『奥様は取り扱い注意』第6話の感想、7話あらすじも!ついに殺人犯を捕まえずに逃がす…意外な結末に「犯人隠避じゃん」と視聴者困惑

奥様は取り扱い注意

女優の綾瀬はるかさんが主演する日本テレビ系『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00〜)の第6話が、11月8日に放送され、酒井美紀さん、芦名星さん、原田佳奈さんがゲストで登場。

アリバイ作りに利用され、あわや犯人に疑われる一幕がありましたが、絶妙な逆転劇で、潔白を証明。そのカッコ良すぎる綾瀬さんの力に、インターネット上でも絶讃の声が多数あがっていました。

奥様は取り扱い注意第6話の感想:はじめに..

この作品は、金城一紀さんの原案・脚本によるもの。

主人公・伊佐山菜美(綾瀬さん)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦ですが、ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊さん)と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越しました。

そこで出会った主婦友の大原優里(広末涼子さん)と佐藤京子(本田翼さん)とともに、主婦たちの様々な問題を解決していくことになったのですが……。

奥様は取り扱い注意第6話の感想:今回はフラワーアレンジメント教室!

今回放送された第6話は、菜美と優里が、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めました。

花を相手に京子が悪戦苦闘する一方、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始める菜美。

そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀さん)から、菜美は町の広報誌の取材を申し込まれれたのです。

取材当日、菜美は約束の時間通りに冴月の家へ向かったのですが、するとそこに、冴月の友達・靖子(芦名星さん)と千尋(原田佳奈さん)がやってきました。

帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるがままに菜美が冴月の家に足を踏み入れると、リビングに冴月の夫・達郎の死体が……。

現場の状況から、菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分をアリバイ作りに利用したと直感したのです。

翌日から“第一発見者=容疑者の1人”として捜査に協力することになった菜美は、勇輝と共に警察へ。

当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていましたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚し、マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道しました。

菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信しており、冴月のアリバイも成立したのですが、ウワサがウワサを呼んで街には殺伐とした雰囲気が漂い始めていました。

「大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない」と持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付けた菜美は、自らの手で事件を解決しよう……という展開でした。

菜美は、達郎と冴月の2人をスーパーで見かけていました。

その時、達郎が自分を見る目に違和感を感じていたようです。

「異常なまでの……」と。

そんな中、冴月の友達・靖子(芦名星さん)と千尋(原田佳奈さん)にも話を聞き、菜美は犯人は、冴月と靖子、千尋の3人によるものだと推理。

しかし、手を下したのは、靖子、千尋で、菜美はこの2人のアリバイ作りに呼ばれたのだと。

そこで、いよいよ始動したのでした。

スポンサーリンク

奥様は取り扱い注意第6話:ついに犯人を暴く!

菜美は何をしたのか? 大胆にも、冴月がいたにも関わらず、家に忍び込み、証拠が残っているであろうエプロンを持って逃げたのです。その後、3人は菜美の家に集合した。

この3人は、同じ大学の卒業生。靖子は、学生時代に冴月がレイプされたことを告白。

この2人は、「アイツを殺すこと」という共通の目的をもったのです。

冴月は女の痛みを知っている上に、この2人以外にも被害者がいるのではないか、と。

結果、この3人は自首することもせず、この街から姿を消したのだった。

今回の意外な展開に対し、ネット上では「いきなりテーマ重い」「今日はテイストが違うね」「犯人隠避じゃん」という声があがっていた。

奥様は取り扱い注意次回の予告はこちら!

次回、第7話は、ある日、菜美(綾瀬はるかさん)と優里(広末涼子さん)、京子(本田翼さん)は、主婦仲間の友恵(霧島れいかさん)から人を探してほしいと頼まます。

3人が探偵のような仕事をしているというウワサを聞きつけたのだといいます。

余命半年を宣告された友恵の望みは、死ぬ前に大学時代の恋人にひと目会うこと。

「妻」ではなく「女」としての自分を取り戻したい、そんな友恵の思いに共感した優里と京子に背中を押され、菜美はかつての仕事仲間・小雪(西尾まりさん)に調査を依頼したのです。

そんな中、京子の夫・渉(中尾明慶さん)が浮気をしている可能性が浮上します。

渉と正面から話し合うのも怖いけれど、このままの状態も耐えられない……。

京子は悩みますが、結局、見て見ぬフリをしてしまうのですが、その一方、啓輔(石黒賢さん)の態度に耐えかねた優里は、ママ友に誘われた合コンに行くことを決意。

罪悪感にさいなまれながら、合コンの店へ向かってしまうのです。

同じ頃、勇輝(西島秀俊さん)の出張中に束の間の一人暮らしを楽しんでいた菜美の元に、友恵の元恋人・幸平(渋川清彦さん)の居場所が判明したという連絡が入ります。

幸平が前科持ちだと知った菜美は、まずは一人で幸平と会うことに。

夢を追い求めた結果成功とは程遠い場所に来てしまった自分を自嘲気味に話す幸平でしたが、菜美から友恵が余命いくばくもないと知らされ……。

これまで、何度か勇輝(西島秀俊さん)の本当の正体は?

という話も話題になっており、ネットワーク系のエンジニアではなく、別の顔をもっているのでしょうか。

そのあたりも後半に向けての見どころになってきますね。

スポンサーリンク