コウノドリ2第2話のネタバレ・感想まとめ!低出生体重児に対する思い!癌と戦う妊婦の姿を描く!

コウノドリ2

コウノドリ2第2話のネタバレを感想を入れて物語を振り返りながら書いていきます!(ネタバレ注意!)

第2話ではどんな展開が見られるのでしょうか?

早速語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コウノドリ2の第2話のネタバレ・感想!

鴻鳥サクラ(綾野剛)の元に診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は子宮頸部腺がんだと診断されてしまいました。

妊娠中にがんになった場合、ホルモンの関係もあり、進行が早くなったりね薬が使えないと言います。子宮頸部腺がんは進行の早い病でもあるので尚更です。

妊娠中に子宮頸部腺がんの発覚はよく有る事だと言います。

子どもを諦めて、治療に専念するのか。

子どもをギリギリまでお腹で育てて、産んでから治療するのかという選択が佐和子に圧し掛かります。

夫・慎吾(福士誠治)は子どもよりも佐和子が大切だと言うのですが、妻としては複雑ですよね。

子どもも愛してほしいのに、そんな風に言われてしまう。

言わせているのは自分だなんて思っちゃいませんか?

前回のお話に続きが!?

前回出産した彩加(高橋メアリージュン)も四宮(星野源)のところに定期健診で顔を出しているようです。

しかし張り付いた笑顔で何を言っても暖簾に腕押し。

不安を口にしない彼女に小松(吉田羊)も心配げです。

前回一人子供を見ていてとても不安そうだったのに、それを口にせず微笑み仕事に早く復帰したいとまで言います。

とても心配ですね。

鴻鳥は母親に生きて子育てをして欲しいと願っているようです。

彼の生い立ちがそうさせるのでしょうか。

親子ともども健康であるというのはある意味奇跡なんでしょうね。

それを忘れて育児ストレスや、理解のないパートナーに子どもを見殺しのする母親が後を立たないのは、鴻鳥にやるせない思いを募らせているようです。

母親に生きて子どもを育てさせたいという願いを込めて、早めに出産を考えている鴻鳥と、出来るだけお腹において、子どもを無事に産ませたいという四宮や他のメンバーと意見がぶつかってしまいました。

産まれた後赤ちゃんに掛かる負担を考えると、子どもの安全を取りたくなる気持ちもわかりますね。

ガンの摘出が早くても遅くても、ガンが治る可能性を考えると子どもを優先したいのは、母親もお医者さんも同じなのかもしれません。

子宮頸がんのワクチン接種について四宮と小松も意見がぶつかります。

子宮頸がんのワクチンって副作用で問題になりましたよね。

副作用がないワクチンなんてないとはいえ、もしものこと歩考えると、まだ広まっていないそのワクチンに手を出すべきか、子どもに受けさせるべきか、親だってそんな怖いかけに手を出したくない。

しかし四宮が言う通り、こんな風にガンになってしまう可能性を考えても欲しい…。

難しい選択はここにもありました。

だからって小松先生に、死をの話を持ち出すのは、失礼よ四宮先生…。

周産期センター長の今橋(大森南朋)や同じく新生児科の白川(坂口健太郎)は、生まれてくる子どもが未熟に生まれてしまった時の事を考え不安で答えが出ない佐和子と慎吾にNICU(新生児集中治療室)で頑張っている赤ちゃんの様子を見るよう薦めました。

簡単な事ではない決断。

2人は未来と幸せを考えて、鴻鳥の意見を受け入れるのでした。

こうやってちゃんと二人で話し合って、将来を見据えていける佐和子と慎吾はとても良い夫婦なのでしょうね。

逆にどこかで見たようなキレイ事ばかり口にして、妻に育児を押し付けてしまう彩加の夫と、弱音を吐けない彩加は夫婦として、母親としてのバランスを崩してきてしまったようです。

小松が気遣っているようですが、彼女には余計自分がちゃん出来ていない現実を教える不安をにしか感じていない様に思えました。

同じように「大丈夫」と口にいる佐和子は、周りに人に支えられ、自分が一人ではない事に支えられています。

前回同様、彩加と鴻鳥が見る夫婦の対比が素晴らしいですね。

同じことを口にして、全く真逆の事態に追い込まれていく彩加を、誰が救ってくれるのでしょうか。

たくさんの人が支えて、たくさんの人に助けられる出産を自覚しないと、彩加のように、独りぼっちになってしまうのでしょうね。

今回は鴻鳥の選択が上手く回りましたが、今後も同じタイプの危険をはらんだ妊娠はいくつもあるでしょう。

どうか母親と子供、家族みんなが幸せを掴める未来が一つでも多くありますように。

鴻鳥の差し伸べた手が届きますように。

今回は鴻鳥の選択が上手くいき、四宮もホッとしていましたね。

そんな四宮になにやらロマンス?

目撃した白川がむずむずと下屋(松岡茉優)に話したそうだった姿が、可愛かったですね。

それに対して下屋がめっちゃクールにあしらっているのがいい。

はたしてそういう話が四宮先生に本当にあるのでしょうか?

そちらも気になりますが、どうやら来週も彩加の話が回ってくるようです。

今週ラストが衝撃的でした。

主治医は四宮です。

鴻鳥と違って、患者との距離を取り、医者と患者の間柄をしっかり線引きしている彼ですが、果たして彼は彩加を救ってあげるのでしょうか。

それともやはり鴻鳥が差し伸べてあげるのでしょうか。

ぶつかりながらもうまくバランスが取れ始めた二人の関係に、これで何かひびが入ってしまうのでしょうか。

スポンサードリンク