相棒16のネタバレ!第1話の初期から相関図の登場に視聴者の間で『相棒』終了説!「今回で終わってしまうの?」「意味深…」

相棒16

水谷豊さんと反町隆史さんのコンビが活躍するテレビ朝日の国民的刑事ドラマ『相棒』(毎週水曜、21:00〜)の新シリーズ『相棒season16』が、10月18日に初回拡大スペシャルで放送されました。

注目の初回ゲストは田辺誠一さんです。

田辺さんは、法を司る腕利きの検察官として杉下右京(水谷さん)と冠城亘(反町さん)の特命係を「違法捜査」の罪で追い詰め、火花を散らす展開で幕を開けました。

相棒16のネタバレ!第2話にて「プリキュアだけじゃない!浴衣にも詳しい」杉下右京の知識の深さに視聴者脱帽

スポンサーリンク

相棒16ネタバレ:開始早々波乱の幕開けか!?

『相棒season16』の幕開けから間もなく、特命係の右京と亘が「脅迫」の罪で告訴されてしまいました。

その告訴状を受理したのは、これまたなんと、警視庁ではなく検察庁。

特命係はもともと警視庁の厄介者でしたが、今回は検察からも目の敵にされてしまうのでした。

事の発端は、ある大富豪に容疑がかかった連続殺人事件。

その被疑者が、自白を強要されたとして特命係の二人と捜査一課の伊丹、芹沢両刑事を「脅迫罪」で告訴するのですが、取り調べの不当性を認めるわけにいかない警視庁は、当然のことながら無視。

ところが、これに法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)が食いついたのです。

日下部といえば、かつて法務省に籍を置いていた亘の元上司。

当時は極めて親密な間柄でしたが、亘が警察官になった今、その関係性は変化をみせていました。

その最大のきっかけは、『相棒season15』の第8話「100%の女」で、日下部が目をかけていた優秀な女性検察官を、日下部の要請も聞かず特命係が辞職に追いやったこと。

いまや日下部にとって右京は目の敵であり、亘は裏切り者なのでした。

憎い特命係を窮地に陥れようと、日下部は今回、かつての亘のように、自分の息がかかる切れ者検察官を密偵に任命。告訴の受理を装って、特命係を「違法捜査」で立件しようと秘密裏に動き出したのです。

そんな密命を帯びたエリート検察官・田臥准慈役として登場したのが、田辺誠一さんでした。

硬軟どんな役柄でも多彩に演じる田辺さんが、特命係を舞台に水谷さん、反町さんと一戦を交えました。

特命係と検察の対立軸と合わせて、大富豪の連続殺人容疑をめぐるミステリーも同時に走っていました。

物的証拠に乏しく、逮捕送検の頼みの綱は被疑者の自供でしたが、男は起訴を目前に自供を全面否認。その上で、通常は起訴後の裁判で争う「自白の強要」について、起訴前に取り調べを行った捜査官を逆告訴するという異例の手段に打って出たのです。

この風変わりな被疑者・平井陽を演じたのは、数多くのミステリー作品や刑事ドラマに出演している中村俊介さんです。これまで爽やかな役柄を多く演じてきた中村さんですが、今回はアクの強い役所でした。

相棒16ネタバレ:消化不良の第1話….

初回1時間半でスタートした今回は、全てが消化不良でした。

まず、平井事件の事件の真相もわからずで、特命係の2人がこの事件の捜査に乗りだそうとすると、田臥の目が光り、捜査できない状況に。

そして、その田臥との戦いに関してもそうです。

特命係は、捜査権をもっておらず、違法捜査をしたのでは?と疑っていましたが、これに関しても詰めきれない状況のまま終了でした。

さらに、別の軸では、特命係が警視庁のどこにも属していなかったことから、副総監役の大杉漣さんが、甲斐官房付き(石坂浩二さん)に特命を管轄して欲しいと。

特命係の2人の上司になるわけですが、なにかとコントロールしにくい、特命係の監督を1つ返事でするわけがありません。これも未解答のまま、終わってしまいました。

相棒16ネタバレ:後半へ続く!?次回が楽しみすぎる!

もろもろ真相や、その後の展開に気になる部分は次回のお楽しみというところですが、この消化不良の自体に対し、
「続き気になる終わり方してーーーー!」「ここで終わりか… 2時間だと思ってた」「終わりかい!!だったら2時間で決着してくれ!」「続きすごく気になる。でも田臥検事今回だけじゃなくまだ出番あるのすごく嬉しい」「ここで終わりかよおおおお」といったコメントが多くインターネット上にあがっていた。

気になる次回(今回と同じく拡大スペシャル22時09分まで)のあらすじですが……事故死に見せかけて3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介さん)は、自白が強要されたものだったと、無実を主張し続けていました。

法務事務次官の日下部(榎木孝明さん)を後ろ盾に、その事件の捜査指揮権を掌握した検察官の田臥(田辺誠一さん)は、特命係の右京(水谷さん)と亘(反町さん)を捜査から閉め出します。

真の狙いは、捜査権を持たない特命係が指示に反して捜査を行った場合、それを違法行為として立件することでした。田臥は捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)にも接近し、特命係を追い詰める算段を進めていきます。

一方右京と亘は、決定的な証拠が見つからない中、平井の弁護士・慶子(中村ゆりさん)とコンタクトを取り、事情を聞くと共に平井邸を見て回り始めますが、そこに、伊丹たちも姿を現し、違法捜査への警告を発し……。

また、今回ファンの間では、このシーズン16で「相棒」終了説も出回っていました。

それは、公式HPに2000年〜2018年の相関図が掲載されたことにあります。

「なに?今回で終わってしまうの?」「懐かしい顔が…」「意味深」といったコメントが早くもネット上でざわついていました。

スポンサードリンク