コウノドリ2第5話の感想とネタバレ!殺し屋がプリンを作る?こわもて旦那が良い人過ぎた!

コウノドリ2

コウノドリの感想まとめていきたいと思います。(ネタバレ注意!)

今回の5話では、なんと予期せぬ出来事が…!?

綾野剛が頭を下げるシーンが写っていましたが、いったいどんな経緯でそうなってしまったのか?気になる第5話の展開とは?感想を交えながら書いていきたいと思います。

コウノドリ2の感想第5話の展開とは?

少々お騒がせだった研修医の赤西(宮沢氷魚)も産科を卒業しちゃいました。

まあ新生児科にはいるのですが…。

鴻鳥サクラ(綾野剛)の元に妊娠27週の妊婦・西山瑞希がやってきました。

どうやら切迫流産の恐れがあるので緊急の入院を促されたようです。

まだ未熟な赤ちゃんであるため合併症の心配もありの処置だったようです。

そこで小松(吉田羊)は同じく切迫流産で入院中の七村ひかるの病室へつれていき、同じ症状の妊婦として不安な気持ちを解そうとします。

明るいひかるは話し相手が出来たと喜び、2人は意気投合し、仲良くなってくれます。

2人の妊婦のやり取りはとても微笑ましいです。

その頃、NICU(新生児集中治療室)の白川(坂口健太郎)は下屋(松岡茉優)が帝王切開で取り上げた赤ちゃん翔太くんに心を砕いているようです。

超低出生体重児の翔太君は早く手術をする必要があるのですが、下屋の帝王切開に至った経緯に翔太くんの両親は納得が出来ないようで、周産期センター長の今橋(大森南朋)に手術はしないと告げています。

子どものためにも手術は不可欠なのに…。

障害があるかもしれない子ども持つかもしれない不安に、心が追いついていないのでしょうか、生まれた子供の顔も見ないで去る夫婦に、白川も下屋も複雑なようです。

スポンサーリンク

旦那が殺し屋!?

一方、瑞希とひかるは順調に仲を深めているようです。

瑞希の旦那さんが殺し屋みたいな強面なのに、洋菓子屋を営んでいるようで、ペルソナのみんなも和んでいました。

倉崎(松本若菜)は赤ちゃんにミルクを上げたり、和んでいます。

赤西をピシャリとやり込めたり、結構仕事の出来る人みたいですね。

さて、翔太君の件はペルソナ全体の大きな案件になりつつありました。

赤ちゃんを救うために選んだ帝王切開なのに、両親に歓迎されなかった赤ちゃんなんて複雑すぎますね。

もちろん障害を持った子どもを育てるなんて並の苦労じゃないけれど、親に成ると決めた時、そこも覚悟の一つにあるべきなのになぁ。

下屋は必死に助けた命が要らないものだったようで、不安げで後悔を持ちそうになりますが、白川と四宮(星野源)がその選択は間違いではなかったと言葉をくれます。

さて、瑞希は鴻鳥にエコーで赤ちゃんの様子を見て貰っていましたが、赤ちゃんの心拍が確認できませんでした。

IUFD(子宮内胎児脂肪)だったのです。

なんの異常も見つけられなかったのに、心拍が聴こえなくなってしまった赤ちゃん。

落ち込む鴻鳥。

方や強く望んで後一カ月で生まれてくれたのに無くなってしまった赤ちゃん、方やせっかく助けたのに、障害があるから親が受け入れられない赤ちゃん。

人生はどうして、こう上手く回らないのでしょう。

涙にくれる瑞希を強面の旦那さんがまるで何かから庇うみたいに抱きしめるシーン印象的ですね。

死んでしまった子をお腹の中に置いたままには出来ないため、翌日出産することになりました。

自分のせいなのかという瑞希に、違うと答える鴻鳥。

じゃあ誰のせいなのか。

それに入院して間で、このような結果になってしまった事を、予想できなかった自分に、鴻鳥は頭を下げる事しか出来ませんでした。

お腹の子が無くなっても、出産は同じ痛さが付いてまわるんですね。

お腹の赤ちゃんに「あかり」と名付けていた瑞希は、必死にその名を呼んで産みます。

小松も鴻鳥も、生きた出産と同じように、対応し「おめでとうございます」と声をかけるのでした。

死んでしまったけれど、この世に生まれてきたのですもの。

おめでとう

ですよね。

子どもを産んで、おっぱいが張ってくる瑞希は、なんで身体は母親になるのだろうと辛そうです。

小松は落ち込む西山夫妻に、「あかり」ちゃんに出来る事なんでもしてあげてくださいと気遣います。

死産した赤ちゃんは戸籍に残してあげられないから、赤ちゃんの痕跡をちゃんと納得がいく形で残してあげてほしいと言う意味でした。

夫婦で亡くなった赤ちゃんをお風呂に入れて、赤ちゃんをいつくしむ姿に見て、下屋は何かに気付いたようです。

そして、下屋は翔太君の両親に手紙を認めました。

緊急だったとはいえ、赤ちゃんの事ばかりで両親の気持ちを置き去りにしてしまったと気づき、翔太君の両親に自分の気持ちをぶつけ、そして配慮が足りなかったことを詫びる事にしたようです。

一方、瑞希はひかるに声を掛けられますが、死産した事を口に出来ず、「元気な子を産んでね」と一生懸命笑ってみせます。

ああ、相手は妊婦さんだもんね、変な気持ちにさせてもいけないし、お腹に元気な赤ちゃんがいる相手に、今は気持ちが付いて行かないもの。

すごく精一杯の言葉ですよね。

結局看護婦たちの会話が耳に入りひかるの知るところになるのですが、彼女は精一杯新しい命を産み落としてくれました。

その後ひかるのもとにおめでとうのメッセージと共にプリンが届いていました。

瑞希も「あかり」ちゃんを胸に強く生きているのでしょうね。

翔太くんの両親も下屋の手紙に、彼女が自分たちの子どものために一生懸命だったという事を理解し、手術を承諾するのでした。

望んだのに手に入らなかった赤ちゃんと、望まれずに生きている赤ちゃんの対比は非常に親の覚悟というものを教えてくれる回でしたね。

来週もどんな覚悟と奇跡が目に出来るのでしょうか。

楽しみです。

コウノドリ2の動画第5話の見逃し対策を伝授!簡単視聴方法はこちら!

スポンサーリンク