マジで航海してますのあらすじ・キャスト紹介!ダブル主演のギャップが面白い?

マジで航海

飯豊まりえさんと武田玲奈さんのダブル主演が話題のマジで航海してます。

2017年夏ドラマの中でも話題の青春コメディです。

また、舞台もあまり取り上げられてこなかった「海洋船舶」の実習訓練がメイン。

この注目のドラマのキャストとあらすじについて紹介します。

マジで航海してますには、原作はあるの?

2017年7月から深夜ドラマ枠の「ドラマイズム」で放送が開始されました。

毎日放送やTBS、そしてその系列局で放送されています。

この「マジで航海してます」には小説やコミックの原作はなく、このドラマのために書き下ろされた完全オリジナル脚本です。

脚本を担当するのはアサダアツシさん。

2010年の映画「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」、2014年の映画「ペンギン夫婦の作り方」の脚本を過去に担当しています。

コメディドラマが得意なので今回のこのドラマの展開にもかなり期待が持てます。

スポンサーリンク

マジで航海してますのキャストの紹介

飯豊まりえさんと武田玲奈さんのダブル主演が大きな話題となっていますが、他のキャストも実力派や若手を起用しています。

そのキャストについても紹介します。

坂本真鈴(さかもとまりん):飯豊まりえさん

このドラマのヒロインの1人。

航海士を目指して、関東商船大学に入学してきた1年生。

飯豊まりえさんは2008年のモデルオーディションでグランプリを獲得して雑誌を中心にファッションモデルとして活躍していました。

2016年7月の「好きな人がいること」で月9に初出演して、ブレイクしました。

2017年4月に劇場公開された「暗黒女子」では映画初主演を果たしました。

そして、このドラマで主演を詰めながら、同じ夏ドラマの「居酒屋ふじ」では主人公が思いを寄せる、ヒロイン役で出演しています。

同時期のドラマにかけもちで出演することはたまにありますが、今回の飯豊まりえさんのようにどちらともヒロインというのはかなり珍しいです。

役の演じ分けはもちろん、体力的に大丈夫なのか、というのもファンにとっては心配のようです。

石川燕(いしかわつばめ):武田玲奈さん

坂本真鈴と同じく、航海士を目指す大学1年生。

2014年にファッションモデルとして雑誌デビュー。

少年誌や青年誌でグラビアモデルとしても活躍しながら、2015年10月の「監獄学園-プリズンスクール-」で地上波の連続ドラマのレギュラー出演を果たしました。

八木大和:桜田通(さくらだどおり)さん

真鈴と燕と同じ、関東商船大学の1年生。

自分に自信がなく、乗船実習でもその自信のなさが行動に見え隠れしています。

同級生である燕に思いを寄せています。

勇翔:鳴海新太さん

神戸海南大学の1年生。

クラスでは班長を務めながら、乗船実習がうまくいくようにリードしようと奮闘しています。

筋肉フェチですぐに自慢していますが、その体格とは逆に臆病です。

小暮健介:井澤勇貴さん

神戸海南大学の1年生。

外資系企業で就職して、夢をあきらめきれずに海南大学に入学した異色の経歴を持つ25歳。

井澤さんは舞台出演が多く、若手実力派俳優として今回キャスティングされたようです。2017年春ドラマの「フランケンシュタインの恋」の第1話のゲスト出演をしています。

林田洋介:温水洋一さん

真鈴や燕が乗船実習で乗り込む、「未来丸」の船長。

頼りなさそうに見えますが、なにかあったときの瞬時の判断は的確で信頼できる海の男です。

温水洋一さんといえば、おとなしくどことなく頼りなさそうに見えます。

そのままのキャラクターでテレビ番組やバラエティ番組に主演することが多く、今回はそのキャラクターとは正反対なようです。

横山和也:堀部圭亮さん

「未来丸」に乗り込む航海科先任士官、いわゆる教官です。

横山は鬼教官の異名を持っており、真鈴や燕たちも苦しめられることに。

しかし、指導の厳しさの裏には「一歩間違えば海の上ではすぐに死に繋がる」ということを学んで欲しいことの裏返しかもしれません。

スポンサーリンク

マジで航海してますのあらすじは?

航海士などの船舶職員の育成を行う大学が舞台のこのドラマ。

男子が8割という特殊な環境の中、約1カ月に渡る乗船実習がストーリーのメインとなります。

その実習は 関東商船大学と神戸海南大学による合同実習です。

同じ班になった真鈴と燕はこの大学に入った経緯も目的も全く違うものでした。

真鈴は「海が大好き、船も大好き」で航海士になりたくてこの大学を受験したのです。

夢のためにこの大学にはいり、実習に参加するのでテンションが高くなっています。

一方の燕は大学受験浪人をしたあげく、友人の誘いで関東商船大学を受験・合格してしまったのです。

確固たる目的もなく入学した燕は、おまけに船酔いしてしまう体質です。

そのこともあって乗船実習には乗り気ではなく、同じ班の真鈴のハイテンションぶりには嫌気がさしています。

さまざまなトラブル、そして人間関係が1つの船の中で繰り広げられるこの実習。

どのようにして真鈴や燕、そして他の実習生たちは乗り越えていくのでしょうか。

スポンサーリンク

マジで航海してます まとめ:正反対のWキャストのギャップ・コメディ

大学に入った理由とそのテンションが正反対の2人のヒロイン。

このWキャストのギャップが産みだす笑いがコメディとしてとてもおもしろいです。

しかもこの乗船実習の期間、真鈴と燕は同じ班、同じ部屋で過ごすことになるのですから。

この先、乗船実習が終了しても航海士になるためにはまだまだ道のりが長いので、今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク