アシガールの気になる放送日は?キャストやあらすじ・主題歌紹介!!

アシガール

2017年9月23日スタートのNHK土曜ドラマ「アシガール」は放送日も間近に迫っています。

そんなアシガールのキャスト、あらすじ、主題歌など放送前に気になる情報を詰め込んでみました。

戦国時代を舞台にしたラブコメディで「ごくせん」などでおなじみの森本梢子原作の人気コミックをドラマ化したものです。

そして、今回「忠臣蔵の恋 ~四十八人目の忠臣~」や「みをつくし料理帖」といったドラマが放送されてきたNHK「土曜時代ドラマ」枠での放送となります。

アシガールの放送日はもう間近!!

2017年 9月23日(土)スタート

NHK総合にて毎週土曜 午後6時5分から6時43分放送(連続12回予定)

再放送:9月26日(火)午前1時45分(月曜深夜)

DKQc0BWVoAANS6G

引用:https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

制作スタッフも、これまで様々な「時代劇」を手掛けてきた経験豊かな顔ぶれがそろいました。このドラマの脚本を務めるのは、金曜時代劇「慶次郎縁側日記」や大河ドラマ「花燃ゆ」などでお馴染みの宮村優子さんです。そして演出には「精霊の守り人 悲しき破壊神」の中島由貴さんや、大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」の伊勢田雅也さんなどが参加しています。

一方、原作は「Cocohana」(集英社)にて2012年1月号より連載が開始され、今も連載中。単行本は既に8巻まで出ている人気漫画で、脚力だけがとりえの女子高生・速川唯16歳が、戦国時代にタイムスリップしてしまい、愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆けめぐるという時代劇の枠を超えた「超」エンターテイメント時代劇です。

スポンサーリンク

「アシガール」第1話あらすじ

jqu9qXBa

引用:https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

主人公・速川 唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で、恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたらな16歳の女子高生でハリることだけが得意で、明るい高校生活をなんとなく送っている。

しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。

目覚めた唯は激しく混乱するが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じる。

素性を疑われて、自分のことを「唯之助」とごまかす唯。これからどうすればいいのか分からず絶望していた唯だったが、目の前にりりしい若武者が現れ、その男に一目惚れする唯。

実は唯が一目ぼれしたその彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。

なりゆきで、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに息子の唯之助として身を寄せる唯。いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すことになる。

ce6ff6ff1d0822862528f5fa9992bc19

引用:https://www.pinterest.jp/pin/295619163031462225/

スポンサーリンク

「アシガール」キャスト

・速川唯/唯之助(黒島結菜)
走るのが速いのがとりえの16歳の女子高生。性格はマイペースで戦国時代にタイムスリップしてしまい、出会った若君・忠清に一目惚れをする。彼を守りぬこうと足軽となって野を駆けめぐる。

・羽木(はぎ)九八郎忠清(健太郎)
戦国の小大名・羽木家の跡取り。父を助け戦いにおもむく凛々しい武将。十八歳のわりに大人びており冷静で聡明な性格。戦で苦しむ領民を思いやる優しさを持つ。

・羽木成之(松下優也)
忠清の兄。母の身分が低く跡取りではない。武道は好まず花を生けるなど穏やかに見えるが、心の内を見せない。

・吉乃(ともさかりえ)
梅谷村の農民の寡婦。ひょんなことから「息子」として唯を引き取ることに。凛とした美しさを持つ賢い女性。

・松丸阿湖(川栄李奈)
松丸家の姫。忠清との婚約の話が進められている。可愛くておっとりしているが、意外に活発な一面も。

・速川覚(古舘寛治)
唯の父。専業主夫として医師の妻を支えている。のんびりしているが家事は完璧にこなす。

・速川美香子(中島ひろ子)
唯の母。自宅の敷地でクリニックを開いている開業医。さばさばしていて気風がいい。

・速川尊(下田翔大)
唯の一つ年下の弟。引きこもりで学校に行っていない。天才的な頭脳を持ち、自宅の物置でタイムマシーンを完成させる。

・天野小平太(金田哲(はんにゃ))
天野家の嫡男。忠清が幼い頃から仕えてきた近習。まじめ一徹。

・天野信近(飯田基祐)
天野家の当主で小平太の父。家老として羽木家に忠義をつくす。

・羽木忠高(石黒賢)
羽木家の当主。同じく戦国大名の高山(こうやま)家との争いが続く中、跡取りとして忠清を厳しく育てる。

・天野信茂(イッセー尾形)
重臣・天野家の隠居。忠清が幼い頃より見守り、絶対の忠誠を誓っている。唯の並々ならぬ足の速さを見出す。

スポンサーリンク

「アシガール」スタッフ

・原作:森本梢子(「ごくせん」、「デカワンコ」)
・脚本:宮村優子(「花燃ゆ」、「慶次郎縁側日記」、「六番目の小夜子」 )
・音楽:冬野ユミ(「徒歩7分」、「お買い物」)
・演出:中島由貴、伊勢田雅也、鹿島悠(NHKエンタープライズ)
・制作統括:内田ゆき(NHKエンタープライズ)、土屋勝裕(NHK)

スポンサーリンク

「アシガール」主題歌

番組の音楽は冬野ユミさんのオリジナルの楽曲(『徒歩7分』『お買い物』)となります。サウンドトラック等の販売は現在のところ未定です。

スポンサーリンク

「アシガール」視聴者からの反応

人気ドラマの原作なので、とにかく原作のファンがとても楽しみにしているようです。制作がNHKということもあり、戦国時代の描写に期待の声が高まっており、「合戦のシーンとかたくさんのエキストラ使ってド迫力に描いてほしい」などの要望があるようです。

ほかにも、「「アシガール」実写化! それもNHK! 理想的すぎる!」「スタッフがかなりガチwww 時代劇としてもかなり楽しめそうだな」「戦国時代の街並みとかも忠実に再現してくれそう」「だいぶ時代劇よりのスタッフ陣揃えたな(笑)」と期待大な様子で、なかには「かなりコメディ色の強い作品だからNHKでのドラマ化は予想外だった」と驚きの声もあがっています。

番組の掲示板でもすでに、このように原作ファンからの人気が高まっている様子が見て取れますね(一部抜粋)。

・tsukitsuki さん(40代・京都府・女性)
原作にハマりまくっています。超イケメンの若君を期待してます!

・ナシ子 さん(30代・神奈川県・女性)
下田翔大くん!!ふれなばおちんに続き、NHKドラマですね。天才な弟・尊役にぴったりだと思います。黒島結菜ちゃんのと姉弟の掛け合いを見るのが楽しみです。

・ちょー楽しみ♪あゆみん♡ さん(10代・10代以下・新潟県・女性)
原作ずーっと読んでてすごく大好きな作品なのでドラマ化されると聞いて本当に嬉しくて泣きました!
そのうえ、唯を結菜さんが演じるので本当に嬉しくて楽しみにです!
待ち切れません!楽しみです!!

・ねこ吉 さん(10代・10代以下・愛知県・女性)
普段はテレビドラマが苦手であまり見ないのですが、NHKが制作だということでとても期待しています!若君のために走り回る唯ちゃんが楽しみ!待ち遠しい〜〜〜〜〜ッ!

・うめこんぶ さん(10代・10代以下・東京都・女性)
主演2人のファンでふたりの共演がすごく嬉しいです!!健太郎さんの役が気になってるので見るのが楽しみです(ϋ)

・ちよ さん(40代・福岡県・女性)

原作がとても面白くて、すぐに映像化されそうだな〜と思っていた矢先のこと、まさかのNHKドラマ化に嬉しい驚きでした。(戦国時代をきっちり作ってくれそう!)映像化されるとしたら最近の女優さんなら黒島結菜ちゃんかな、と思っていたのでキャストを聞いて嬉しくなりました。おかっぱ頭にするのかな?(似合いそう!)すてきな走りを見せて下さい。楽しみにしています。

など、こちらに記載したのは一部抜粋したものですが、掲示板には、たくさんの投稿がありました。

それ以外にも、Twitterでは放送を楽しみにする視聴者の声がすでに今年の6月前後、放送の約4カ月も前から多数あったそうです。こちらも紹介したいと思います。

またドラマに出演するキャスト陣は黒島結菜と健太郎の2人が発表されており、こちらも「なかなか良さげなキャスト陣で期待がもてる」と俳優陣などのファンにもとても好評を得ていてこちらも期待大のようです。放送が楽しみですね。

https://twitter.com/MAT_0315/status/905408399067594752

それでは、ここで新ドラマ「アシガール」の紹介は終了とさせていただきます。

お目通しありがとうございました。

スポンサーリンク