『オトナ高校』第4話の感想&5話あらすじ!「色気が凄い」黒木メイサ、三浦春馬との混浴が話題に「デコルテやべ〜」

オトナ高校

三浦春馬さん主演のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05~23:59)の第4話が、11月11日放送され、三浦さんと共演の黒木メイサさんの混浴シーンに注目が集まりました。

この作品で三浦さんが演じているのは、東大卒のトップバンク行員である荒川英人。高身長・高学歴・高収入という自他共に認めるエリートでありながら、実は童貞の“チェリート”です。

オトナ高校第4話の感想!

そんな英人が第1話で突然、国からオトナ高校への入学を義務付けられ、「なんでオレが童貞だって知ってんだよ、国家ぁぁぁ!」と動揺しつつも、しぶしぶ入学。

卒業条件である“童貞卒業”を目指して恋愛を学ぶことになりました。

そこでは、30代から50代まで様々なタイプの恋ヘタ学友らと悩みを分かち、時にぶつかり合いながら、10代の高校時代には味わえなかった青春をやり直し、人として成長していく姿が描かれています。

第1話から童貞卒業を目指して、いろいろな男女の関わりについて学んできましたが、この第4話では、さらに上級なカリキュラムが用意されていたのです。

今回のお話ですが、高いだけでちっとも役に立たないプライドをかなぐり捨てて、“ありのままの自分”をさらけ出し「童貞」であることを告白したチェリート・荒川英人(三浦春馬さん)は、18年ぶりに再会した幼なじみ・中山遥香(松井玲奈さん)とついに両思いになしました。

これでようやく童貞、ひいてはオトナ高校を卒業できる――と希望の光が見えたのも束の間、英人が百人斬りの遊び人だという嘘八百の警告メールが遥香に送りつけられ、すべてはぶち壊しになってしまったのです。

「誰かが僕の卒業を邪魔している……」そう確信した英人は、犯人を突き止めようと一念発起しましたが、そこはさすがの勘違い男で、「犯人は自分と遥香の関係に嫉妬した女だ!」と、根拠のないポジティブさにあふれた結論に至ってしまうのです。その矢先のこと。

常に二番手止まりの処女・園部真希(黒木メイサさん)の態度が急変しました。

あれほど英人に冷たかった真希なのに、英人が東大卒と知った途端、妙に優しくなったのです。

そんな態度から、英人は「こいつが犯人?それは僕のことをどうしてもモノにしたいからでは?」と勘違いをしてしまいます。

そのように、真希が自分に気のある“犯人”だと思い込んだ英人は、真希の存在を猛烈に意識し始めることになりました。

そんな中、英人と真希はオトナ高校の“保健体育の授業”で、あろうことか『体位の実演』をさせられ……。

かなりの恥ずかしめなポーズをとらされ、服はきていたものの、プライドはズタボロ。

絶対にはやくこんな学校から卒業してやろうと気合いが入ったのです。

スポンサーリンク

オトナ高校第4話!ゲイが発見される?

まもなく、オトナ高校はいつまで経っても卒業できない生徒たちの意識を向上させるため、1泊2日の合宿研修旅行が敢行されました。

ラブホテル見学からキャンプ場でのカレー作り、温泉旅館での宿泊まで……カップル成立を推進するイベントをガンガン盛り込まれます。

もちろん、独りよがりに暴走中の英人は行く先々で、真希の好感度を上げようと必死。

そんな中、英人がひとり男湯に浸かっていると、なぜだかそこに真希、さらには姫谷さくら(松井愛莉さん)まで入ってきての混浴状態に……!?

また、一方で55歳の童貞部長・権田勘助(高橋克実さん)にも異変が。

モテモテなのになぜか童貞の川本・カルロス・有(夕輝壽太)が、妙に権田に優しい疑惑が巻き起こり……という内容でした。

まず、勘助の異変ですが、なぜこれまで女性と一線を超えられなかったのでしょう?

それは、「ダメなんだよ〜、おれEDなんだ〜」と衝撃告白。

そして、同じくモテモテなのに女性との関係を持てなかったカルロスは、実は英人のことが好きだったと告白。

つまり、ゲイだったのです。そんな衝撃の告白オンパレードで、ドラマはさらに次へのステージへと入っていきました。

そんな中、今回は混浴シーンが反響。特に黒木メイサさんのファンからは「綺麗すぎ」「デコルテやべ〜」「かわいい、きれい」「入浴シーン、いいものみた〜」「色気が凄い」と反響だった。

今回の修学旅行で、見事卒業した生徒が数名いたため、追加で新たに新入生が入ってきたのです。

それは城田優さんが演じる総理大臣の息子で童貞“王子”の異名をとる30歳・岩清水叶です。

彼の登場によって、第5話では波乱の展開が予想されます。

第5話のあらすじ…

オトナ高校に“王子”を自称する童貞・岩清水叶(城田優さん)が入学してきました。

しかもこの岩清水の親こそ、ほかでもないオトナ高校を創った総理大臣…!

権力にあっさりひれ伏した校長・嘉数喜一郎(杉本哲太)は「王子の童貞&オトナ高校卒業こそ最大の使命!」と、あからさまな特別扱いを公言。“卒業させたらボーナス支給”というご褒美に釣られたエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)は、さっそく岩清水を誘惑し始める。

しかも、永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)までもが、岩清水に積極アプローチ!?

彼女たちを異性としてバリバリ意識しているエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)は、言うまでもなく、この状況に心中穏やかでない…。

しかし、そこは無駄なプライドと勘違いでほぼ人格が形成されている残念男。

「僕ほどのエリートなら、総理の息子くらいがライバルとしてちょうどいい」と、妙なヤル気をみなぎらせてしまう。

一方、岩清水は総理の御子息パワー全開でやりたい放題。

百戦錬磨の教師陣の授業を次々とボイコットするわ、校則はガン無視するわ…と、オトナ高校の風紀をことごとく乱し、ついには学級崩壊に!

そんな折、英人と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)は聞き捨てならない噂を耳にする。

幼い頃からピアノ一筋の岩清水は、コンクールで出会った初恋相手を未だ想っているというのだ!

真相を確かめようとする2人。果たして王子に隠された“切ないヒミツ”とは…?

その頃、オトナ高校では御子息ケアにかまけてペンディングにしていた、もうひとつの議題が本格的に持ち上がる。

それはEDだと判明した権田と、同性愛者で英人に片思いしていることが判明した川本・カルロス・有(夕輝壽太)の処遇!

そんな中、川本から恥じらいがちに体育館の裏へ呼び出された英人は、思いもよらなかった“初めての感情”に包まれ…!?

スポンサーリンク