『あいの結婚相談所』キャストの勝利か!?山崎育三郎のぶっ飛びキャラが反響「いきなり面白い!!」「カッコ面白い」

main_pc

ミュージカル界のトップスター・山崎育三郎さんが、7月28日にスタートした金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15~)でドラマ初主演を飾りました。

元動物行動学の准教授にして結婚相談所所長・藍野真伍役で、歌あり、ダンスありのぶっ飛んだキャラクターで登場し、ネット上でも、これまでになかったキャラクターに大きな反響を呼んでいました。

この作品は、2010年6月~2016年「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化したもので、「生涯未婚率」(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)が過去最高を記録(2017年4月発表)し、“恋愛に不器用な”男女が急増する今、大人の男女が楽しめるエッジのきいた恋愛&結婚をテーマにしたエンターテインメントドラマとなっています。

毎回、結婚に悩むワケあり依頼者をゲストに迎え、入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所が“あらゆる手段”を用い依頼者の願いを成就させていく物語です。

ただし、入会金は高いものの、200万円さえ支払えば条件にピッタリの相手を探し出し、必ず結婚へと導いてくれるこの相談所。

成婚率100%の秘密は、藍野所長の動物行動学の研究を活かした独自のカウンセリングにあります。その特徴の1つが「婚約が成立するまで、お相手の方と直接会ってはならない」というルール。

そこには藍野所長の「愛は邪(よこしま)なもの。余計な恋愛感情をできるだけ排除することが成婚への近道」という信念があるのです。

恋愛なしでの結婚……。

依頼者の誰もが半信半疑でパソコン動画を通しての会話を重ねてお互いを知っていくことになります。

あいの結婚相談所キャスト紹介!ヒロインも個性的

一方、そんな藍野とは対照的な存在となるのが、高梨さん演じるシスターエリザベスです。

なぜか修道服に身を包み、アシスタントの自分はもちろん、依頼者にまで上から目線で失礼な言動を繰り返す藍野所長に対し怒りを露にすることも。

シスターであるにもかかわらず、依頼者がイケメンだとすぐに惚れ込んでしまい、藍野の指示を無視して依頼者のために行動が先走り、しばしば失敗することも。

最終的に藍野がみごとにカバーして事無きを得ますが、それだけに藍野に昆虫並みの頭脳などと揶揄されても言い返すことが出来ず、藍野の手腕を認めざるを得ないようなキャラクターです。

口では厳しいことを言いながらもシスターエリザベスのひた向きさを認める藍野、シスターエリザベスは健気にそんな藍野の期待に応えようと失敗を繰り返しながらも必死についていきます。

シスターの成長とともに2人の関係にもどんな変化が訪れるのか?

変人キャラ・山崎と猪突猛進キャラ・高梨のコミカルな2人の掛け合いももう1つのみどころとなるに違いないでしょう。

スポンサーリンク

あいの結婚相談所キャスト紹介!クセのある共演者

そして、ひとクセもふたクセもある共演者も魅力のひとつ。

山崎さんが所長を務める「あいの結婚相談所」のオーナー・都築賢一郎役に鹿賀丈史さん。

結婚相談所の会計事務員・土師野郁江役で前田美波里さんというベテラン2人が出演しています。

ともに数々のミュージカルの舞台で活躍してきた山崎さんにとっては大先輩となる2人ですが、ドラマでは山崎さんとともに歌や踊りを披露し、ストーリーを華やかに盛り上げるシーンが登場するかもしれません。

第1話では、お披露目されませんでしたが、大先輩との“夢の共演”にも期待が高まります。

スポンサーリンク

あいの結婚相談所:これまでになかったミュージカルキャラ!

ミュージカルスターである山崎さんならではの藍野所長のキャラクターは強烈です。

神出鬼没で何かにつけて見たこともない動物や昆虫の生態を例にとり、依頼者と相手の性格や心理を分析します。

時にそれは触れられたくない部分にまで遠慮なく踏み込み、“大切なお客様”である依頼者にも関わらず、「言葉を選ばずに言うと……」と切り込み、イラッとさせることも!?

そんな人を見下す冷淡でキザな藍野所長ですが、動物行動学の権威であるからか一見結びつくことなどなさそうなカップルも最後には結婚へと導いてしまう新たな毒舌ヒーローなのです。

スポンサーリンク

ぶっ飛びまくりの第1話に早くも釘付け

元動物行動学の准教授・藍野真伍が所長を務める「あいの結婚相談所」は、「成婚率100%!理想の相手が必ず見つかる!」がうたい文句ですが、入会金は200万円。

理想の相手と必ず結婚できるのなら200万円の価値もあるのですが、そこへ、まず相談にやってきたのは、会社社長の里子(小沢真珠さん)。

「この世に100%なんてあるわけない!」と藍野所長にかみついていましたが、藍野に「一生独身でいいんですか?」と言われ、里子は渋々200万円を支払い結婚相談所を後にします。

そんな「あいの結婚相談所」に今度は一流証券会社の社員・横田(加藤晴彦さん)がやってきました。

横田はビルの屋上から景色を眺めていたところを、飛び降りと勘違いした“ヒロイン”シスター・エリザベス(高梨さん)が無理やり制止したそのとき渡された結婚相談所のチラシを見てやってきましたが、実はイケメンの横田にシスターは早くも心奪われてしまいます。

証券マンとしてハードな日々を過ごしてきた横田は、現在休暇中。藍野所長から結婚相手の条件を聞かれた横田は、「この先の人生を一緒に自然の中でゆったり過ごせる人」だという。

そこで藍野は条件に合う女性・瑞絵(市川由衣さん)を選び出したのですが……。

瑞絵は祖父と2人暮らし。その祖父も入院中で、住んでいる山には、ヤギ、畑がほったらかしになってしまっていたため、一緒に手伝ってくれる人というのが相手に求める結婚の条件でした。

相談所のルールで、直接本人たちが会うことはできず、PCを通じてテレビ電話する形で交流を深めていくのですが、会話してまもなく、横田はプロポーズ。

いきなりの出来事に、瑞絵も困惑します。シスターは、おかしい?

山を持っている祖父の財産目当て?結婚詐欺?など疑うようになりますが、横田の本当の狙いを見抜いていた藍野は、見事この2人を「結ばれました!」と言いながら、結果、成婚率100%といっている通りに成立させたのでした。

ラストには、その2人を祝福するため“Congratulations”とアカペラで歌い始め、最初はなんだこの人?的な目線でみていた横田も瑞江も、みんなで踊りだすといった展開で、恋愛あり、謎解きあり、歌あり、ダンスありのてんこ盛りな新しい形のドラマに視聴者からの反響も大きかったようです。

スポンサーリンク

ネットの反響

結婚相談所で、相談者と話している時もなぜか身振り手振りがミュージカル調の藍野。

そんなキャラクターに「すげえWW」「待って、いきなり面白いんだけど!」「いっくん、かわいい」「この濃いーーキャラのいっくん、好きかも!」。

また、随所にツッコミどころも満載で、藍野の走り方についても「走り方がオネエ?」「走り方wwww」要所要所カマっぽくていい(笑)」という反応も。

また、藍野の毒舌も絶好調で、前述の通り、“言葉を選ばずに言うと……”と言っている通り、ズバズバ失礼なことを言うことも多々。

「凡人の発想です、って!」「愛ほどよこしまな感情はない」「やべえ役(笑)」と。そしてラストの“Congratulations”が始まり、歌い踊ると「カッコ面白い!」「いっくんの歌が上手すぎて、脳汁ドバドバ」「ミュージカルは突然に!」「なんか、ぶっ飛んでる!」と「このドラマ、賑やか!」「面白かったです!」という声が続出していました。

スポンサーリンク

第2話のあらすじ

次回の相談者は、自宅マンションで託児所を経営する有希(釈由美子さん)。

ストーカー被害に悩まされており、「私を守ってくれる人」がお相手に求める条件だといいます。

藍野(山崎さん)は、無事にお見合いを進めるため、シスター・エリザベス(高梨さん)に有希を守るよう指示します。

さらには、真壁(中尾暢樹さん)と麻理子(山賀琴子さん)に、有希のマンションを監視するよう命じると、数名の“ストーカー容疑者”が浮かび上がります……。

一方、藍野は奥崎(柏原収史さん)という男性を有希に紹介しますが、実は奥崎は有希が託児所を始めるときに物件を紹介した不動産会社の男性だったのです。

パソコンを使ってのお見合いをスタート、いい雰囲気になるのですが……。

シスターは真壁らから、「マンションの周りをウロウロしている」容疑者として、なんと奥崎の写真を見せられる。例によって奥崎に一目ぼれしていたシスターは言下に否定する……という内容です。

初回から大反響だったこのドラマ。

次回放送の予告をみても、山崎さん演じる藍野のぶっとんだキャラクターが絶好調のよう。

今から楽しみにしている視聴者も多く、2話目からでも十分に楽しめる作品なので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク