ドクターX5第1話の感想・ネタバレ!米倉涼子“ジャイケルマクソン!?”に思わずツッコミ「えっ?スリラー!?」

ドクターX5

米倉涼子さんが主演する『ドクターX~外科医・大門未知子~』第5シリーズ(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~ ※初回は拡大放送)が、10月12日に放送されました。

冒頭から西田敏行さんのあるシーンについてや、アメリカのあの有名な歌手をもじった名前!?も飛び出し、インターネット上でも注目が集まりました。

今回のシリーズ最新作では、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉さん)が日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」へ再び派遣されました。

初の女性院長誕生を機に、未知子が新たな権力争いが渦巻く巨塔に立ち向かっていく姿が描かれています。

その初の女性院長役には、大地真央さんが務めています。

大地さんが演じるのは、シリーズ史上初の“クリーンな敵”ともいうべき女性院長・志村まどかです。

東帝大学医学部を首席で卒業した才女で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で「東帝大学病院」初の女性院長となった人物。「患者ファースト」を第一に掲げながら医療改革を行い、蛭間前院長(西田敏行さん)が推し進めてきた“医局ファースト”の悪しき権力態勢を一掃したまどかは、未知子の腕前も高く評価。

周囲の反対を押し切り、未知子を雇うことにしました。

ドクターX5の感想!

この初回では、絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉さん)は、路線バスに乗車。

ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之さん)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまうという出来事は発生しました。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとしますが、反応は皆無……。

偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込みます。

その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭さん)だったのです!

未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を。

しかし、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能……。

未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にしました。

スポンサーリンク

ドクターX5の感想:大地真央はドクタークリーン??

一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央さん)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていました。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現。

実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”でした。

彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定したのです。

まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来てたのですが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。

アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表したのです!

このストーリーからもわかるように、冒頭から飛ばしまくりです。

まず、最初の方では、別の軸で、蛭間が院長時代に使い込んだ金額について本人を呼びつけ、尋問するシーンがありました。

このバックに数千万円の金額が収納できるのか?と。

まさに、前東京都知事の猪瀬さんのバックにお金を……と思い出させるシーンで、皮肉った演出にネット上では「猪瀬元知事ネタか!」「猪瀬さんのネタ、ブッコミすぎやろWWW!」「どっかでみた光景だ(笑)」といったコメントが上がっていました。

スポンサーリンク

ドクターX5ネタバレ注意:ジャイケルさんアクシデントで途中退場!?

また、遠隔操作でオペを出頭するジャイケルさんの話にも注目です。

ジャイケル・マクソンという音の通り、マイケルジャックソンを思い出した方も多いでしょう。

現に、劇中の米倉さん(大門)も、ジャイケル・マクソンという音を聞いては「スリラー?」とツッコミを。

これに対し、ネット上では再び「ジャイケルマクソンって」「ジャイケルマクソン!!」「ポゥッ!」と盛り上がりを見せていました。

それから、ランチで寿司店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅さん)を「東帝大学病院」に搬送。

ジャーナリストということから、ロボットでの遠隔操作での手術をこちらの患者で実施することに変更。

大門は、バスの中で倒れた自分の患者の手術を担当しました。

無事に手術は完了しましたが、遠隔操作での手術にトラブルが発生しました。

ジャーナリストの命は?ちょっとのミスで出血が発生。

遠隔操作の要でもあるカメラも血で見ることができなくなり……。

そこで、まどか院長が登場。

見事なオベを披露しますが、あまりに難しいオペで途中で断念。

という瞬間に、大門が「インオペするな!」と登場しました。

そして、見事なオペで患者を根治させてしまったのです。

スポンサーリンク

ドクターX5の感想・ネタバレまとめ!やっぱり最後は…

いつもの展開ではありますが、「私、失敗しないので」という台詞とともに、ブレない彼女に対し、視聴者から歓喜の声が続々。

「やっぱり、未知子すげ!」「めっちゃ、好きやわ〜」「毎度毎度、カッコイ」と絶賛の声があがっていました。

そして、この病院のミスをカバーした未知子の活躍に、神原名医紹介所の所長・神原が登場。

「メロンです。請求書です」と法外な金額を提示したのです。

これに対しでも「でた! メロン!」「超リーズナブル(笑)」と視聴者からもツッコミの声が多数で、初回から大盛り上がりの「ドクターX」。

今後もどんな展開になるのか、見逃せません。

ドクターX5(2017)第1話の見逃し配信で動画を無料視聴する方法?全シリーズ配信しているのはここだけ!

スポンサーリンク