悪は眠らせない~特捜検事の逆襲~」は真山仁さんの「売国」が原作となっており、その続編として発表された「標的」が今作の原作となっています。

「標的」は社会は長編小説で、日本が今まさに抱えている社会の病巣である介護・高齢化問題と向き合った作品です。

今回ターゲットとなるのは、国民に絶大な人気を誇る日本初の女性総理候補。

介護福祉改革に情熱を注ぐ大物議員がなぜ疑惑の的となったのか、その疑惑を追う検事の正義と国益のための正義どちらが勝つのか、原作とドラマではその結末が異なるそうです。

小説を読んだ後でも、その結末がドラマではどう描かれるのかまた違った楽しみ方ができそうですね。

スポンサーリンク

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~の放送日、放送時間まとめ!

・テレビ東京

2017年10月4日21時~

・テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送

2017年10月5日20時58分~

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のキャスト紹介!

  • 富永真一・・・玉木宏
    世間が注目する幼児誘拐事件で成果を上げた気鋭の検事で、東京地検特捜部へ抜擢されます。
    今回、日本初の女性総理候補・越村みやびを贈収賄の容疑で追うことに。
    3億円の黒いカネの流れは掴めるのでしょうか。
  • 神林祐太・・・勝地涼
    暁光新聞社のクロボーダー部記者。
  • 五十嵐鉄夫・・・萩原聖人
    富永を的確に補佐する検察事務官。
  • 岩下希美・・・羽田美智子
    東京地検特捜部の部長。
    富永の上司で気が強い一面も。
  • 藤山あゆみ・・・滝沢沙織
    東京地検特捜部の検事で、富永の同僚。
  • 楽田恭平・・・中村俊介
    医療コンサル会社「JWF」(ジャパン・ウェルネス・ファンド)社長。
    越村みやびへ賄賂を贈ったとされています。
  • 東条健介・・・田中哲司
    暁光新聞社の部長で、神林の上司。
  • 大塚有紀・・・黒川智香
    暁光新聞社の記者で、神林の同僚。
  • 富永一雄・・・田村亮
    富永の父で、京都の老舗和菓子や「富永」の和菓子職人。
  • 黛新太・・・柴俊夫
    現・内閣総理大臣。
  • 越村俊作・・・岩城滉一
    みやびの父で、「雪の鶴酒造」社長。
  • 羽瀬喜一・・・奥田瑛二
    東京地検特捜部の副部長で、富永の上司。
  • 越村みやび・・・名取裕子
    厚生労働大臣で、日本初の女性総理大臣候補。
スポンサーリンク

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のあらすじ!どんな内容?

有能で、名取裕子さん演じる国民から絶大な人気を誇る厚生労働大臣・越村みやびが民自党新総裁に選出され、日本初の女性総理大臣の誕生かと大きく報じられる一か月前、奥田瑛二さん演じる副部長・羽瀬から呼び出された富永と、滝沢沙織さん演じる藤山は、次のターゲットがこの越村だと言うことを告げられます。

というのも、羽田美智子さん演じる部長・岩下の元に弁護士宮崎と、医療コンサルタント会社「JWF」の元債務責任者片岡が訪れ、中村俊介さん演じる「JWF」社長・楽田が越村に賄賂を贈り、その見返りとしてライバル社の取り締まり強化と法改正を求めたと言います。

さらに、サービス付き高齢者向け住宅=サ高住を取り締まる法案「社会福祉健全化法案」を成立させようとしている、と。

富永は萩原聖人さん演じる五十嵐らと、宮崎と片岡の聴取を行います。

片岡が提示した証拠は、法案を通すために反対派を寝返らす資金として3億円を越村が要求する音声ファイルでした。

しかし、片岡は楽田と共に3億円を届けたが受け渡す現場を見ておらず、その他の聴取内容も不確定要素が多かったのです。

みやびの告発に執着する宮崎に、富永は違和感を覚えます。

ほどなくして特捜部は捜査の中止を命じられますが、富永は自分の責任で決定的な証拠を見つけるため捜査を続けます。

果たして越村みやびはシロ?クロ?

自らの検事生命をかけ富永が真実に迫ります。

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~のロケ地・撮影場所はどこ?

「巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~」は2017年8月上旬頃に撮影が行われたようで、いくつか目撃情報がありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

巨悪は眠らせないのロケ地情報:群馬県庁昭和庁舎

群馬県昭和庁舎の住所:

120624_101254_900

引用:http://takuan21a.blog35.fc2.com/blog-entry-2595.html

馬県前橋市にある昭和庁舎。格式高い洋館として知られています。

ここが『巨悪は眠らせない2017』のロケ地になったと前橋市が発表しています。

また、8月6日にここで玉木宏と勝地涼が撮影をしていたという目撃情報がありました。

 

前作「巨悪は眠らせない~特捜検事の逆襲~」でもこの場所はロケ地として使われました。

巨悪は眠らせないのロケ地情報:上毛新聞社

上毛新聞社の住所:

photo01

引用:http://factory.raijin.com/

こちらも前橋市のホームページでこのドラマの撮影が行われたと発表がありました。

JR上越線新前橋駅東口から徒歩1分の場所にある上毛新聞社。

おそらく暁光新聞社としてドラマで登場するでしょう。

スポンサーリンク

巨悪は眠らせない~特捜検事の標的~の見どころとは?

♦タイムリーな話題

先日衆議院の解散が決定し、次々に新党が結成され選挙戦が各地で始まっています。

東京都知事・小池百合子氏の今後の動向なども話題となり、初の総理大臣候補と聞くとかなりタイムリーな内容のドラマです。

実際に私たち国民には見えない、選挙を巡りその裏に隠れたそれぞれの策略や思惑が描かれ、フィクションとは言え、政治に注目が集まる今とても気になるところです。

難しいテーマと思いがちですが、検事と政治家と記者のそれぞれの正義がぶつかり合って、私たち国民はメディアからその情報を得ています。

タイムリーな話題で注目が集まる今だからこそ、正義とは何なのか、ということをこのドラマで考えるきっかけになるのではないでしょうか。

♦︎豪華キャストの演技

昨年に放送された前作のキャストから引き続いて出演されているのは数人ですが、時間を経て各キャラクターがどのように成長した姿を見せてくれるのかとても楽しみですね。

また、今作では名取裕子さん始め新たな豪華キャスト、そして新しいスタッフを迎え政策にも力が入った作品ですから、前作からどれだけステップアップした仕上がりになっているのかも気になります。

主演を務めた玉木宏さんは、「相手を自白させるセリフを、いかに役として崩せるか」が戦いだったと言います。

富永の成長した姿をどのように表現してくれるのか注目です。

巨悪は眠らせないの情報まとめ!

前作に続く作品となると、引き続き出演されるキャストの皆さんにも、新たに加わるキャストやスタッフの皆さんにも大きなプレッシャーがかかると思います。

しかし、フィクションで、エンターテインメントでありながら、その中にリアルなテーマがあり、私たちに問題を提起してくれるようなドラマに仕上がっていると制作陣が太鼓判を押す作品ですから、絶対に見逃せませんね。