『ドクターX』第8話の感想&ネタバレ!新米からの告白に、未知子の「だから?」も意外な展開に発展

5fd3bafa15a42568d91eec5ad06b1416-1-e1506930279254-728x841

「私、失敗しないので!」という名台詞でおなじみの米倉涼子さんが主演するドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の第8話が11月30日に放送。

今回は落語家の林家正蔵さんが元大臣秘書官・八雲拓哉役で登場しました。

この作品は、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子さん)が活躍する人気医療ドラマの最新シリーズ。

日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」へ再び派遣された未知子が、初の女性院長誕生を機に、新たな権力争いが渦巻く巨塔に立ち向かっていく姿が描かれています。

ドクターXの第8話の感想!

そんな中、今回は正蔵さんが演じたのは、根治手術は不可能とされる病を患い、死を覚悟した元大臣秘書官・八雲拓哉です。

正義を貫いてこの世を去ろうと決意し、厚労省の不祥事を告発する人物です。

今回の出演のため正蔵さんは、ダイエット。

画面からでも結構やせ細った感じで、ネット上でも「正蔵さん、すごく病人っぽい」「激ヤセ!」という声が飛び交い、患者であることを見事に体現していました。

今回のストーリーですが、元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵さん)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発しました。

なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟し、ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったのです。

その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行さん)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してきました。

八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、執刀医はフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子さん)以外には考えられない状況で、病院の部長たちも満場一致で、大門に任せようと珍しく同意したのです。

ところが、ここで不測の事態が起こりました。

何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗さん)が執刀医に立候補したのです。

今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされました。

それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。

執刀医は未知子に決定したのですが、ここで思わぬ壁が立ちはだかりました。

なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄さん)の友人だったのです。

内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一さん)に変更するよう命令。

八雲に「私にオペさせて!」と直接言いに行きますが、蛭間は「クビ!」と未知子は病院を解雇されてしまったのです。

当然のごとく、納得のいかない未知子。

そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、ある信じられない行動にでたのです。

その行動とは、未知子に「僕だって医者です。この病院は腐っています」と言ったかと思うと、次の日病院内にある告発文というか、脅迫文が届いたのです。

「これまでの難しい手術は大門未知子が行った。これをリークされたくなければ、今回の手術も大門未知子にやらせろ」と。

病院内は大騒ぎの中、なんと西山が八雲の手術を許可ないし初めてしまったのです。

止める部長たちですが、「上の許可はもらっています」と。そこで、助っ人に大門が登場しました。

手術は難航、執刀医は八雲のまま進行しました。

しかし、西山も手が止まってしまい、大門は変わって手術を続行し、見事に無事手術を終えたのです。

その後、大門は西山を呼び出し。「完璧じゃないまま、あんたオペをはじめたのよ。そんなんで患者が救えるわけないでしょ」と珍しく説教をしたのです。

そこで、永山は「内神田会長は、僕の父親なんです」と告白したのです。

その裏があったため、“上の許可”を得たわけですが、患者には関係ありません。

大門は、「だから?」と。しかし、西山は、どうして手術をしたのか?それは医者としての向上心も芽生えがあったのです。

「あなた(大門)に会うまでは、普通に過ごすつもりでした。でも、それじゃ医者になった意味がない。大門先生の手術をみていて、あなたのような医者になりたい。失敗しない医者になるために、失敗することもある」と。

しかし、大門は「患者に次はないんだよ。だから、医者は失敗しちゃいけないんだよ」と、熱い思いをぶつけ合ったのです。この言葉に、視聴者からは「なんて心に響くんだ」という声があがっていました。

そして、ラストのラストに例のFAXの犯人が判明。実は、海老名だったということで、この事実が判明して「可愛すぎます」「海老名先生もサイコーに面白かった」「おいしいところみんな海老名先生に持って行かれちゃいますね」と反響でした。

スポンサーリンク

ドクターXの第9話はどんなあらすじ?

注目は、第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花さんがメインゲストで登場することです。

それと、大門未知子がぶっ倒れていた理由、この2点でしょう。

井本さんは、今年8月に行われた本選大会で、応募総数8万150通の頂点に輝いた当時13歳の逸材です。

そんな井本さんが早くも華々しいドラマ・デビューをこの『ドクターX』で飾ります。

本作の主役で、同じ事務所(オスカープロダクション)大先輩でもある米倉涼子さんとの初共演になるわけですが、井本さんは小学1年生のときからずっとクラシックバレエをやっていたようで、劇中でも披露するシーンにも期待が高まります。

さて、あらすじですが、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀さん)の娘も通っていたバレエ教室の生徒・九重遥(井本彩花さん)が、祖父・九重節郎(大友康平さん)とともに「東帝大学病院」を訪れました。

バレエの選考会を目前に控える中、足の痛みがおさまらず、検査を受けにきたといいます。

幸いにも大事には至らない炎症だと判明するが、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子さん)は放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性を示唆。

遥をよく知る博美は心配し、母・九重比佐子(原沙知絵さん)に再検査を受けるよう連絡します。

しかしその直後、なぜか比佐子は節郎と一緒に来院した遥を責め……!?

後日、「東帝大学病院」の整形外科医・木元(きたろうさん)が遥を再検査すると、やはり舟状骨骨折であったことが発覚。完治させるには、2回の手術と半年もの時間を要するため、選考会は諦めざるを得ない状況。

遥は残酷な現実に、ひどくショックを受けます。

その矢先、未知子がたった1回の手術で、選考会までに完治できる術式を提案しますが、この無謀ともいえるオペを実現させようとする未知子の前に、簡単には乗り越えられない“高い壁”が立ちはだかります。

一方、「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄さん)は未知子を日本の医学界から排除すべく、本格的に暗躍し始めます。そんな中、目の前の患者を救うべく、まい進し続ける未知子。

ところが、“想像を絶するような窮地”にやがて立たされることになり……。

いよいよ終盤。毎回、大きな手術で終わることが多い、この作品ですが、どんな終わりを迎えるのかも注目ですね。

特に予告のラスト数秒でながれていた大門が倒れている様子……。これが何を意味するのかも気になります。

スポンサーリンク

ドクターX第8話のネタバレ!別視点からはこちら!

平成狸ぽんぽこ声優、林家正蔵が失敗しない天才に救いを求めた!

今回のドクターXは、今話題の大御所落語家、林家正蔵さんがゲスト患者として出演します。

大門未知子が日本医師倶楽部会長、内神田の黒い陰謀により、オペから除外されてしまうという大ピンチ!若手新人の西山の突飛な行動に目を離さないでください。

また、今回の患者、林家正蔵さん演じる、根治手術不能な癌を抱え、死を覚悟した元大臣秘書官、八雲は、厚労省にて、不祥事を告発。

しかし、告発した人物は内神田と親しい関係にあり、彼に圧力を掛けられた蛭間は未知子を八雲のオペをするなと言われてしまいます。

未知子は当然反論しますが、永山彩斗さん演じる、新人医師、西山が未知子に猛反撃の予感です。

林家正蔵さんといえば、言わずと知れた落語界のトップ、林家三平さん(初代)の息子さんとして世間的に有名です。

しかし、彼がジブリ作品で声優をしていたことを、視聴者の皆さんはご存知でしょうか?

私は、平成狸合戦ぽんぽこがジブリ作品で一番好きなのですが、林家正蔵さんはぽんぽこで声優を務めていました。

「平成狸合戦ぽんぽこ」はジブリ作品のなではコアでマニアック過ぎてあまり注目されないのが惜しいんですが・・・・正蔵さんは、野々村真さんが声優を務めた主人公、正吉の親友、ぽん吉役でした。

正蔵さん演じたぽん吉が、「ぽんぽこ」の映画終盤にて、「狐や狸が化けて姿を消したってニュースで言うのやめてもらえません?そりゃあキツネや狸は化けて姿を消せるのもいるけど・・・ウサギやイタチはどうなんですか?自分で姿を消します?」と、動物に対する人間の偏見をやんわりと視聴者に伝えたシーンは印象深いです。

ぽん吉のようにおっとりした雰囲気を醸し出しながら、八雲が、未知子にどのように彼女の心を動かすのか楽しみですね。

また、今回の役作りの為に体重を落としたという正蔵さんですが、ネットニュースでは彼のご家族について心配の声が上がっています。

正蔵さんは完全否定していますが、“不祥事”、“癌患者”という難役を熱演されるので、期待ですね。

未知子オペ除外?!不正を抱える政治家秘書の命の行方は?!

前回は城之内博美が出演していなかったので、博美がいないとネット上で話題になっていましたが、内田有紀さんがしっかり出演していますね。

麻酔科医の博美は未知子の相棒として外しちゃいけない重要な存在なのに、なんで前回は博美が「お休み」だったのか疑問です。

「御意三人衆」の3タカシの慌てた走りっぷりがどこか可愛かったです。

草刈正雄さん演じる日本医師倶楽部会長、内神田の存在感強烈ですね!

恐い!穏やかな低音の声に加え、表向きはあまり感情を表に出さなそうな顔をしていますが、この男に盾突く者は医師生命が危ないんです!未知子、気を付けて。

未知子、流石だと思いました・・・カンファレンスにいた全員が未知子の治療方法にメモ取る集中力・・・まさしく、”大門でこの一体化”ですね。

内神田はソンタくんも怯むほど最強で雷が落ちたような恐ろしさと迫力がありました。

御意3人衆と蛭間の恐怖の食事会のシーンは緊迫感があって、視聴者の私も、いつ彼が機嫌を損ねるかハラハラしっぱなしでした。

今日も蛭間の顔色を窺いながら行動する”3タカシ”社畜お疲れ様です。

海老名VS蛭間のドクターX名物、上下関係ですが、海老名が今までよりも時折、蛭間に対して穏やかに反発するところは面白いですね。

海老名は未知子に「顔怖い」って言われる程強面の顔に似合わずチキンなところがあるので、応援したくなります。

内面は優しく、未知子に対しても内心は彼女の医師としての実力を熟知しているので、蛭間などの前ではあまり表立って発言出来ませんが、一歩引いて未知子の行方を見守る”先輩”のような一面があると思いました。

小ネタをぶっ込む今回のドクターX、死にましぇーん!って某恋愛トレンディドラマの名言じゃないですか。

ピコ太郎もかつてはネタになっていて、蛭間が「ペンメロ」言い出した時を思い出します。

若手医師、西山が先輩、未知子に思いの丈をぶつけた「ある場面」では、若手と人生経験豊富な彼女の価値観の違いが見られ、新鮮でした。

誰かによって、東帝大学病院と未知子の間にある「重大な秘密」が公開され、進展したところは目が離せなかったです。

西山はみんなには「上から許可をもらった」なんて言って更なるトラブルを運んできます・・・。

西山くんの意外な素性に仰天でした・・・内神田と西山の複雑な関係性や、八雲のオペを頼んだ経緯は考え深かったですね。

若さ故、尖がっている西山は堂々と先輩にも思っていた事を素直に口にしますが、未知子に対して奥深い新人らしい気持ちがあったんですね。

”失敗された患者に次はないんだよ!だから医者は絶対に失敗しちゃいけないの!”未知子の「絶対に失敗しない」ポリシーにはこんな熱い思いが込められていたとは・・・未知子、恐るべし。

神原晶さんと内神田の「あるやり取り」は引き込まれました。

二人とも冷静で重苦しい雰囲気を作りながら話している内容には、見えない愛が隠されていたんだなって思いました。

八雲さん、なに蛭間に調子合わせてるの!衝撃が黒すぎる大人の事情感でしたね。

内神田と西山の「とある場面」は胸がジーンとしました・・・距離感があったからこそ、これまで言えなかったことや、わだかまりがある事を感じさせられます。

西山の怒りと真っ直ぐな思いは医師としてまだ未熟だけど、患者の為に何が出来るのか彼なりに考えている生真面目さが滲み出ていました。

スポンサーリンク

絶対に失敗しない女医に危機が?!ブラックなトップとのバトルも見逃せない!

未知子が倒れてしまったり、蛭間に西山の絶対に公にできない事実が発覚して次回も波乱の展開を予想させます。

さらに、内神田と未知子の医師としての価値観をぶつけた直接対決も見逃せません。

未知子、どうした?!来週も「絶対に失敗しない」手術を成功できるのでしょうか。

スポンサーリンク