9/22公開「あさひなぐ」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

1

乃木坂46のなーちゃん&まいやんがマイナー部活にチャレンジ!

なぎなた部をテーマにした青春ドラマ「あさひなぐ」のロケ地をご紹介。

「あさひなぐ」はどんな作品?

「あさひなぐ」は小学館刊「ビックコミックスピリッツ」にて2011年より連載されている、こざき亜衣さんの漫画。

タイトルの意味は“主人公=旭(あさひ)がなぎなたで薙ぐ”を省略したもので、高校のなぎなた部の女子高生たちがインターハイ出場を目指して奮闘する姿が描かれています。

中学まで美術部でバリバリの文科系だった東島旭が、競技人口の少なさから素人でも活躍ができる“高校部活界のアメリカンドリーム”という触れ込みにひかれてなぎなた部に入部。

初の運動部ながら強い女子になるべく、先輩や同級生と一緒になぎなたに取り組むアツい部活ドラマです。
2017年5月までに単行本は23巻刊行されており、スポ根漫画として人気を博しています。

引用:http://realsound.jp/movie/2017/02/post-4178.html

2012年に「全国書店員が選んだおすすめコミック」9位にランクインし、2015年には第60回小学館漫画賞一般向け部門を受賞、じわじわとファンを獲得していきました。

小学館漫画賞といえば映像化の宝庫。

これまでに「海街diary」や「俺物語!!」といった名作が生まれ、2018年には映画「坂道のアポロン」が控えています。

「あさひなぐ」も例外ではなく、2017年5月20日からは舞台が全国順次公演、同年9月22日からは実写映画が公開します。

この企画は、2017年2月21日にさいたまスーパーアリーナにて開催された乃木坂46のアニバーサリーライブ「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」でサプライズ発表されました。

まさに満を持しての実写&2.5次元化ではないでしょうか。


引用:http://natalie.mu/eiga/news/229992

映画の監督は「ヒロイン失格」や「トリガール!」など青春ドラマを数多く手がける英勉さん、舞台の演出は「キサラギ」や「Side Show」の演出を手がけた板垣恭一さんがそれぞれ担当。

この記事では主に映画の情報とそのロケ地をご紹介します。

スポンサーリンク

「あさひなぐ」のキャストをご紹介

キャストは人気アイドルグループ乃木坂46のメンバーがほぼ担当しています。

先輩に憧れてなぎなた部に入部し、運動音痴ながらも没頭していく眼鏡が特徴の主人公・東島旭を演じているのは西野七瀬さんです。

舞台版では齋藤飛鳥さんが起用されています。


引用:http://www.nogizaka46.com/member/

その他のキャストは2017年5月30日にEXシアターで開催されたイベントにて明らかにされました。

ステージでは劇中衣裳を身にまとった映画版と舞台版の出演メンバーがなぎなたを披露したそうです。


引用:https://mantan-web.jp/2017/05/30/20170530dog00m200043000c.html

旭のあこがれであり、なぎなたひと筋に生きる先輩・宮路真春役は白石麻衣さん。

舞台版のキャストは若月佑美さんです。


引用:http://www.nogizaka46.com/member/

旭の同級生でお嬢様育ちの紺野さくら役は松村沙友理さん、剣道経験者の八十村将子役は桜井玲香さんが演じます。

舞台では新内眞衣さんと井上小百合さんがそれぞれのキャラクターを演じています。


引用:http://www.nogizaka46.com/member/


引用:http://www.nogizaka46.com/member/

なぎなた部新部長の野上えり役は伊藤万理華さん、ぽっちゃりだけど運動神経は抜群の大倉文乃役は映画「チア☆ダン」の東多恵子役で話題をさらったぽっちゃり体型の富田望生さんです。

舞台版の野上えり役は生駒里奈さんが担当しています。


引用:http://www.nogizaka46.com/member/


引用:http://natalie.mu/eiga/news/210091

そして旭や真春の強力なライバルである一堂寧々役には生田絵梨花さんが起用されました。

舞台版では堀未央奈さんが一堂寧々として旭と真春に立ちはだかっています。


引用:http://www.nogizaka46.com/member/

ちなみに、夏合宿で部員たちが過ごす尼寺の尼僧・寿慶はドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」にて強いインパクトを残した個性派女優・江口のりこさんが演じています。


引用:http://www.knockoutinc.net/artists/?id=1423254565-475633
スポンサーリンク

「あさひなぐ」の二ツ坂高校のロケ地をご紹介

メイン舞台のひとつである旭たちの通う二ツ坂高校のロケ地は、栃木県佐野市にある田沼高校。

「あさひなぐ」公式twitterでクランクインしたという旨の投稿に映っている場所がこの学校です。


引用:wikipedia

<グーグルマップ>

東武佐野線田沼駅から徒歩約20分の場所に位置します。

統廃合よって閉校した現在は佐野フィルムコミッションが管理しており学校シーンのロケ地として使われています。

これまで「傷だらけの悪魔」、「変ラボ」、「AKB ラブドラマ恋工場 卒業」などの映画・ドラマの撮影に利用されたそうです。

今回の「あさひなぐ」では、佐野フィルムコミッションがエキストラを募集していたことが口コミからうかがえます。

スポンサーリンク

「あさひなぐ」東京都での撮影場所をご紹介

大規模なエキストラ募集は、「あさひなぐ」を制作する株式会社ロボットの公式サイトでも行われていました。

募集が行われていたエリアに東京都23区外、八王子市や多摩市・国立市があります。

その中で撮影が行われたスポットのひとつが八王子市にある「東急スポーツオアシス南大沢店」前の歩道橋です。

事前募集があっただけにかなりの目撃情報がツイートされています。


引用:http://itot.jp/13201/83

<グーグルマップ>

同じく京王相模原線南大沢駅のすぐ近くにある「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」もロケ地として利用されていました。

引用:http://join.sc/event/view/134

<グーグルマップ>

国立市富士見台にある「英福食堂」というラーメン屋でも撮影が行われました。

JR南武線矢川駅から徒歩2分ほどの場所に位置します。

実際に営業している店舗なので、食事がてらロケ地巡りに行ってみてはいかがでしょうか。


引用:https://kfc.tokyo/location/14042

<グーグルマップ>

スポンサーリンク

そのほか「あさひなぐ」の口コミ情報

さすがは乃木坂46といったところでしょうか。

人気アイドルによるプロジェクトらしく目撃情報以外にもファンの方がロケ地やその内容を集積なさっているようです。

撮影はリアルとネットで温かく見守られているうちに(?)無事終了を迎え、2017年4月15日に西野さんの笑顔と共にクランクアップの報告が公式twitterに投稿されました。

原作者のこざきさんは“仲間であると同時にライバルでもある”という武道の性質がアイドルに共通していると思っていたそうで、薙刀×アイドルのコラボレーションに期待を寄せている様子。

映画の公開が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク