奥様は取り扱い注意第4話の感想まとめ!読書会からの誘拐事件!犯人は家庭教師?

奥様は取り扱い注意

奥様は取り扱い注意第4話の感想を綴っていきたいと思います。

第4話では、ついに菜美の過去を知る人物が登場?ハラハラドキドキの展開でした。

夫にばれずに、切り抜けられるのでしょうか?気になります!

早速感想を書いていきますので、振り返りながらゆっくりご覧ください。

奥様は、取り扱い注意も第4話です。

今回出だしの回想の菜美(綾瀬はるか)は中学生になっていました。

自警団みたいなことしてた菜美たち、誰かに必要とされたかったんですね。

家族のいない菜美の飢餓感はこんな形で埋めようとしてたのでしょう。

夫・勇輝(西島秀俊)との生活に全てを埋められた菜美は、優里(広末涼子)と京子(本田翼)とともに近所の豪邸にする美佐子(星野真里)の読書会というモノに参加していました。

スポンサーリンク

奥様は取り扱い注意4話の感想:読書会なんてあるんだ。

セレブなお付き合いの始まりでしょうか。

和気あいあいと読書会が盛り上がっているところへ、美佐子の息子・悠斗が帰ってきます。

利発な悠斗の姿に、三人はそれぞれ思うところあるようです。

菜美は勇輝との子供を欲しがりますが、なぜか話はうやむやに…。

なんかわざとはぐらかしたみたいに見えるなぁ。

やはり勇輝には何かあるんじゃないと思いませんか。

京子も、姑に子どもを早く作るよう掛けられる圧が日に日に強くなるのを、夫に訴えますが、こちらも適当に流されてしまいました。

こっちはコッチで浮気でもしてるんじゃないかと不信が募りますね。

優里の家庭は逆のようです。

仕事を早く始めたい優里と、家庭にこもってほしい夫は、二人目を作らないかと提案する始末。

優里と京子にはそれぞれ女として抱える問題が回を重ねるほどに重くなってきました。

菜美に気付いてもらいたいなぁ。

友達として立ち上がってくれる日を待ちましょう。

さて、今回の問題は美佐子の家庭のようです。

美佐子の夫・光雄(古屋隆太)はややなにか隠し事がある様な…。

そうこうしていると次の読書会に美佐子宅を訪れた三人ですが、そこで悠斗が誘拐されたことを知るのでした。

いやいやいや、いくら「何かあったんですか?助けます」なんて言われても、自分の汁素性は主婦だと言われる三人ですよ。

言うかな?

思わず言っちゃうくらいすごく弱ってたってこと?

まあ犯人も警察に言うなっていっただけで、近所に主婦に言うなとは言ってませんものね…。

奥様は取り扱い注意4話の感想:まあ、菜美に頼るのは正解です。

もちろん聞かされた三人は警察に連絡することを進めますが、犯人の警告もあり、帰ってきた光雄も悠斗の無事のため連絡はしないと言います。

いやいや、連絡しましょうよ。

その上、居合わせた悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)に身代金を持ってこいと犯人は指示します。

普通に真純が怪しくなってきましたね…。

もちろん菜美も通報しない夫と真純に違和感を覚えて目を光らせます。

犯人は大学生・秀人(柾木玲弥)を始めてする学生三人でした。

今時の若者らしく、軽いノリで誘拐したようです。

ちゃんと子供の世話出来るのかよ…。

自分たちのミスから抱えた借金を身代金でカバーしちゃえって感じかな。

そんなで誘拐される身にもなれよ…。

それも法外な一億円。

美佐子の家ってそんな要求が出来るくらいお金持ちなのか…。

いくら家がでかいからって、それって内部を知ってる人じゃないと出来ない要求じゃないかな…。

菜美は美佐子の夫の違和感を勇輝にぶつけ、家族とは、夫とはこうあるものではないだろうかという疑問を解決して貰います。

ほんとう勇輝のアドバイスは何時も的を得ていて、逆に理想通り過ぎて、何かあるんじゃないかと本当…裏に何かあるんじゃないかって、怪しんでしまう。

怪しんだ目で見てていいのかな。

不安げな美佐子を傍で支え、光雄と真純の行動をしっかり押さえた菜美は、二人の関係を推測し、この誘拐が真純の仕組んだものではないかと推理します。

すごい。

スポンサーリンク

奥様は取り扱い注意第4話の感想:菜美冴え過ぎだよ。エスパーみたい。

そこから菜美は動き出します。

昔の知り合いを頼り、監視カメラの映像から得た情報をもとに犯人にあっという間にたどり着きました。

菜美がこんな簡単にたどり着けるなら、警察だって割とあっさり犯人わかるんじゃないかな…。

学生のボンボンが手軽にやってますからね…。

せめて車のナンバー隠すくらいの知恵があればねぇ…。

それと、菜美の知り合いの情報屋、西尾まりさんでしたね。水曜十時二シーズン連続登場ですね。

いいバイブレーターな女優さんになったなぁ。

そんな話は置いといて、犯人の家にとっとと乗り込み(また乗り込み方も相手の迂闊さが如実に出ていてツッコミどころ満載です)、警察に連絡してあっさり終わらせてしまいます。

秀人を割とサイコパスげに描いてたのに、菜美にあっさりやられちゃって見るとこもなしでしたね。

真純の捕まった描写もナレーションで終わっちゃった。

美佐子の旦那を懲らしめる事もないのか。

不倫して、自分の醜聞を気にして子供の命を軽く治めようとしたんだから、菜美に一発かましてほしかったなぁ…。

うーん今回は、なんだか時間延長してた割には、おお、すっきり!みたいな流れではなくて、あっさりと終わってしまいました。

バタバタナレーションですべてカタが付いてしまった。

お楽しみの最後の夫婦のいちゃいちゃも隣で本を読んでもらうに留まりました。

来週もっとイチャイチャしてほしいと思った次第です。

スポンサーリンク