オトナ高校第2話の感想・ネタバレ!黒木メイサ、三浦春馬に“脱”童貞のお誘い「プレゼントしてあげる、私のバージン!」

オトナ高校

三浦春馬さん主演のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05~23:59)の第2話が、10月21日に放送され、30代で童貞役の三浦さんが、同じく男性未経験役の黒木メイサさんから、「バージンあげるわ」と夜のお誘いを受けるシーンがあり、そのやり取りにインターネット上でも注目を集めていました。

オトナ高校のネタバレ感想:前回の振り返り!

前回の復讐にもなりますが、この作品の舞台となるのは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるため、政府が打ち立てた「第2義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」です。

なんと、異性との性体験のない30歳以上の男女“やらみそ(=ヤラないまま三十路)”たちが、有無を言わせず入学させられる学校で、第1話では突然、国からオトナ高校への入学を義務付けられた主人公・荒川英人(三浦さん)は「なんでオレが童貞だって知ってんだよ、国家ぁぁぁ!」と動揺しつつも、しぶしぶ入学し、卒業条件である“童貞卒業”を目指して恋愛を学ぶことに。

そんなオトナ高校で、30代から50代まで様々なタイプの恋ヘタ学友らと悩みを分かち、時にぶつかり合いながら、10代の高校時代には味わえなかった青春をやり直し、人として成長していく物語となっている。

スポンサーリンク

今回のオトナ高校第2話の展開は?

今回フューチャーされたのは、黒木メイサさんです。

32歳にして処女というオトナ高校の生徒・園部真希を演じており、「仕事が恋人!」と明言するバリバリのキャリアウーマンですが、常に2番目の女に甘んじ、現在も上司と不倫中の“恋に不器用な女性”です。

さらに、相手からは「重すぎる」と敬遠されてしまい、未だに処女という役どころですが、ちなみに、オトナ学校でつけられたあだ名は「スペア」です。

そんな彼女が注目だった今回第2話のあらすじは、恋愛に不利な要素をパーフェクトに備えた生徒がまさかの逆転勝利を収め、見事に美女と一線を越え、オトナ高校の第1号卒業生となりました。

同じ美女を狙っていながらもプライドが邪魔し、告白すらせずに玉砕した臆病者のエリート童貞・荒川英人(三浦さん)は、何とも言えない敗北感で表情を失ってしまうのです。

まもなく、オトナ高校では生徒たちの性の知識と異性への理解度を測るべく、「オトナ偏差値テスト」が実施されることになりました。

その結果、いつも二番手に甘んじ、現在も不倫中の処女・園部真希(黒木さん)が最低点を獲得。

毒舌教師・山田翔馬(竜星涼さん)はまだしも、よりによって引きこもりのこじらせ処女・斑益美(山田真歩さん)にまで、本気の恋からの逃避癖や異様なまでの重さをズバズバ指摘されるハメに……。

それでも真希は、必死に自分を正当化するのですが……。

その矢先、英人は偶然、真希が不倫相手の上司・白鳥光一(髙橋洋さん)と一緒にいるところを目撃。

真希のイタすぎる姿を目の当たりにした英人は、密かに心配するが、真希からはガツンと突き放されてしまう――。

オトナ高校のネタバレ:新たな課題とは?

そんなある日、オトナ高校の生徒たちに新たな課題が与えられました。

それは、“スポーツ交流”を通して性欲を高め、無理にでもクラスの中から恋愛対象ナンバーワンを選び、校内恋愛に挑戦しろというものです。実は運動神経に自信がない英人は、姑息な手を使ってサボろうとしますが……。

足が痛むとウソをつき、スポーツ交流を避けていたことも先生の姫谷さくら(松井 愛莉さん)にはお見通し。

英人が何か考えているのか、手に取るようにわかっているようです。

そこで、そんな英人をうまく使い、真希のダメさを正そうと動き出しました。

彼女を助けたい、でもそこで、さくらは英人に「優しい人って見せかけでも、女は嬉しいもの」と教えるのです。

すっかり乗せられてした英人は、真希が上司からいいように使われているのを啓蒙し、助けようとしたのです。

次第に真希は、自分が上司に使われていたのにやっと気が付きました。英人に対し、「ありがとう」と心を開いていったのです。

すると、真希はふと英人に「プレゼントしてあげる、私のバージン! 一緒にオトナ高校を卒業しましょう」と。

インターネット上では、このやり取りに対し、「よっしゃ卒業だ!」「絶好のチャンスキター!」「バージンがプレゼントw」「ひゃ~~ドキドキ」「うぅっ、刺激が強い(笑)」というコメントが多数寄せられていました。

結局は、その行為にいたることなく、翌日、私達「やりました!」と卒業を志願しますが、嘘だとばれてしまいました。

黒木メイサは出産後初連ドラだった?

ちなみに、黒木メイサさんは出産後、初の連ドラ出演になります。

今回ドラマで初めて制服も身につけていまして、黒木さんは「私は昔から顔があまり変わらないので、自分では見慣れている姿ではあるのですが、ポスター撮影のときにすれ違う人、すれ違う人がフッと笑っていったので、おかしいことは重々承知しています(笑)」と自虐コメントも披露しつつも、「(55歳童貞部長役の)高橋克実さんも制服を着られますし、違和感だらけの“高校生”がいっぱい! なので、私も世間の皆様から寄せられるであろう反応にはビビッておりません(笑)」と力強く宣言していました。

また、この作品の印象については「すごく面白く、攻めた設定」と述べており、演じている役については「本当に攻めた役どころです。セリフもきわどいものが多い上に、何と言っても“不倫をしているのに、性体験がない”という設定ですからね。普通に考えたら共存しない要素を持った女性なので、とても新鮮です。監督から“この作品の登場人物はみんな、ズレた方向に向かっているだけで、実は全力で真面目に生きている人たちだ”と伺い、ますます“すごく楽しい役になりそうだな!”と思いました」と語っていました。

台本の読み合わせ段階では、「三浦さんがいい感じにダサく演じられていて、“性体験がないのが分かる、分かる!”という感じだったんです。“実際の撮影で動きがついたら、どうなるんだろう!?”と楽しみになりました。脚本が面白いので現場も面白くなると思うのですが、楽しくなりすぎると周りが見えなくなってしまいますし、あくまで冷静に真剣に、作品や共演者と向き合っていきたいです」と気合十分でした。

スポンサーリンク

次回の予告!オトナ高校の感想:最後に…

次回の第3話ですが、プライドを土足で踏みにじる地獄のオトナ高校生活から脱却したい一心で、エリート童貞・荒川英人(三浦さん)と、常に二番手止まりの処女・園部真希(黒木さん)は共謀。

2人で一緒に“卒業条件”である“童貞・処女の卒業”を果たした……と、真っ赤な嘘をついたものの、まんまと見破られた上に、罰として学級委員という名の雑用係に任命されてしましました。

その矢先、オトナ高校は新たな体験実習を導入しました。

生徒たちに恋人代行サービスのキャストとなって、手つなぎデートした客のハートを掴み、業務終了後の親密交際に持ち込め、というのです。

こんなサービスを頼むような女はどうせ冴えない輩に違いない……とたかをくくりながらも、英人は55歳の童貞部長・権田勘助(高橋克実さん)、モテモテなのになぜか童貞の川本・カルロス・有(夕輝壽太さん)とともに、客との待ち合わせ場所へ。

ところが、そこに現れたのは爽やかでイイ感じの女子3人です。

しかも、英人を指名した相手は小学校時代の同級生・中山遥香(松井玲奈さん)でした。

運命ともいうべき18年ぶりの再会ですが、実はこの遥香、小学校時代はコンパスで英人の背中をつついていた、英人の天敵。

カロリー過多で「どすこい君」というあだ名を付けられ、友達もいなかった……という消したい過去をサラリと暴露され、愕然とする英人だが、成長した2人は徐々にいい雰囲気に!?

やがて、英人たちは宿題として、異性を動物園デートに誘い、レポートを書くよう命じられます。

権田と川本に焚きつけられた英人は、遥香を誘うことに。

ところが、英人が武器とする知性で予期できる範囲など軽~く超えた方向から、猛烈な横やりが次々と入り……!

英人がオトナ高校を卒業するのに、やれる相手は誰になるのでしょうか?

初回から下ネタ満載のこのドラマの動向に次回も注目が集まりますね。

スポンサーリンク