「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

b2ff5afb74966c01
スポンサーリンク

福士蒼汰が飼い猫と共に自分を見つめ直す感動ストーリー

「曇天に笑う」などで活躍中の、福士蒼汰さん。

福士蒼汰さんのイケメンな容姿ではなく、サトルになり切った彼に目を向けてみてほしい映画です。

有川浩さん著書の長編小説を映画化したものです。

可愛いルックスが特徴で、事故による足のハンディキャップを抱えた猫のナナと、人にも動物にも優しい30代のサトル。

2人はいつまでも一緒にいられると思っていたのですが、”ある現実”が2人の過ごしてきた平穏な時間を引き裂きます。

サトルはナナを本当は手放したくないのです・・・別れたくない2人が共に旅に出ることで何がお互いのためになるのか考えます。

この映画はまだ10月26日の公開なので、情報源が極めて少ないですね。

予告編は短編バージョンで、キャストもまだ2名しか分かっていません。

秋になるまでにこれから随時、更新されていく事かと思います。

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:あらすじ

ある事情から5年以上も一緒に時間を共にしてきた飼い猫、ナナを新しい飼い主に引き渡さなくてはならなくなった、30代の宮脇悟。

彼は自身の過去と今を見つめ直す為に、ナナを連れて長距離の旅に出ます。

銀色のワゴンに乗りまわしながら、ナナと自分にとって何が最適な結論(こたえ)なのかを考えます。

動物から見る人間という生き物と生き方が如実に伝わります。

また、ナナは旅先で、宮脇悟の人生を知り、彼が言うように、一生彼の相棒になることを望みますが、現実は思わぬ方向に動かざる得ませんでした。

ネタバレは敢えて控えますが、動物に人間の言葉なんて分からない、動物は感じることはあまりないだろう・・・そんな偏見的価値観をひっくり返します。

動物にだって人間以上の考えを持ち、人と暮らすなかで、自分の人生においてこの人と一緒に生きていくかどうかを決めます。

私の祖母が2匹猫を飼っていたのですが、亡くなる直前まで祖母のことをとても信頼していました。

猫よりも犬のほうが人間に忠実、猫は気まぐれ・・・ってよく聞きますが、猫だって、人間をよく見て自分の人生のパートナーとして選びます。

可愛いだけではなく、生きるということにおいて、人も動物もそれなりに深く考えて悩んで、長い時間をかけて答えを探しているんだなっていうことが身に染みて伝わりますよ。

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:キャストは?

福士蒼汰(”サトル” 宮脇悟)

30代の男性で、ナナの飼い主。

とある理由で愛猫であるナナを手放ざるえないことになります。

猫をこれまでに飼った経験があり、猫との接し方に長けています。

ナナの新しい飼い主探しと自分自身と向き合う為に長距離の旅にナナを連れて出かけます。

高畑充希(ナナの声)

元々は野良猫でしたが、交通事故で右足を折って以来、サトルの飼い猫になりました。

人の言葉が理解出来る知的な猫でもあります。

尻尾がナナの字に曲がっていることから”ナナ”と名づけられました。

5年以上、サトルの良き相棒として暮らしてきましたが、ある理由を境に、サトルと別れ、新しい飼い主の元に渡る為、サトルと最後の時間を一緒に過ごす旅に出ます。

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:巴波川

ここで、福士蒼汰さんを目撃した人がおり、ロケ地としてここではないかと言われています。

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:笛吹川

笛吹川では、福士蒼汰さんと広瀬アリスさんを目撃した情報が寄せられています。

旅猫リポートでのキャストは、高畑充希さんは愛猫、ナナの声を務めることで公表されましたが、広瀬さんもこの映画で何か役を演じるのか、別の刹絵なのか気になりますね。

https://twitter.com/aina0love/status/840452570422292480

https://twitter.com/fuefukinakahide/status/840381084135219200

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:大淵笹場

こちらでも、福士蒼汰さんと広瀬アリスさんの目撃情報が寄せられていました

これからの旅猫レポートのキャストも随時更新されるかと思います。

また、「旅猫レポート」特報の予告編でも映った黄色い菜の花畑の撮影場所が、大分県豊後高田市にある長崎鼻リゾートキャンプ場ではないかと言われています。

 「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:原作本に、読み終わりたくない読者続出

原作本の読者から”読み終わりたくない”、”ナナとサトルの旅がまだ続いてほしい”など、読了後に胸が熱くなった人たちが続出していることがわかりました。

https://twitter.com/keromamy/status/985156365009141762

 原作本を読んだ私が伝える「旅猫リポート」ここに注目!

旅猫リポートの原作を本日、地元の書店で読んできたのですが、既に本を持っている方々のように、涙が止まりまらず、サトルとナナの旅が終わってほしくないって思わずにはいられませんでした。

そこで、旅猫レポートの映画を見る上でここに目を向けてほしいって思う見どころを紹介します。

1、動物は人間以上に周囲を見て、状況を理解している。

2、猫が好きな人も、猫を飼ったことのある人も共感せずにはいられない

3、動物の目線で紡がれるストーリーは、子どもも大人も親しみやすい

4、一人の人間の生きざまが猫との旅を通して描かれている

5、いつまでも一緒にいたいけど、現実が時として出会いと別れを生み出す

6、主人公、宮脇悟という若き男性の生き方と彼の人柄に注目してほしい

7、サトルがナナを連れて旅に出た衝撃の理由に嗚咽を抑えられない

最後までこの作品を読んだのですが、なぜ、5年以上も過ごしてきたナナを手放さなければならなかった理由が衝撃すぎて胸が詰まりました。

ナナが出逢え、信頼を寄せる人間がサトルで良かった・・・ってつくづく実感できます。

猫をこれから飼う人も、猫に偏見がある人も、猫以外の動物と暮らすことを考えている人にも是非、知ってほしい作品なんです。

サトルはナナを連れて知人や、自身の複雑な生い立ちに深く関わる関係者の元を訪ね、「ボクの猫をもらってくれませんか?」と頼みます。

経済的に不自由もしていないから猫を飼えない状況にもない、飽きたからとか身勝手な理由でもない・・・なぜ?どうしてこんな愛らしくて他のどんな人間よりも、サトルを信頼しているのに、サトルは他の人に渡そうと必死になるの?ナナを連れて旅を続けるの?って最初は、サトルの行動にとても疑問が湧きます。

旅の中での猫好きな人との出逢い、知人の優しさ、サトルは人間的にも温厚で人とも動物ともより良い関係を築ける真っ直ぐな人間です。

こんなに愛情深い人なのに・・・でも、これまでのサトルとナナの旅とサトルの行動の箇所箇所からして、次第に彼がナナを手放さなければ・・・、自分と別れて他の人の元で平凡に暮らすことがナナにとっての幸せだ・・・と追い込んでいる動機がわかりますよ。

ポスターに、”ナナ、最後の猫が君でよかった”、”そんなこと、ととっくに知ってたよ”映画を見た後にこの言葉の意味がわかった時、きっとあふれる涙を抑えることは出来ないかと思います。

「旅猫リポート」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介:まとめ

旅猫レポートは10月に公開なので、情報は微量ですが、とにかく人の心に訴える作品です。

猫と飼い主の平凡な旅だと思ってのほほんとした雰囲気のなかに隠された、サトルがナナを連れて旅に出た動機に注目

動物と人がこんなにも絆が育めることは奇跡なんかではないということ

動物と暮らしてきた人、これから家族として動物をペットショップなどへ迎えに行く人に見てほしい作品。

スポンサードリンク