『あいの結婚相談所』最終回の感想!総勢50名の大ミュージカルシーンに視聴者も拍手喝采!

main_pc

ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎さんが主演する『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜)が、9月1日に最終回を迎えたが、そのクライマックスでは山崎さんやヒロインの高梨臨さん、ミュージカル界のレジェンド、鹿賀丈史さん、前田美波里さんなどドラマのレギュラー陣が全員参加した総勢50名の大ミュージカルシーンが華やかに展開。

豪華な締めにインターネット上でも盛り上がりを見せていた。

あいの結婚相談所もついに最終回!

この作品は、2010年6月〜2016年「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化したものです。

山崎さんが演じる、入会金200万円、成婚率100%の「あいの結婚相談所」の藍野所長は、元動物行動学の准教授でもあり、何かにつけて見たこともない動物や昆虫の生態を例にとり、依頼者とお相手の性格や心理を分析。

時に「言葉を選ばずに言うと……」と依頼者らの触れてほしくない部分にまで切り込み、毒舌をぶっこんでくることもしばしばありました。

さらに、歌とダンスがなぜか好きで、その行動自体もどこかミュージカル調でもあり、キャラ立った藍野の世界観にハマる視聴者が初回から徐々に増えていました。

この「あいの結婚相談所」には、この6回の放送で数々の“ワケあり”相談者として豪華なキャストが出演してきましたが、最終回では、山村紅葉さんと黒川智花さんがゲストで登場しました。

スポンサーリンク

■最終回のお話

大企業「澤峰フーズ」の社長令嬢・香奈(黒川)が「結婚したくないんです!」と「あいの結婚相談所」へやってきました。事情を聞くと、会社の経営を立て直すため、母のあかり(山村さん)が一流ホテルの御曹司・児島(陳内将さん)との縁談を強引に進めているといいます。

父の睦行(おかやまはじめさん)は妻に頭が上がらず、香奈の相談に乗ろうともしません。

香奈は「安定した職業」「尊敬できる人」という条件を提示して、入会金の200万円を支払い、藍野にお相手探しを依頼したのです。

そんな香奈のために藍野が選んだお相手は、宮城県在住の公務員・長田(本多力さん)。が、その写真を一目見たシスター・エリザベス(高梨臨さん)は、イケてない見た目にがく然。

香奈も言葉を失ってしまう。どう見てもイケメン御曹司の児島の方が上だが……。

それでも香奈は長田とのパソコンでのお見合いをスタートさせました。

しかし、そこへあかりが乱入し、半ば強引に香奈を連れ帰ってしまうのです。

その頃、都築(鹿賀丈史さん)は藍野に、麗美(中村アンさん)に渡して欲しいと“あるモノ”を渡しました。

都築のこの意味深な行動は何を意味するのか?

あかりの妨害で縁談は破談かと思いきや、香奈はもう一度長田と話がしたいといいます。

再びパソコンでの見合いを始めた香奈と長田ですが、なんともいい雰囲気で会話が弾んでしました。

シスターらが意外な思いを抱いたその時、今度は児島が乱入してきたのです。

ちゃんと話を、という児島でしたが、香奈は逃げるように走り去ります。

すっかり落ち込んだ児島はシスターに香奈の説得を依頼。

イケメン児島に見つめられたシスターは胸が高鳴り、断ることも出来ず香奈の説得に!?

そんな状態が続き、長田に謝罪したい、という香奈の願いを聞いた藍野は、香奈を仙台へ連れて行き、特別に2人を引き合わせました。

実直な長田の人柄に触れた香奈は次第に長田に惹かれていきますが、一方であかりと児島は1日も早く結婚を、と香奈を無視して準備を進めます。

そして、あかりはついに長田の前で「あの子の幸せを思ってくださるなら、どうか身を引いて」と涙ながらに訴え、ショックを受けた長田は、香奈にメールで別れを告げたのです。

本当に結ばれないのか? 一人、歌いながら状況を思い巡らす藍野。

さすがの藍野も香奈と長田を結びつけることは出来ない?  そして、ついに香奈と児島の結婚式の日を迎えたのですが……。

スポンサーリンク

■結ばれた!?

結果からいうと、最後もちゃんと「結ばれました!」。

結婚式当日、香奈にスマートフォンが届きます。その画面には、リアルタイムで中継されている長田の映像が。

そこでは、なぜ、メールで香奈に別れを告げた理由を告げていました。

そして、すっかり香奈に惚れてしまい、「この先、どんな人を紹介されても、香奈さんと比べてします。僕は、影ながら彼女の幸せを願うしかいないのです」と。

その様子を見ていた香奈は、そこで結構をやめようと決意。会場を飛び出したのです。

すると、中継が行われていたのは、結婚式場の外。そこには、長田がいて、香奈と再会します。

そこに香奈の両親も現れましたが、父親からは、御曹司・児島との結婚は「辞めていい」と。その理由は、先方の方が会社の経営はあぶなく、あやうく騙されるところだったわけです。

そこで、長田との方が、香奈は幸せなれるという親心もみえ、二人は無事に結婚しようとなったワケです。

スポンサーリンク

■ミュージカルシーンオンパレード!

まずは、この二人の祝福に歌と踊りでお祝いします。

これで終わりかと思いきや、次は、空港でのミュージカルシーンです。

なぜ、空港かというと……。

都築(鹿賀丈史さん)が、海外から誘いがあり、日本を飛び立とうとしていたのです。

そこに、麗美(中村アンさん)も現れ、ようやく二人の関係がわかりました。

親子かと思われていましたが、二人はもと夫婦だったのです。

お互いの時間を尊重して別れたようで、藍野も「愛という邪な感情ほど美しいものはない」と話し、再び寄りそった二人をお祝いしようと、最後に総勢50名による歌とダンスが披露されたのです。

歌った曲は、番組テーマソングの「Congratulations」。レギュラー陣がどのパートを歌うかは、山崎さん自らが陣頭指揮を執って決定しました。

レギュラー陣の個性やミュージカルの魅力を知り尽くした山崎さんだからこそ出来る采配で、高梨さんや前田さんと絡みながら見せるキレのある山崎さんのダンスや、ミュージカルを積極的に取り入れてきた「あいの結婚相談所」だからこそ実現した壮大なミュージカル仕立てのクライマックスシーンの登場に、ネット上でも「ラストミュージカルパートきたー!」「終わっちゃうのか〜」「皆で歌うと更にいいね」「第2シーズンやるかな?」「やばい、泣いちゃう!」「最終回、一番好きかも」という声が多数飛び交っていました。

スポンサーリンク