「NHK朝ドラべっぴんさん」ロケ地まとめ紹介

%e3%83%ad%e3%82%b1%e5%9c%b0%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

2016年後期のNHK連続テレビ小説である「べっぴんさん」。
神戸を舞台にした今期のテレビ小説のロケ地をまとめてご紹介します!

「べっぴんさん」ってどんなドラマ?

「べっぴんさん」は2016年後期のNHK連続テレビ小説です。

https://www.amazon.co.jp/連続テレビ小説-べっぴんさん-Part1-NHKドラマ-ガイド-渡辺/dp/4149235775/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1482221043&sr=8-3&keywords=べっぴんさん

https://www.amazon.co.jp/連続テレビ小説-べっぴんさん-Part1-NHKドラマ-ガイド-渡辺/dp/4149235775/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1482221043&sr=8-3&keywords=べっぴんさん

戦後の神戸の裕福な家庭に育った主人公のすみれが子供服作りに奔走するストーリーです。

戦後の復興期の最中、子供服に魅了され、「特別な品=別品さん」を作ることに邁進する主人公ですが、その中で幼馴染に対する恋心にも気づきます。

環境の大変さと、その中で繰り広げられる葛藤と人間味溢れた感情入り混じる非常に情緒ある作品になっています。

また、主人公すみれのモデルとなったのは、神戸の子供服専門店「ファミリア」の創業者の一人でもある坂東敦子です。

神戸を訪れた際には、ファミリアにも足を運んでみてください!

21976-xemgbermhz2pzaynf4sq_lrg_re

(ファミリア/引用:https://tripnote.jp/kobe/shopping-familiar)

そして、神戸といえば、北野の異人館や旧居留地などの神戸港開港以来の西洋建築が有名です!
今年開港150周年を迎えた神戸は、現在、代表的な西洋建築は海側に旧居留地、北側に北野異人館として残っているのみです。

このドラマは港町神戸の昔ながらの雰囲気を味わうこともできるドラマとなっています。

神戸の名門大学「神戸大学」

「べっぴんさん」のロケ地として神戸の国立大学「神戸大学」の「神戸大学六甲台本館」という建物が使用されています。

http://gipsypapa.exblog.jp/10027817/

http://gipsypapa.exblog.jp/10027817/

国の有形文化財にも指定されているこちらの建築は左右対称の荘厳な造りとなっており、建築好きなら一度は訪れたい場所です。

神戸大学は全4キャンパスからなる総合大学で、この建物があるのはメインキャンパスである六甲台キャンパスの経済・経営学部です。

実はこの大学への通学路が非常に坂がきついことで有名でして、学生たちは、登校とは言わず、「登山」といって大学に通うほどです。

しかし、そのしんどい先に待つのは、神戸を一望できる絶景。


大学でありながら、神戸の絶景スポットとしても有名です!

「べっぴんさん」で使用された建物は神戸大学の中でも2番目に高い位置にある経済・経営学部なので行くのは少し大変ですが、行く価値は十分にあります。

古き良き神戸の雰囲気が味わえるまさにべっぴんさんの時代に適したスポットです!

徒歩:阪急「六甲」駅から約15~20分
バス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から神戸市バス36系統鶴甲団地行、鶴甲2丁目止まり行乗車「神大正門前」下車
タクシー:阪神「御影」駅より約15~20分、JR「六甲道」駅より約10分~15分、阪急「六甲」駅より約5分〜10分

神戸の海沿いの洋館「ジェームス邸」

ドラマ開始の第1周目には主人公すみれの子供時代が描かれています。

そこで登場するのが「旧ジェームス邸」という洋館です。

ドラマ中では服飾商社「坂東営業部」経営者ですみれの父の坂東五十八が建てたという設定になっています。

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

淡路島を一望できる場所に建てられたこちらの洋館はジェームス邸の持ち主であったジェームス氏が1934年に私邸として建てたもので、現在は神戸市の有形文化財として保存、活用されフレンチレストランとして営業しています。

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

内装も当時のイメージを損なわないように配慮され、当時の生活が見えるようです!

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

神戸の中心地三宮から少し離れますが、神戸を訪れた際には一度は行っておきたい名スポットです!

〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町6丁目28−1
山陽電鉄 山陽「塩屋」駅または、「滝の茶屋」駅徒歩10分ほど。

すみれの家の側の高原は「淡路島長畠地区長畠高原」

ドラマ中で主人公すみれの家のそばにあるとされている高原は「淡路島長畠地区長畠高原」という場所です。

ここは、淡路島にある小さな高原で瀬戸内海を一望できます。

%e6%b7%a1%e8%b7%af%e5%b3%b6

http://beppinsan.jp/location/roke/

兵庫県ある淡路島は非常に大きな島で、世界最大の吊り橋である「明石海峡大橋」で神戸と繋がっています。

「べっぴんさん」のロケ地となった長畠高原は葡萄やイチゴ農園があることで有名です。

明石海峡大橋/http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/gallery.html

明石海峡大橋/http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/gallery.html

ちなみに、こちらの橋ですが、橋と言ってもとても大きいので、徒歩で渡ることはできません。また自転車も不可です。

明石港から出ている「淡路ジェノバライン」という高速艇を使用すれば自転車を持ったままでも渡ることが可能ですが、乗ったまま渡る手段はありません。

〒656-1733 兵庫県淡路市長畠785−3

淡路島はこれ以外にも「国営明石海峡公園」でもロケが行われました。

http://awaji-kaikyopark.jp/flowermap/海のテラス.html

http://awaji-kaikyopark.jp/flowermap/海のテラス.html

この公園はその名の通り、明石海峡大橋を渡ったところにある国営公園で、ウエスティンホテルなども立地する非常に美しい公園です。

「滝」「空」「海」「月」の4つのテラスからなっており、それぞれのテラスから異なった景色を見ることができます。

デートスポットとしても家族で行くのでも楽しめる場所の一つでしょう!

是非淡路島に足を運ぶ際はお立ち寄りください!

住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10


⇒ 31日間無料!べっぴんさんをもお一度見たいあなたは、こちら

大阪の元軍司令部「旧第四師団司令部庁舎」

「べっぴんさん」の舞台は神戸ですが、ロケ地にはお隣の府である大阪も使用されています。

大阪のロケ地が「旧第四師団司令部庁舎」です。

もともと昭和天皇即位記念として建造されたこの建物は、その後陸軍第四師団の司令部機能を集約するために大阪城公園に建造されました。

その後、一度は「大阪市立博物館」として利用されていたのですが、2001年には大阪歴史博物館の開館に伴い閉鎖。

つい最近まで決まった用途がありませんでした。

旧第四師団司令部庁舎:http://conton.jp/archives/408

旧第四師団司令部庁舎:http://conton.jp/archives/408

しかし、2015年4月1日より大阪城公園自体を大阪城パークマネジメント株式会社が管理することになりとうとう、複合施設として使用されることが決まりました。

ここは非常に立地がよく、屋上からは大阪城も一望できます。

このロケーションを生かして、カフェやレストランなどが入るようです。

大阪城:http://osakacityview.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

大阪城:http://osakacityview.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

https://www.motohaku.jp/_docs/release_1209.pdf

https://www.motohaku.jp/_docs/release_1209.pdf

大阪環状線大阪城公園駅より徒歩18分

滋賀県の東洋一美しい小学校「豊郷小学校旧校舎」

主人公すみれが通う小学校は滋賀県にある「旧校舎」が使用されています。

滋賀県犬上郡豊郷町の豊郷小学校の2代目校舎通称「旧校舎」と呼ばれている校舎です。

(中庭/引用:https://www.town.toyosato.shiga.jp/contents_detail.php?frmId=277)

(中庭/引用:https://www.town.toyosato.shiga.jp/contents_detail.php?frmId=277)

「白亜の殿堂」「東洋一の小学校」との異名をもつこちらの小学校は丸紅の元専務取締役であった人物が私財を投げ打って竹中工務店が建設、設計は関西学院大学の校舎の設計でも有名なヴォーリズ建築事務所が担当しています。

「旧」という言葉が示すように、老朽化によって廃校になり、一時は取り壊しの危機にも直面しました。

立て篭りなどの住民の猛反対にあい、現在では観光施設として保存、利用されています。

また人気アニメ「けいおん」の舞台にも使われていたことから聖地化し、休日になるとけいおんカフェが営まれています。

アクセスがいいとは決して言えませんが、休日には数千人が訪れることもある人気スポットです。

また、内装も童話「うさぎとかめ」をテーマにした階段があるなど、特徴的です。

〒529-1169 滋賀県犬上郡豊郷町石畑518

2016年後期NHKドラマ小説「べっぴんさん」

戦後の神戸をイメージするために、関西を中心とした様々な場所でロケが行われました。

関西を訪れる際には是非べっぴんさんのロケ地を訪れてみましょう!

スポンサーリンク