わろてんかのモデル【高橋一生編】颯爽と登場、彼が演じる伊能栞とは?

わろてんか

「わろてんか」のてんが騙されそうになった時に登場した蝶ネクタイのダンディな男性。

それが伊能製薬の息子伊能栞です。

伊能栞を演じているのは高橋一生さんで、これから出てくるたびに女性のハートをつかみそうです。

わろてんかの伊能栞と伊野栞のモデルになった人物について触れていきます。

「わろてんか」の出てくる伊能栞とはどんな人物?

「わろてんか」で颯爽と登場した伊能栞は伊能薬品の次男で愛人の子でした。

藤岡屋を立て直したいてんの父親、藤本儀兵衛は伊能栞をてんの婚約者として跡継ぎにしようと結婚を急がせます。

てんは、騙そうとしている人たちに囲まれたときに、武闘家であり見合い相手である伊能栞に助けられます。

しかし、薬品倉庫が火事になり、藤岡屋が危ないことを知った仲人は、この縁談をなかったものにします。

てんは藤岡屋を救うため、伊能栞に結婚を申し込み、その時に死去した兄の論文「輸入に頼らず日本で薬を作る方法」を渡します。

伊能栞は、度量の大きい男で、結婚と事業を切り離して藤岡屋に出資し、倒産の危機を逃れました。

てんは恋をしていた北村藤吉と一緒になる決心をし、「家の敷居をまたぐな」と儀兵衛から言われ駆け落ち同然に家を出ます。

一方、藤岡屋は妹が家を継ぐことになりました。

伊能薬品は長男の伊能幸司郎が引継いだため、薬品関係の事業を兄に渡しますが、伊能活動写真だけは守り抜きます。

そ野後、北村藤吉から刺激を受けた伊能栞は、映画製作に乗り出したのです。

女優に女義太夫の秦野リリコを起用して映画を制作し、映画界に新しい風を引き起こそうとしますがリリコは自由奔放で振り回されます。

しかし実業家で、寛容な伊能栞は活動写真界でも事業を広げていきます。

スポンサーリンク

伊能栞のモデルとなった人物は誰?

伊能栞の登場の仕方は「朝が来た」の五代友厚を思わせます。

五代友厚は実在人物で、関西の商工会に非常に尽力した人でした。

では、「わろてんか」のてんのモデル吉本せいの知り合いに伊能栞のモデルとなった人はいるかというと、薬の販売をしていた人でビジネスを共にした人はいません。

ただ、一番近いとされている人物が阪急東宝グループの創始者小林一三さんです。

古林一三さんは、神戸で宝塚少女歌劇団を創立し、映画「東宝」を設立した阪急グループの創始者です。

では、小林一三さんの生涯についてみてみましょう。

伊能栞のモデルとされている小林一三の生涯

img001

引用元:http://www.hankyu-bunka.or.jp/about/itsuo/

古林一三は1873年1月3日、母菊野と婿養子の甚八の四男として生まれました。

母が幼いころに亡くなったので、父は田邊家に婿入りしましたが、姉と一三さんは古林家で大叔父の手によって育てられます。

15才になった古林一三さんは慶応義塾に進学するため上京します。

この時に、民間のオーケストラ「市中音楽隊」の演奏に聞きほれ、度々と聴きにいったことがその後の東宝をつくる原点となっています。

そのころは、連載小説も書いていたほど多才でした。

慶応義塾を19歳で卒業した小林一三さんは三井銀行の行員として14年間勤め、小説を書き、演劇を楽しむ生活を送っていました。

その後結婚し、順風満帆な生活をしていましたが、そんな生活に嫌気がさして証券会社を設立する話にのり退社。

しかし、日露戦争ごの恐慌で失業者になります。

当時の阪鶴鉄道の監査役としてお呼びがかかり、従事するもまたもや国有化で解散。

一三さんは箕面有馬電気鉄道を何と立ち上げようとし、通勤客だけでなく娯楽で出かける人のためにも鉄道を使ってもらおうと「箕面動物園」を開園します。

当時は、日本一の動物園として来園者も多かったのですが、6年で閉園となってしまいます。

その失敗をバネに、温泉が出るその地に「宝塚新温泉」という豪華なリゾート施設をつくります。

この施設は歌劇場、ダンスホール、ゴルフ場、ホテルなどある大規模なリゾート施設で、利用客も多くにぎわいました。

その後、大火事で焼けたものの宝塚大劇場として新たに「宝塚大劇場」を再建。

そして、次に「宝塚唱歌隊」を結成し、養成学校も作って、それが現在の「宝塚歌劇団」になったのです。

1918年に箕面電気鉄道は阪神急行電鉄と名前を変えて、2年後に大阪・梅田・神戸を結ぶ神戸線を開通。

梅田に1階に百貨店、2階はレストラン、3~5階が本社のビルを建てて、1929年以降阪急百貨店として今に至っています。

実は小林一三さんは、テニス界のプリンセスだった松岡修三さんの曽祖父に当たる人です。

事業にかける熱いものが胸に秘めていることが松岡さんを見るとわかりますね。

伊能栞のモデル小林一三とてんのモデル吉本せいの接点とは?

fc307601b6b3d04b8d85e625a555878b-e1503660212279

引用元:http://treasurenews.jp/archives/37015/

吉本せいは大正2年、「吉本興行部」を設立しました。低価格で芸人をお金で縛る戦略で吉本興行は大阪の演芸界を統一するほどになりました。

そのころ小林一三も宝塚少女歌劇団を創立していました。

すると、それをまねして「松竹楽劇部」を設立します。

そのことに対して、小林一三は激怒したといわれています。

そして、吉本興業は「花月乙女演舞団」をたちあげます。

今度は、小林一三が東京に「東京宝塚」を設立し、これが後の東宝となります。

ついに東京では松竹と東宝の対決が続きます。

一方、大阪では同じところから出た吉本と松竹の対決が激しくないりますが、東宝は吉本とタッグを組んで映画を出しています。

そのような形で吉本せいと小林一三はかかわりを持っていたのです。

伊能栞役の高橋一生さんについて

細菌、NHKの大河ドラマや連続テレビ小説などで活躍している高橋一生さんは、インスタグラムを開設するやすぐにフォロアー数が彷彿するほど人気があり、期間限定であったが2017年3月に再度インスタグラムを再開しています。

「わろてんか」の伊能栞役でも早くもツイッターでは伊能栞に期待する声が次々と寄せられています。

これから高橋一生さんの出てくる日の後はツイッターの数が増えそうです。

高橋一生さんのプロフィール

https://www.instagram.com/p/BayhcXFHBuj/?tagged=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%B8%80%E7%94%9F

  • 生年月日:1980年12月9日 36歳
  • 出身地:東京都
  • 身長:175cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:舞プロポーション

5人兄弟の長男として生まれ、3人の違う父親に育てられた少し複雑な家庭環境だったようです。

8歳の時におばあさんにすすめられ児童劇団に入団し、小学4年生で1990年に「星をつぐもの」に映画初デビュー。

2015年の「民王」で、貝原茂平役で第1回コンフィデンスアワードドラマ賞、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で両方とも助演男優賞を受賞しています。

さらに、2017年上半期ブレイク俳優ランキングにおいて、10代~50代のすべての世代において第1位となっています。

このころのドラマとして、「カルテット」やNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に出演していることも功を奏したといえるでしょう。

高橋一生さんはどんな役もこなすカメレオン俳優と言われています。

スポンサーリンク

最後に

「わろてんか」の高橋一生さんが演じている伊能栞と同じ人物はいませんが、阪急グループの創始者小林一三さんがモデルであると考えられます。

「わろてんか」では、伊能栞はてんの元婚約者で伊能薬品の次男、のちに活動写真界で事業を広げていく役柄となっています。

蝶ネクタイのスーツ姿が粋で、心が広く事業を次々と広げていくダンディな男性を演じています。

「わろてんか」での登場シーンはかっこよすぎて女子悶絶。

これからも高橋一生さんが演じる伊能栞に目が離せないですね。

スポンサーリンク