「沈黙‐サイレンス‐」ロケ地紹介!撮影場所&キャスト紹介

1

 

2017年1月21日から公開が始まったのが、マーティン・スコセッシ監督が手がけた映画である、「沈黙 -サイレンス-」です。こちらの映画の原作はなんと日本人の作品であり、1966年に出版された遠藤周作の「沈黙」です。

今回の映画はなんと構想だけで28年かかったと言われている、スコセッシ監督の渾身の一作だと言われています。ジッタ祭に、第89回アカデミー賞では撮影賞にノミネートされました。

この映画の原作である、遠藤周作の「沈黙」は、戦後日本文学の最高峰とも称されており、17世紀江戸初期を舞台に、長崎の激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本・長崎を舞台として描かれた、人間にとって本当に大切なものとは何かを、テーマにしている作品です。

それでは一体その「沈黙 -サイレンス-」のロケ地やキャストは一体だれなのかを早速見ていきましょう。

「沈黙 -サイレンス-」の原作やあらすじは一体どんな作品なの?

 

1

引用:http://getnews.jp/archives/1544110

遠藤周作によって描かれた原作の沈黙は、史実、歴史文書に忠実に基づいて作成された、17世紀の江戸時代初期においての長崎のキリシタン弾圧を描いた作品です。

実在するイエズス会の日本管区長代理を務めたポルトガル人司祭のクリストファン・フェレイラが棄教した事を知った弟子であるセバスチャン・ロドリゴが真相を求めて日本に潜入したところから物語は始まります。

3

引用:http://ciatr.jp/topics/15586

セバスチャン・ロドリゴも、その師匠と同じように長崎において隠れキリシタンへの布教活動に身をささげるが、仲間の裏切りによって捕らえられ、踏み絵に足をかける際のロドリゴの心の葛藤、神への問い掛けを描き、神の愛、神への愛を映像化した作品になっています。

6

引用:http://kokai.jp/2016/11/27/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%83%BB%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%91%A8%E4%BD%9C%E5%8E%9F%E4%BD%9C%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB-%E6%B2%88%E9%BB%99-%E3%82%B5%E3%82%A4/

この作品のモデルとなったのはイタリア出身の実在の神父ジュゼッペ・キアラで実際に棄教後に岡田三右衛門の名を与えられ、江戸小石川の切支丹屋敷で生涯を終えていたようです。

スポンサーリンク

「沈黙 -サイレンス-」の気になるキャストって一体誰なの?

1

引用:http://beagle-voyage.com/silence-la-report.html

セバスチャン・ロドリゴ(岡田三右衛門)を演じたのが、アンドリュー・ガーフィールド

『ソーシャル・ネットワーク』や『アメイジング・スパイダーマン』などで主演をつとめている、アンドリュー・ガーフィールドが今回の映画の主役を務めます。

彼が演じるのが、主人公のポルトガル人宣教師ロドリゴであり、恩師フェレイラ棄教の謎を追うため、日本へ向かう。しかし、その途中でキチジローの裏切りで日本人に捕まってしまい、信仰を続けるか、棄教するか思い踏み絵の前で選択を迫られます。

本人は映画の原作・脚本を読むことで強い衝撃を受けたとインタビューで語っています。この宣教師ロドリゴ自身は架空の登場人物ですが、モデルとなっているのは実在したイタリア出身の神父ジュゼッペ・キアラのようです。

フランシス・ガルペを演じたのが、アダム・ドライバー 

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で、悪役カイロ・レンを演じたアダム・ドライバーが、今回はロドリゴと共に日本を訪れるポルトガル人司祭フランシス・ガルペ役を演じています。

ロドリゴと共に日本に渡った後には、ロドリゴとは別行動をとるもののが最終的に奉行所に捕らえられ、ロドリゴの前で殉教する信徒たちとともに命を落としてしまいます。

2

引用:http://cinefil.tokyo/_ct/16820707

キチジローを演じている、窪塚洋介 

 

窪塚洋介が演じているのが、イエスを売る裏切者ユダとも重ねて描かれる棄教者キチジローです。

キチジローは、ロドリゴがマカオで出会った日本人の男であり、ロドリゴを日本へ連れて行ってくれるものの、長崎奉行所にロドリゴの居場所を密告し裏切ります。

実は、作品のテーマの一つである「人間の弱さ」を象徴する存在でもあるキチジローは、作中で最も重要かつ最も印象的な登場人物と言われています。

日本人通詞を演じている、浅野忠信 

ポルトガル人宣教師の通詞を演じているのは浅野忠信です。井上の部下で奉行所の通訳を務めている日本人通訳は、自身もキリスト教徒であった為に、ロドリゴに対しては説得という形で棄教を勧めます。

実は、通詞役は渡辺謙が最初はキャスティングされていたものの、スケジュールの関係で、代わりに国際的にも評価の高い浅野忠信が起用されました。

 

4

引用:http://arufa55.com/kubodukayousuke-chinmoku/

井上筑後守が演じているのが、イッセー尾形 

イッセー尾形は、幕府大目付・宗門改役であり、拷問方法の一つとして、穴吊りを編み出した人物でもあります。過去には熱心なキリスト教徒であったものの、信仰を捨てた今ではロドリゴにキリスト教は日本では根付かないと説得します。

リーアム・ニーソンが演じているのが、クリストヴァン・フェレイラ神父

ポルトガル人の高名な神学者にしてイエズス会の教父でもあります。しかし、日本で布教中に捕縛され、「穴吊り」の拷問に負けてしまい、棄教してしまいます。

加瀬亮、そして小松菜奈が演じているのが、 伴天連の村人役

村にいる日本人の隠れキリシタンとして出演しています。

「沈黙 -サイレンス-」の気になるロケ地はどこにあるの?

8

引用:http://beagle-voyage.com/silence-photos-japanese-casts.html

実は、この映画のロケは台湾で行われました。

作品の舞台は17世紀、江戸時代の長崎なので、実際に日本で撮影をすることも検討されていたようですが、規制の問題などのせいで、断念したそうです。

しかし、台湾での撮影においては日本人スタッフを始めとした国際的なスタッフ陣の協力の下、撮影されたようです。

9

引用:http://beagle-voyage.com/movie-martin-scorsese-silence-release-date-2016.htm

 

スポンサーリンク

まとめ

3

引用:https://oriver.style/cinema/silence-japan-premiere/

数百年前の日本において、信仰の自由が制限されていた時代と、その信仰に対して戦い抜いた男たちの姿が描かれている作品が気になる方も多いのではないでしょうか。

なぜこんなに強い意思を持って動くことができるのか、自らが正しいと思う信念と信念のぶつかり合いや、その真剣さに、自分の生活も見直してみるきっかけにもなるかもしれませんよ。

10

引用:https://oriver.style/cinema/silence-japan-premiere/

スポンサーリンク