民衆の敵第2話の感想・ネタバレまとめ!映像がアップされて100万再生か!?

minnsyuunoteki

民衆の敵の2話の感想・ネタバレしていきます。

ついに始まった「民衆の敵」ですが、2話では篠原涼子演じる佐藤智子がまたもや活躍していましたね!

気になる物語を感想交えながらネタバレしていきたいと思います。

民衆の敵第2話の感想・ネタバレまとめ!

議員報酬目当てと言えど、卵焼きをステーキにすべく踏ん張り、おこぼれ当選といえど、佐藤智子(篠原涼子)晴れて、あおば市議会議員に。

さっそく市議を二つに分ける犬﨑派と市長派の言い争いを目にする洗礼を浴びます。

なんというか、細かいことで色々難癖付けてる様子が、とても無駄に見えますね。

そのまま始まった本会議で、先ほど噛みついていたベテラン市議、前田康(大澄賢也)の居眠りを一括してしまう智子。

それで傍聴していた市民はわいていたけれど、相手は市議の最大会派犬﨑派のナンバー2で、同期の新人たち小出未亜(前田敦子)岡本遼(千葉雄大)園田龍太郎(斎藤司)たちはやっちまったなあと言わんばかりに智子を見つめます。

案の定犬崎に呼びつけられ、前田は寝ていない、考え事をしていただけだから謝れと警告と共に、犬﨑派に入るよう促されます。

その上犬崎派に入るよう勧誘されてしまったのです。

嘘を吐くことをよしとしない智子は、返事を先送りにしますが、何より勉強不足でなぜみんな犬崎に頭が上がらないのかが理解出来ません。

この辺議員のシステムとか、智子のわからない事を視聴者に説明してくれているみたいですね。

有り難い。

ただ、カメラに向かってみんなしゃべるシステムムズ痒いかな。

スポンサーリンク

前田の映像が出回り100万再生か!?

さて、どうやら智子が前田を注意した動画が出回り、事が大事になりつつあります。

前田は動画が出回り、議会も欠席してしまうほど…。

平田和美(石田ゆり子)はどうやら会社で人事と掛け合い、記者の仕事復帰をもくろんでいるようです。

人事を脅すようなことをして忖度してもらうなんて、簡単に出来るんでしょうかね。

子育てもあるし、上手くいくのかな?

早く謝るよう急かす犬崎派、奥さんま名前で智子に靴を贈ってきました。

数の力を信じるなら、やりたい事を叶えるために犬崎派に入るべきだし、初志貫徹と思うならと、贈られた靴を履いちゃう智子。

嘘はつきたくないが、まあしょうがないと言うところでしょうか。

犬崎派の宴会に顔を出すと、初登庁した時に、「あなたは当選すると思った」と言った藤堂誠(高橋一生)も同席していましが何故か少々がっかりした顔で部屋を出て行ってしまいました。

犬崎派に入り、議会の決議は全て指示された通りに動けと資料を渡されますが、渡された資料の陳情に目を通し、智子は考えます。

何も考えず言われた通りに動けばいいのに、納得のいかない事には、ちゃんと納得できるものを探す智子は犬崎派に向いてないようですね。

公園を潰してう回路を作るという話にたった一人が陳情している。

けれどその他多数の人が、う回路を作って便利になる事を願っている。

多数決で何事も決める今の世の中ではそれは通りません。

スポンサーリンク

民主の敵の感想:藤堂は味方?敵??

実際の公園に向かうと藤堂が智子を待っていました。

もう一人、陳情を書いた女性(水川あさみ)が…。

学生時代いじめられていた彼女はこの公園が逃げ場だったから、この思いでの公園を無くさないでほしいと切々と訴えられるのでした。

本人もたった一人の意見が通らないとわかっていても、訴えずにはいられないほど思い入れが強いのでしょうね。

それを聞いて、反対すべきか、言われるままに可決を促すべきか悩む智子は、同志だと思った藤堂に相談しますが、彼は反対はしない。なぜしなきゃならないのかと答えるのです。

そして、智子に逆に問いかけました。

政治家としてあなたならどうするのかと。

家にがんじがらめになって市議になった藤堂にとって、あくまで自由に、自分がなりたいから人々に訴えて政治家になった智子は、誰よりも良い政治家になれそうな気がしたのでした。

その言葉に智子もわからないなりに必死に考えているようです。

中卒の智子にお姑さんが国語辞書贈ってきたのが、パンチの効いた嫌がらせだけどね智子も素直にわからない言葉を片っ端から引いてる付箋付けてるのが可愛い。

嫌味が通じてない上、喜んで勉強しているのがいいですよね。

ついに議会で採決を取られ、智子は賛成に立ち上がりますが、前田への謝罪に立たされると、彼女は公園は確かにたった一人の想い出のために残せないが、彼女の公園が逃げ場だったように、そういう場所を別に作りたいと告げ、そのために教育子ども委員会に入りたいが、犬崎の言われた通りにしないと委員会入れて貰えないのはおかしいと、正直者が損するような世の中で子育てしたくないから、謝らないと宣言してしまいました。

「居眠りしちゃだめですよ!」

ときたものです。

まあ実際動画も残っていますしね、謝ったところで反感買うだけだし、ある意味みんなの前で宣言してしまったのは上手いやり方なのかもしれません。

唖然としていた犬崎も最後は不敵に微笑んで「気に入った」と智子に告げちゃうんだからすごい!

さて、その微笑みは「なら俺を倒してみろよ」なのか、「かわいがってやる」の意味なのか…。

スポンサーリンク

民衆の敵の感想:来週が楽しみですね。

市長派も智子をどう扱うのでしょうか。

智子に感化され出した藤堂も、デリヘル上に癒されてないで、自分から動きませんかねぇ。

来週ついに智子は民衆の敵?

しばし待ちましょう。

スポンサーリンク