過保護のカホコのロケ地紹介まとめ!「マンションが逃げ恥と同じ?etc…」詳しく紹介

kahoko

この記事では「過保護のカホコ」のロケ地をご紹介します。

他のドラマで使われた場所もあるので、比較してみると面白いですよ。

ロケ地を知って、「過保護のカホコ」を更に楽しみましょう!!

カホコ 1

引用:https://dorama9.com/wp-content/uploads/2017/06/6309dac24e74db4ceffd4bb2b78594d7.png

カホコたちの通う綾青大学はどこ!?

カホコ2

引用:http://www.atpress.ne.jp/releases/50705/img_50705_1.jpg

まずご紹介するのは、主人公のカホコと麦野くんが通う綾青大学のロケ地です。

番組の中でも青々とした緑のしげる校庭がよく映っていますよね。

7月スタートのドラマということもあって、とても気持ち良さそうです。

アトリエ棟もある綾青大学はどこで撮影されているかというと……

埼玉県飯能市にある駿河台大学の飯能キャンパスです!飯能はかつて林業で栄えた町、それが影響してキャンパス建設時も自然を残すことになったそうです。

カホコと麦野くんが話しているときによく背景に映っているのは普段は講義棟と呼ばれ、法学部がメインに使う場所のようです。

たしかに、司法をイメージする素敵な建物ですね。

また、この駿河大学のキャンパスはドラマ好きな方はすでにお気づきかもしれませんが、実はほかの撮影でも使われていたのです!

「ごくせん」の赤銅学院や、「暗殺教室」の椚ヶ丘中学校、また、ソフトバンクのCMまで!

素敵な校舎なので何度も使われるのも納得ですね!

今後も使われることがあるかもしれません!要チェックです!

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

カホコたち根元一家の住むマンションはどこ!?逃げ恥と同じ!?

カホコ 3

引用:https://i1.wp.com/anotherstorysign.com/wp-content/uploads/2017/07/nigehaji.png?resize=300%2C220

次はカホコたちが住マンション、レジーナ南台についてです。

あの人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の平匡さんが住んでいたマンションではないかという噂もありますが、よく比較すると外観や周りの風景が微妙に違うようです。

普通のマンションで、住人への配慮から場所は明らかにされてはいませんが、背景にランドマークタワーが見えるということで、横浜のどこかであるのは間違いなさそうです。

カホコたちが使う最寄駅はどこ!?

カホコ4

引用:https://www.asahi-t-t.co.jp/file/sumutoko/img/izumi/ph2.jpg

カホコが毎朝黒木瞳演じる母の泉に車で送ってもらっている駅をご紹介します。

大学4年になったのに、最寄の駅まで1人で行ったことがないというのだから驚きです。

1話冒頭から何度か通勤通学の様子もしっかりと描写されていますが、ローカルで自然も多く、ゆったりとした雰囲気のあの駅は、相鉄線の緑園都市駅(りょくえんとしえき)だそうです。

相鉄線沿線の駅や車内自体がドラマのロケ地に使われることが多いようで、緑園都市駅も例外ではなく、映画「ストロボエッジ」や「脳内ポイズンベリー」、雑誌、企業広告などなど、たくさんの撮影で使われているようです。

ロケ地巡りが好きな方は、相鉄線巡りもしてみると楽しいかもしれませんよ!

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

カホコがティッシュ配りをした駅はどこ?

カホコ 5

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7d/e0/768ac16a7a13af5ec3c6cc2cfb545adb.jpg

駅つながりで、カホコが夕方から夜中まで初めてのバイトであるティッシュ配りをした記念すべき場所をご紹介します。

それは、大学と同じく埼玉県にある川口駅東口のキュポラ広場のようです。

駅という立地柄と撮影が3日におよんだことから多くの人に目撃されていたようです。

もしかして、高畑充希からティッシュをもらえた!?…というのは無理でしょうけど、運が良ければ3日連続で近くから見ることができたなんて羨ましいです。

カホコがティッシュ配りをしているときも映っていましたが、川口駅東口は歩道橋が特徴的なようです。

そのため、こちらの場所もロケ地に使われることが多いようで、「ごくせん卒業SP」や「監獄教室」で使われたことがあるようです。
<グーグルマップ>

カホコと麦野くんがバイトの後行ったファミレスはどこ!?

カホコ 6

引用:https://facility.homemate-navi.com/pubuser1/pubuser_facility_img/0/0/5/1060012500/0000002072/1060012500_0000002072_3.jpg

こちらはガスト府中中河原店で撮影が行われたそうです。

2人が朝まで寝ていたので、どこのファミレスか気になっていたのですが、営業時間は6時から2時だそうなので、営業時間外に行われたのでしょう。

他のロケ地に使われたという情報は今の所ないので、なぜここが選ばれたのかはわかりませんが、朝日がとても綺麗な場所でしたね。

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

カホコを探すために泉と正高が駆け込んだ交番はどこ!?

カホコ 7

引用:http://livedoor.blogimg.jp/uraunagi-photo/imgs/2/a/2ac1920d.jpg

カホコが初めてのバイトに励み貴重な体験をした一方で、初めて連絡がつかず、夜になっても帰ってこないカホコに両親は右往左往していましたよね。

四方八方に連絡をした両親が駆け込んだのは泉の義弟である国村衛が勤める瀬塚警察署八ツ川交番でした。

放送中から風情のある建物だと思っていたのですが、昔の交番をそのまま残した、品川の旧交番跡で撮影されたようです。

印象的な建物のため、撮影でもよく使われているようで、「ライアーゲーム」で神崎なおが助けを求めたり、「野ブタをプロデュース」で桐谷修二が取り調べを受けたのもこの交番だそうです。

糸がチェロの演奏をしたコンサートホールはどこ!?

カホコ 8

引用:http://www.housecom.jp/images/around/normal/14/14012493_3462_1.jpg

「過保護のカホコ」2話で糸が演奏したチェロのコンクールの会場をご紹介します。

コンクールということもあり、綺麗なコンサートホールが使われていましたね。

地元の方はすぐに気がついたようですが、横浜市青葉区にある青葉区民センターフィリアホールで撮影が行われたようです。

この場所は「のだめカンタービレ」でも撮撮影に使われた場所。

のだめもここでピアノコンクールに参加していたようです。

糸とのだめが同じ場所で演奏しているというのはなんだか面白いですね。

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

糸が入院した&糸の父が勤める病院はどこ!?

引用:http://www.hmc-kenshu.jp/k1-rinen.html

チェリストを目指していた糸が原因不明の病気で運び込まれた病院は、泉の義弟で糸の父である富田厚司が救急救命師として働く城南医療センターでした。

城南という地名から、ドラマ内では品川のあたりにあるのだろうと思っていますが、ロケ地は八王子市にある東京医科大学八王子医療センターで行われたようで、目撃情報もありました。

今後のストーリーの展開で糸がいつ退院するかはまだわかりませんが、カホコの叔父である厚司の職場である以上、これからも登場することは多そうです。

<グーグルマップ>

カホコが麦野くんの前で泣いた神社はどこ?

カホコ 10

引用:http://www.ozmall.co.jp/hatsumoude/spot/images/ph_8.jpg

内定がもらえなくても泣かなかったカホコが麦野くんの前で初めて声をあげて泣いた神社は東京都大田区田園調布の氏神さま、多摩川浅間神社です。

親戚の糸に初めて本音をぶつけられ、家族が喧嘩になるのではないかと不安におもっていたカホコ。

家庭円満のご利益がある浅間神社に来たのは偶然でしょうか。

多摩川を見渡すことのできる浅間神社は、実は「シンゴシラ」の舞台にもなった有名な場所。

調べてみると夜だけでなく朝も良い雰囲気なので、過保護のカホコでもまた撮影場所として使ってほしいです。

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

過保護のカホコとは?

7月からスタートした新ドラマ「過保護のカホコ」は、超過保護に育てられたせいで自分では何1つ決めることのできないカホコの成長物語です。

カホコを演じるのは話題の演技派女優・高畑充希。浮世離れした独特な雰囲気を豊かな表情で演じています。

どのシーンでもとても可愛く、目が離せません。

また、原作はなく、完全オリジナルストーリーですが、脚本は女王の教室や家政婦のミタの脚本を担当した実力派の遊川和彦です。

今までも話題となったドラマの作製に関わっているので、「過保護のカホコ」も安心して毎週楽しみに見れますね。

「過保護のカホコ」今後の展開に期待!!

今回は「過保護のカホコ」での撮影場所をご紹介しました。

他のドラマでも撮影されていた場所と知ると、パラレルワールドのようで面白いですね。

これからどんどん新しい場所で撮影が進むことでしょう。

大学のある埼玉県だけでなく、横浜など都内近郊の各地で撮影をしている様子。

きっとロケ地も入念に選ばれていることと思います。

今後もストーリーだけでなく、風景にも着目して、より「過保護のカホコ」を楽しみましょう!

スポンサーリンク