先に生まれただけの僕第5話の感想・ネタバレ!三角関係が勃発!?櫻井翔を巡る聡子とちひろのバトルが始まる?

6126996d859c06bcccfd9f25e04e1145-e1507008078110

「先に生まれただけの僕」第5話の放送が終わりました。前回までの流れでは、物語の最後に毎回鳴海校長の良い話が聞けて、幕を閉じる展開でしたが、今回は今までとは一味違う終わり方でした。

生徒たちが主役となって、変わり始めている様子が描かれ、そして生徒たち自身も「今のままではなく、変わりたい」と強く願うようになってきました。それも鳴海校長のおかげなのかもしれません。しかし、まだ鳴海校長に反発する教師もいる状況に、これからどう立ち向かっていくのでしょうか。

まず、今回放送されたあらすじを見ていきましょう。

先に生まれただけの僕第5話の感想!

鳴海(櫻井翔)の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)は沙織(井川遥)に接触し、校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント「オープンキャンパス」開催を知った鳴海は、生徒た
ちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案する。

ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談
する。ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気になる。

DOWrLHAVAAE4ox5

引用:https://twitter.com/hashtag/%E5%85%88%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%83%95

自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴する。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。そして、鳴海に反発する講師たちのうちの郷原(荒川良々)は加賀谷に突然、呼び出される。

先僕1

引用:https://twitter.com/hashtag/%E5%85%88%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%83%95

素人で年下のくせに校長ぶっている鳴海に対し反発していることを加賀谷に話す郷原。すると加賀谷は、郷原にオープンキャンパス当日はありのままの、いつもの京明館高校を見せてほしいと話す。

その一方、加賀谷が沙織に接触して、校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとしていたことを、沙織が鳴海に教える。

そして、沙織は鳴海に対してビジネスのことは考えず、自分の信じたことを思いっきりすればいいと、鳴海のことを応援する。

DOW2eCVUQAACowf

引用:https://twitter.com/hashtag/%E5%85%88%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%83%95

生徒たちもオープンキャンパスを成功させたいと一生懸命オープンキャンパスのメインイベントについて考える。「学校を変えたい」と真剣に行動する生徒たちの様子を聞き、ちひろはうれしく思う。

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える。社長も到着し鳴海の婚約者である松原聡子(多部未華子)もやってくる。

アクティブラーニングの授業を生徒たちが楽しそうに受けている姿を見て、社長は鳴海にすばらしいと褒める。

だが、郷原は加賀谷に言われた通り、いつも通りのつまらない授業をしていた。しかし、郷原と普段つるんでいた2人の教師たちは、生徒たちを楽しませる「ペップトーク」を取り入れた楽しい授業を実践しており、郷原はそれに驚いてショックを受け、落ち込む。

そして体育館では、生徒たちが独自に考えたプログラムが始まる。そしてそのメインイベントは、書道部や弓道部なども参加するすばらしいものだった。

先僕1

引用:https://twitter.com/hashtag/%E5%85%88%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%83%95

社長もとても面白く感じたといい、学校の理念を今までと違うものに変えたいという鳴海の考えに対し、まずは結果を出しなさいと鳴海に言う。そして鳴海とちひろの距離がどんどん縮まっていることに感づいた聡子は、内心複雑な心境を抱えていた。

スポンサーリンク

先に生まれただけの僕第5話の感想まとめ!

最初は鳴海に反発ばかりしていたちひろでしたが、徐々に鳴海に心を開いてきました。そして、鳴海の婚約者である聡子と、ちひろが今夜とうとう初対面しましたね。

鳴海が突然校長になってしまってから、仕事のことで精いっぱいの鳴海は、聡子との結婚を考えるどころではなくなってしまい、鳴海と聡子の結婚は遠のいてしまい、聡子はずっと鳴海を待つ覚悟でいたものの、寂しい気持ちでいっぱいの様子でした。

20171014-sakiniumareta-1 (1)

引用:http://realsound.jp/movie/2017/10/post-117157.html

そして、学校という場所で鳴海がちひろと親密である様子を目撃してしまった聡子は、今後どういう行動に出るのでしょうか?

https://twitter.com/21_takacoo/status/929348019270512645

そして、鳴海を快く思わない加賀谷と、鳴海に反発する郷原が手を組もうとしている様子が今回描かれていましたね。どうやら加賀谷に利用されている様子の郷原。しかし、ここで郷原と一緒に鳴海に反発していた他の教師2人が、戦線離脱で落ち込む郷原。

今後この郷原と加賀谷の動きにも注目です。

先に生まれただけの僕(先僕)の動画第5話を無料視聴できるのは?瞬時に見逃し配信される?

スポンサーリンク