「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?

浜松

2017年の春スタートのNHK朝ドラは「ひよっこ」。

有村架純さんが主演で第二次世界大戦後の日本の復興が軸になります。

東京オリンピックや高度経済成長で賑わう日本の成長とともに主人公の谷田部みね子とその家族や友人の成長を描きます。

その「ひよっこ」のロケ地を静岡の浜松を中心に紹介します。

「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?:キャストは?

Hiyokko_Hamamatsu_001

引用元:http://eiga.com/news/20160926/18/

谷田部みね子(やたべみねこ):有村架純さん

本ドラマのヒロイン。

茨城県の奥茨城の小さな農家で生まれ育ちました。

高校卒業後は実家の農業を手伝いながらのんびり暮らそうと思っていました。

しかし、出稼ぎに出ていた父の谷田部実が行方不明に。

家族を支えるために東京への集団就職を決意します。

谷田部 実(みのる):沢村一樹さん

農業が大好きで奥茨城で一生、仕事をしていたいと思うっていた、みね子の父親。

不作の年に作った、借金返済のために東京に出稼ぎにいったものの行方不明になってしまいます。

谷田部美代子:木村佳乃さん

農作業の手伝いのかたわら、洋裁の内職で家計を支えています。

実がいなく寂しいが、無事を信じて気丈に振る舞っています。

角谷 三男:泉澤祐希さん

みね子の幼なじみ。

実家は農家をしていて三男は継ぎたいのですが、三男ということで外にでていかないといけません。

集団就職で日本橋の米屋で働くことになりましたが、もう一人の幼なじみの助川時子(佐久間由衣さん)と上京後も仲が良いです。

「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?:上野駅のセットはどこ?

Hiyokko_Hamamatsu_002

引用元:http://syu-zou123.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-6ab8.html

谷田部みね子は茨城県の奥茨城の出身の設定。

実際には奥茨城という地域はありませんのでこのドラマのためにNHKが設定した地名です。

この茨城県から行方不明になった父親の代わりにみね子が東京に出稼ぎにいきます。

その上京の第一歩が当時の玄関口であった「上野駅」です。

現在は東京駅が玄関口になっていますが、昭和30~50年台は東北や北関東からの玄関口は「上野駅」だったんです。

その昭和30年代の雰囲気を出すためにはセットを組む必要がありますが、都内でも有数の大きさを誇る、上野駅。

オープンセットを組むための広大な場所が必要です。

そこで考えたのが浜松にあるオートレース場を貸し切ること。

浜松オートの公式アカウントでつぶやかれていますが、駅とまるっきり違うところを使っています。

そこに上野駅の雰囲気を出すなんてドラマの撮影班、NHKって凄いです。

実際の放送をみてこの上野駅のシーンが「浜松オート」とわからない人が多かったようです。

ただ、中には「一発でわかった!」と言う強者もいたようです。

オープンセットでは浜松オート(オートレース場)のスタンドや建物内部を装飾して舞台の年代である昭和39年あたりの雰囲気を醸し出して撮影に臨んだようです。

運賃表に見える書体は当時そのまま、しかも料金もしっかりと調べていたようです。

これはNHKの本気具合というか仕事の優秀さに驚いてしまいます。

壁のポスターや看板もいい感じにレトロ感があって当時の上野駅さながらでした。

これは昭和31年にオープンしてそれほど大きな改修をしていない、浜松オートの建物があったからこそなんでしょう。

オートレース場は一般的に毎日レースを開催しているわけでなく、また場外販売だけの日もあります。

ですから日程調整をしっかりすればこのように大規模なロケも貸切で行えるのですね。

<浜松オートレース場>
電話番号:053-471-0311
住所:静岡県浜松市中区和合町936-19
開催スケジュール:公式サイトにて要確認
アクセス:JR「浜松駅」から16番のりば「和合西山線」に乗車、「オートレース場」下車すぐ
URL: http://www.hamamatsu-auto.jp/

<グーグルマップ>

「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?:みね子が通う学校は長野県松本市?

Hiyokko_Hamamatsu_003

引用元:http://blog.livedoor.jp/yamakyu3/archives/51448840.html

谷田部みね子は高校に通っていました。

茨城県の奥茨城という田舎でしたが、学業優先で家業の農業の手伝いもしながらしっかりと勉学に勤しんでいたようですね。

通学は田園風景の中を自転車で。そしてその高校は長野県松本市にある「松本深志高校」です。

茨城にも高校やその他の学校の校舎はあるのに、なぜこの松本市にある松本深志高校だったのでしょうか。

それはおそらく、この松本深志高校が古い鉄筋コンクリート造りの校舎だったからではないでしょうか。

昭和8~9年にかけて作られた歴史ある建物であり、管理普通教室棟は東京大学の安田講堂をモチーフにしてデザインされという話もあります。

レトロでしかもデザインに優れた建物、かつ学校として利用されているところということでこの松本深志高校がロケ地に選定されたのではないでしょうか。

<松本深志高校>
住所:長野県松本市蟻ケ崎3-8-1
アクセス:JR松本駅から車で10分程度

<グーグルマップ>

⇒ 31日間無料!ひよっこを見逃した方はこちら!

「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?:陸上部員が駆け抜ける場所は?

直接的に学校で撮影されたのではないのですが、高校の陸上部員が走っている姿がドラマ内でありました。

みね子の幼なじみである角谷三男が体育教師である木脇先生を追っかけるシーンです。

この木脇先生はあの、詳しすぎる解説で有名な増田明美さん。

久しぶりに増田明美さんが走っている姿を観たような気がします。

元マラソン選手、ロサンゼルスオリンピックの日本代表だったので走りはやっぱり速い!

SNSで増田明美さんの走りに驚きの声があがっていました。

放送第2週目のゲスト的な出演でしたが、今後どこかでまた出番はあるのでしょうか。

このロケが行われたのは茨城県常陸太田市にある白羽橋(しらはばし)です。

昭和40年前後といえばこういった木造の橋が当たり前でしたので違和感なくこの「ひよっこ」の世界に浸れますね。

にしてもよく、平成のいまになってもこういった木造の橋が残っていたものです。

ロケハン(ロケ場所の調査、下見)に時間をかえたNHKの執念を感じてしまいます。

白羽橋:白羽スポーツ広場付近 茨城県常陸太田市白羽町1738-1

<グーグルマップ>

「ひよっこ」ロケ地紹介!浜松・学校のロケ地はどこ?:工場ロケは富士市?

Hiyokko_Hamamatsu_004

引用元:http://hitsujitei.life.coocan.jp/tokaido-40.html

みね子は集団就職で上京することになりますがその就職先は向島電機です。

トランジスタの生産工場を持つほどの大きな会社です。

40人ほどが暮らす女子寮もあったりするのですが、都内にはそれほど大きな工場、しかもレトロな感じがする工場は皆無です。

会社の名前の「向島」は墨田区にある向島から付けられていると思います。

東京スカイツリーの周辺、隅田川公園などがある隅田川の東側のエリアです。

おそらくこの向島電機の工場やふだんの生活のシーンでロケが行われたのが富士市内です。

NPO「フィルムコミッション富士」のブログによると第25~61話の間で登場すると書かれていました。

工場内や建設現場、それに川沿いの風景だそうです。

場所の特定ができればまた詳しく記載していこうと思います。

フィルムコミッション富士のブログ:http://ameblo.jp/fcfuji/entry-12261733104.html
⇒ 31日間無料!ひよっこを見逃した方はこちら!

まとめ:半年間の長丁場、みね子はもっと成長します

Hiyokko_Hamamatsu_005

引用元:https://news.walkerplus.com/article/102575/

通常の民放のドラマは1クール、1つの季節で約3ヶ月の放送です。

しかし、NHKの朝ドラは1話15分といえど期間は半年間です。

通所の倍以上の製作期間でその間にドラマのキャラクターも成長していきますが、演じる俳優もどんどんと成長していくと思います。

「あまちゃん」では途中から出演だった有村架純さん。

今回はヒロインとして最初から出ずっぱりですからその成長が楽しみです。

もちろん、時代が進むにつれてもっと私たちにとって身近な場所でのロケが行われると思うのでとても楽しみです。

お勧め記事

「ひるなかの流星」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

4/29公開「無限の住人」 ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

「ひよっこ」ロケ地紹介!向島電機は静岡県富士市にある工場!?ロケ地はどこ?

「リバース」ロケ地紹介!横浜・山形県・仲町台のどこで撮影された?

「ひよっこ」ロケ地紹介!高萩のロケ地はどこ?

「ひよっこ」ロケ地紹介!茨城のロケ地はどこ?

「母になる」ロケ地紹介!幼稚園・京急・蒲田の撮影場所はどこ?

「母になる」ロケ地紹介!関東学院・横須賀の撮影場所はどこ?

「サクラダリセット」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

スポンサーリンク