「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ?

温泉 熱海

主人公の倉科カナさんと婚約者の三浦翔平さんがイチャイチャしている。
と、思いきや、それぞれ2人の心のうちにはお互いを信じきれていない「心の闇」があったり。
元カレや元カノの深い想いがあったり。とんでもない展開も話題の「奪い愛、冬」。

金曜ドラマとして23時からの放送にもかかわらず視聴率6%台と好調な様子。
今回はこのドラマの中でも話題となった温泉シーンの撮影が行われたロケ地の紹介します。

「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ?主要キャストの紹介

Ubaiai_001

引用元:http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2085424.html

ロケが行われた場所を紹介する前に、主要キャストについて紹介します。

キュンキュン&ドロドロの愛憎劇を演じるキャスト陣もきっと大変なんだろうな、と思ってしまいます。

池内光:倉科カナさん

このドラマの主人公。
アッパーワークスというデザイン事務所で働く女性。
職場恋愛の奥川康太とは婚約をして、結婚を控えています。

しかし、死ぬほど愛し合っていたのに、何も告げられずいきなり目の前から消え去った元カレの森山信との偶然の再会が彼女と康太の人生を狂わすことに。

奥川康太:三浦翔平さん

光の婚約者で同じデザイン事務所で働いています。

料理研究科の母親から溺愛されていてその環境から優柔不断の性格になったと思われます。

しかし、たまに見せる意志の強さはなにかしら危険な予感もします。

奥川美佐:榊原郁恵さん

Ubaiai_008

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/cast/

康太の母親であり、料理研究家。
一人息子の康太を溺愛しており一旦は自分のコネを通じて康太を就職させました。
しかし、いつのまにか康太は転職していてしかも自分には全く内緒で光と付き合い、そして婚約までしたことを知って大激怒しています。

光に騙されているという疑心暗鬼もあり光に対して執拗な嫌がらせをしています。

特にこの温泉旅行のあった回の話しはその行動がエスカレートしているとSNS上で話題になっていました。

尾上礼香:ダレノガレ明美さん

Ubaiai_007

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/cast/

康太の元カノ。
奥川家と尾上家はもともと家族ぐるみの付き合いをしていて、礼香は康太の母親である美佐から今でも相当気に入られています。

ことあるごとに康太や光の目の前で「礼香ちゃんと結婚してくれたら…」と話しているぐらいです。

奥野秀子:秋元才加さん

Ubaiai_006

引用元:http://dorama9.com/2016/11/17/post-2356/

光と康太と同じデザイン事務所で働く後輩。

会社内での評判もよく光と仲が良さそうに見えますがあくまでも表面上。
実際には豊野は康太のことが好きで、自分のことを振り向いてもらおうと思っています。

康太と光の仲を壊そうと密かに思っています。

森山 信:大谷亮平さん

Ubaiai_009

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/cast/

かつての光の恋人。
その頃は光と同じデザイン事務所に勤務していて光の上司という立場でした。

ある事情から光の前からいなくなり、福岡で幼なじみの森山蘭と結婚。
福岡で「ウルトラデザイン」という事務所に勤務しています。

3ヶ月間の期間限定の東京勤務でかつての恋人の光と再会してしまいます。

森山 蘭(水野美紀さん)

Ubaiai_010

引用元:http://dorama9.com/2017/02/04/post-3902/

信の幼なじみでいまは夫婦となった蘭。

嫉妬深く、信の東京への期間限定勤務もことあるごとに上京して様子をうかがっています。

信と光が会っている場所にフラっとあらわれたり、2人がキスしている部屋のクローゼットからあらわれたりと…

嫉妬の炎は徐々に大きくなっています。

この他のキャストについても光や信の昔に関わっている人がいて、ラストに向かってどういうふうにドロドロになるのか少しおぞましい気がします。

でも、たまにいままで出てきた光と康太のラブラブ&イチャイチャについつい幸せそうだなーとこのドロドロを一瞬忘れてしまうこともあるんです。

「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ? 貸切混浴温泉で愛を確かめるものの…

Ubaiai_002

引用元:http://onsen.surugabank.co.jp/higashiizu/315.html

康太と光の2人で温泉旅行に行ったのは第3話。

ドラマの中では「熱海への一泊旅行」となっていましたね。

浴槽にはいる2人のすぐ下には熱海の街並みがみえ、そしてその向こうには海と青い空がひろがっています。
まさに熱海の温泉宿のどこかですね。

このロケーション、とてもわかりやすく温泉好きにはすぐにわかったのではないでしょうか。

この場所は熱海の老舗旅館、「熱海の癒(ゆ) 新かどや」の屋上露天風呂です。

「新かどや」ではこの屋上風呂を「天空の露天風呂」と名付けていてこの旅館の人気風呂にもなっています。

なによりも熱海の町、と海と空を一望できるこの風景は絶景!

しかも、敷地内にに源泉がありその源泉の湯量は豊富なので掛け流しのお風呂がいくつもあるほどだそうです。

毎分140リットルとその数字を聞けば納得の湯量ですね。

「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ?宿泊した温泉は?部屋はロケ?

2人が愛を確かめあった露天風呂と同様、高級旅館の廊下や実際の部屋を使ってロケが行われたのは「熱海の癒(ゆ) 新かどや」です。

光と康太と部屋で一緒にゆったりと過ごそうと思っていたのに、いきなり予告もなく康太の母親の奥川美佐(榊原郁恵さん)が現れたのにはびっくりですね。

婚約をしているのに光のことをよく思わない美佐の嫌がらせとしか思えません。

しかも、寝室をいきなり「ガラ!」とあけるのは恐怖と驚きでびっくりしてしまいます。

この「熱海の癒(ゆ) 新かどや」は創業120年の老舗旅館。

品もありますし、従業員の心からのおもてなしが気持ちよくて雰囲気も良いと評判です。

ちなみに1泊の料金は部屋のグレードや料理などでプランがいろいろありますが、2~3万円台といったところです。

<熱海の癒(ゆ) 新かどや>
電話番号:0557-81-6185
住所:静岡県熱海市小嵐町14-8
アクセス:JR東海道線「熱海駅」から車で約8分
URL:http://shinkadoya.jp/

<グーグルマップ>

「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ?温泉街をゆっくり歩く-仲見世通り

https://twitter.com/ubaiai/status/827523489796009984

康太と光が仲良く、温泉街を歩いていると結婚を目の前にした幸せそうなカップルだなーと思ってしまいます。

実際は光は元カレのことが忘れられず、康太は母親や元カノ、それにデザイン事務所の同僚から慕われています。

光のことが好きで好きでたまらないのですが。

さて、そんな2人が仲良く一緒に歩いていたのが熱海駅前の「仲見世通り」です。

一瞬、「KICHI」というカフェが見えましたので確定ですね。

熱海駅前の仲見世通りの目印にこのカフェの情報を記載しておきますね。

<CAFE KICHI>
電話番号:0557-86-0282
営業時間:月曜~金曜13:00~21:00/土日祝日12:00~21:00
住所:静岡県熱海市田原本町5-9
定休日:水曜
アクセス:JR「熱海駅」から徒歩3分
URL:http://www.cafe-kichi.com/cafekichi/index.html

<グーグルマップ>

「奪い愛、冬」ロケ地紹介!温泉はどこ?遊びの射的で本気になる康太

Ubaiai_003

引用元:http://news-act.com/archives/49612871.html

ちょっとレトロな温泉街といえば射的やスマートボールや輪投げがあったりします。

このドラマの中でも射的が登場。
射的というとカップルだと2人で仲良くワイワイやるのが定番だと思うのですが。
康太は遊びではなくて、射的の的を光の元カレの信(大谷亮平さん)に見立てて本気の殺意で狙っていました。

少なくとも僕の目にはそう見えました。ちょっと射的でそこまで本気の殺意を出すなんて、めちゃくちゃ怖いですよね。

この撮影が行われたのが「ゆしま遊技場」。
昭和レトロ感が半端なく、雰囲気があっていい場所です。

Ubaiai_004

引用元:http://kuchikomi.navitime.co.jp/spot/image/00000038258_04001_tvm00278493

射的の他にスマートボールも何台かあって遊ぶことができます。

パチンコとルールも遊び方も違うので若い世代の人はやったことがないかもしれませんね。

熱海にいった際には是非、ゆしま遊技場に足を運んでみてください。

ただし、不定休ですし、営業時間が若干変更になったりするので気をつけておいてください。

<ゆしま遊技場>
電話番号:0557-81-2807
営業時間:13:00~20:00頃(日によって変更の可能性あり)
住所:熱海市銀座町5-9
定休日:不定休
アクセス:JR「熱海駅」から徒歩12分

<グーグルマップ>

 まとめ:これからの展開が怖すぎる「奪い愛、冬」

Ubaiai_005

引用元:http://ameblo.jp/sabaaidii929/entry-12229005528.html

婚約をしているのに元カレに惹かれる、そしてその婚約者の気持ちがわかって愛しているのに憎しみが増していくという愛憎劇のこのドラマ。

主人公の2人だけでなく森山夫婦の愛憎も加わります。

しかもこのドラマの凄いところはさらに母親や元カノ、上司などさまざまな人物が愛憎劇に巻き込まれていくのです。

これからもこのキュンキュン&ドロドロの愛憎劇から目が離せません!

スポンサーリンク