『刑事7人』第8話の感想!矢田亜希子が倉科カナに強烈ビンタ「女=怖いを痛感」「最高の演技」

刑事7人

東山紀之さん演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿が描かれている連続ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)。

8月30日放送の第8話では、矢田亜希子さん、山口香緒里さんがゲストで出演。

平均視聴率は、10.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)でした。

刑事7人はもう3シリーズ目?

この作品は、第1、2シリーズ共に高評を博し、この7月から第3シーズンに突入しています。

この第3シリーズでは、東山さん演じる天樹悠の悲しい過去“妻子の死”が大きな山場でしたが、第6話からはもう1つの柱である臨海エリアの“闇の存在”に迫っていく姿が描かれていきました。

そんな中、今回の第8話のタイトルは「悪女」。

マーケティング会社の社員・井村遼(斎藤佑介さん)の昇進を祝うパーティーが行われ、主役を含む参加者3人が次々と倒れるという事件が発生しました。

その結果、井村は死亡。彼と同じ会社の社長・伊藤真理子(山口香緒里さん)と、個人投資家の原咲希(矢田亜希子さん)はなんとか一命を取り留め、病院へ搬送されました。

まもなく、何者かがパーティーの最中、立食用パエリアに毒物を混入したことが判明。

天樹悠(東山さん)ら「第11方面本部準備室」の面々は、SNSから拾い上げたパーティーの参加者リストをもとに、犯人を突き止めようと動きました。

そんな中、入院中の真理子から、ある証言が飛び出しました。

井村と咲希はパーティーで婚約を発表する予定だったというです。

さらに、天樹は参加者リストの中に、見覚えのある顔を見つけました。

それは上戸礼子(佐藤康恵さん)という女性で、天樹が現場検証のためにパーティー会場へ向かう途中、すれ違った女性でした。

しかしSNS上では、礼子はパーティー不参加となっています。

不審に思った「第11方面本部準備室」のメンバーは、さっそく礼子の身辺を探りました。

礼子の身辺を探っていると、彼女のSNSでの裏アカウントを知っている同僚から、礼子の裏の顔を知ることとなりました。「人のポジション取りやがって」「このままで済むと思うなよ」「みんな死ねよ」といった書き込みがされていたのです。

やがて、今回の被害者たちと接点を持つ“新たな不審人物”が浮上しました。

なんと、その人物とつながりのあった人間が、過去に2人も亡くなっていたです。

探れば探るほど、浮き彫りになる“うわべだけの人間関係”。

そんな中、天樹は関係者のSNS投稿の中に、事件のカギを握る“大きな嘘”を発見しました……という内容でした。

スポンサーリンク

■新たな不審人物とは?

それは、伊藤社長です。原と婚約していた井村ですが、以前は伊藤社長と交際していたことがわかりました。

しかし、一方的に別れを告げられていたのです。

なぜ、伊藤社長が怪しいのか?それは桃子という外交保険担当を使って、数々の男を調査していたのです。が、しかし、ほどなく伊藤社長は自殺してしまいます。

本当に自殺なのか? 事件は闇に……という状況でしたが、伊藤社長が握りしめていたスマホには、SNSに書き込もうとしていた文字「みんな、嘘つきばっか……」と。

スポンサーリンク

■他殺なのか?

天樹は「一番大きな嘘を見つけました!」と捜査を続行します。今回の事件には連続性があったと。殺された3人には、パーティーに行くという共通点があったのです。

天樹は原が犯人だといいます。その理由は?

天樹は彼女のMBA取得や外資系に勤めていたなどの華々しい経歴はすべて嘘だったと、指摘したのです。実際は、北海道の商業高校を卒業後、専門学校に通って状況。仕事は派遣でした。

本名も馬淵という違う名前だったのです。これまで殺害された男性と関係を持っていた彼女。

付き合いが深くなるほど、本当の経歴がバレていきます。

その都度、相手を殺害していったのです。

婚約までしていた井村に関しては、結構発表の時に、みんなの前で「君の本当の経歴を話すよ。でも、皆も大丈夫だと思う。なにせ、僕もかわらないんだから」というが、どうしてもばらされたくなかったのか、結果毒殺してしまったのです。

スポンサーリンク

■水田に強烈ビンタ

同じ女性として「わかるよ! 女の見栄は男ではなく、本当は周りの女に向いている。だから、あなたは自分を嘘で固めた……」と女性が女性に対しての見栄について共感しました「もういいんだよ」と。

しかし、私はみんなに希望を与えるために生まれてきた、だからみんなに見せてあげなきゃ。

みんな私に憧れているの。いいこと教えてあげるわ~、女は愛されなきゃだめなのよ。

なにか欲しいものがあっても絶対に自分で手に入れちゃいけない」と完全に頭が腐った発言をし、水田も「なにいっているの? だからあなたは、随分前に諦めたのね、本当のまま愛されることを」と図星の意見と突き刺すと、右手で大きく振りかぶってビンタ。

凄い音が響き渡り、ネット上でも「矢田亜希子と倉科カナのラストシーンは最高の演技」「矢田さんも倉科さんも、いい演技するんだねえ」「話は酷かったけど、矢田亜希子は絶品だったよ」「闘う女性は美しい」「女=怖いを痛感」といったコメントが飛び交っていた。

さて、これまで第2話から姿を見せなくなってしまった山下功(片岡愛之助さん)ですが、次回なにやら動きあるようです。

それは、番組表に片岡さんの名前があったことからも推測できます。

さっそくあらすじをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

■第9話のあらすじ

「第11方面本部準備室」のメンバー・山下巧(片岡愛之助さん)が拉致され、行方不明となって数週間――。

室長・片桐正敏(吉田鋼太郎さん)の独断による指揮のもと、天樹悠(東山紀之さん)ら「第11方面本部」の面々は、管轄する臨海エリアの薬物カルテルを摘発。

臨海エリアを裏で牛耳り、山下の拉致にも関与していると思われる大地主・馬久根恒義(山本學さん)を倒すべく、大きく動き出しました。

しかし、この動きを察知した警視庁内部監察官・島村唄子(久世星佳さん)は、以前こっそり偵察を命じておいた刑事・水田環(倉科カナさん)に再び接触。

片桐の不透明な動きを暴こうと暗躍する。

一方、天樹はホームレスを通し、「M」と名乗る人物からの書簡を受け取る。

そこには、謎のURLとログインパスワードが記されてました!いったい「M」とは何者なのか?天樹は訝しがるが、片腕がない男ということ以外、「M」に関する情報は得られない。

そんな中、刑事・青山新(塚本高史さん)は薬物カルテル摘発の裏情報源として協力してくれた、昔のワル仲間・久喜鉄平(米村亮太朗さん)から大きな情報を得ます。

それは、馬久根の利権を狙っている「御厨」という男の情報でした。

その矢先、馬久根が恐ろしい報復に出始めます。

手下の事件師・ロク(川口力哉さん)を使って、久喜と身重の妻を惨殺したのです!

しかし、馬久根が絡んだ証拠はひとつも残されておらず……。

さらに、不測の緊急事態が発生。天樹らの仲間だった刑事・永沢圭太を殺した死刑囚・丸藤遼平(音尾琢真さん)が、東京拘置所から脱走。

その直後、刑事・沙村康介(髙嶋政宏さん)がほのかに好意を寄せるジムのスタッフ・宮本あかり(ハマカワフミエ)が失踪してしまい……。

スポンサーリンク

刑事7人もそろそろ最終回へ向けて動き出す!

いよいよ終わりに近づいてきた「刑事7人」。最後まで目が離せません。

久々の山下の登場については、早くも「山下(片岡愛之助)の監禁場所も判明!」「らぶりん…生きてたの…刑事7人」「らぶりん生きてたーーー!」「山下さん(愛之助さん)が帰ってくる!!」という声が上がっていた。

スポンサーリンク